喉の病気5つの種類と異物感や違和感があるときの対処法

喉の病気9つの種類と異物感や違和感があるときの対処法

食事に関係なく喉がつかえる感じや圧迫感といった、喉の違和感を感じることはありませんか?

または、風邪を引いている訳でもないのに喉がイガイガしたり、異物感があっていつまでも治らないことはありませんか?

喉の違和感が一時的なものであれば良いのですが、いつまで経っても良くならない場合には、原因を明らかにして適切にケアする必要があります。

そこで今回は、喉に違和感や異物感があるときの原因、そしてセルフケアでの対処する方法も併せてご紹介します。
[続きを読む]

私って病気?と思ったときにチェックすべきイライラする原因5つ

Sad face from Sofia
Sad face from Sofia / Mirøslav Hristøff

毎日の生活でイライラを感じる事がなく生活が出来ている方は少ないのではないでしょうか?

少なからず何かにイライラを感じて過ごしていて、そのイライラの矛先は自分へ向けたり、他の誰かに当たったり、気晴らしに話を聞いてもらったり、運動で解消したりと、イライラの解消の仕方もいろいろありますよね。

本当なら毎日イライラを感じる事無く過ごしたいものですが、イライラの原因はそこかしこにあります。

少しでもイライラが抑えられたり、解消出来たら楽ですよね?

そこで今回は、そこでイライラする原因を上手く取り除く方法と、イライラを素早く解消する方法をご紹介します。
[続きを読む]

腰痛を自宅で治したい人のための効くツボ5選と押し方

腰痛を自宅で治したい人のための効くツボ5選と押し方

対人関係などのストレスが強い環境にいると、筋肉が緊張して体のあちこちが痛み出したりすることってありますよね。

突然腰が痛むぎっくり腰や椎間板ヘルニア、重苦しい腰の痛みが続くなど、女性の不調の中でも肩こりに次いで多いのが腰痛です。

腰痛の多くは、ストレスや腰の負担によって発症するもので、腰痛が長引くのは痛みの不安から、体がよりストレス状態になり、治りにくくなる慢性化を招いていることをご存知でしょうか?

腰痛を治すためには、心と体のストレス対策が重要です。その上でツボ押しなどのセルフケアによって改善に導くことができるのです。

そこで今回は、腰痛を自宅で治したい人のために、腰痛に効くツボ5つと押し方をご紹介します!
[続きを読む]

小顔矯正不要!髪型を変えて小顔に見せる6つの方法

- really? -
ChrisK4u

キレイな女優さんやモデルさんの小顔ぶりには、女性なら誰もが憧れますよね。

それに引き換え、「なぜワタシは顔が大きいのだろう」と鏡とにらめっこ、、、生まれつきの骨格だからと仕方がないと諦める前に、髪型を変えてみるのはいかがでしょうか?

小顔矯正もいいですが、もっと手軽にできるのは、顔の形を小顔効果のある卵型シルエットに近い髪型にすることなのです!

そこで今回は、髪型を変えて小顔に見せる方法を、顔型別にご紹介します。
[続きを読む]

貧血時の頭痛の原因と即改善するための5ステップ

(169/365) Urrghh....

ダイエット時や、睡眠不足の時など、急にめまいがして貧血を起こすことがありませんか?

貧血を起こしてもすぐに元の状態に治まるといいのですが、頭痛になるとやっかいですよね。

それに、急に貧血による頭痛が外出先で起こってしまったら、精神的パニックになって大変なことになります。

そこで、今回は外出先でも役に立つ、貧血時の頭痛の原因と即改善する方法についてご紹介します!
[続きを読む]

生姜に秘められた効能効果と体に良い1日あたりの摂取量の目安

生姜に秘められた5つの効能と体に良い1日あたりの摂取量の目安

生姜を食べることで得られる効能には、血行を促進したり免疫力を高めたりするなど、様々な効果を得られるので普段の食事にぜひ取り入れてほしい食材です。

そして、生姜を食べることで得られる効果は生や加熱、乾燥をさせたときでそれぞれ異なるので、狙った効能を取り入れたいと考えたら使用方法に気を付ける必要があります。

また、効率よく生姜の効果を実感したいときは、1日の摂取量を考えることも重要になり、過剰摂取すると体調を崩してしまうので注意しましょう。

そこで今回は、生姜に秘められた様々な効能と、体に良い効果をもたらすために必要な摂取量をご紹介します!
[続きを読む]

放置は危険?膝に水が溜まる原因と症状改善6つのステップ

放置は危険?膝に水が溜まる原因と症状改善6つのステップ

膝の症状を悪化させる原因には膝の痛みを大丈夫だろうと放置してしまい、無意識の内に膝をかばってしまい、体の他の部位にも痛みが増して悪化させるケースをご存知でしょうか?

実は膝の痛みをかばうために取った姿勢がさらに悪い状態へ進み、今までほとんど使う事のなかった体の部分を酷使する事で脊椎や頚椎のゆがみをもたらしてしまいます。

日常生活で発生する痛みのタイプや、中高年だけではなく比較的若い世代の20代~30代が発症しているのが特徴なのです!

そこで、今回は膝の痛みを悪化させない行動や、自宅で取り入れる事が出来る改善方法をご紹介します!
[続きを読む]

免責事項

copyright ライフスタイルNext