アトピーさんの肌にやさしい化粧品の選び方と活用法

アトピーさんの肌にやさしい化粧品の選び方と活用法

「化粧水を変えたら、アトピーがひどくなってしまった、、、」敏感肌のアトピーさんにとって、ご自分の肌質に合った化粧品を探すのは一苦労ですよね。

化粧品の中でも、化粧水はスキンケアの必需品ですが、化粧水に配合されている美白・美容効果の高い成分の中には、アトピー肌の方には刺激になるものがあることをご存じでしたでしょうか?

アトピー肌の特徴をしっかり理解し、肌に合った化粧水を使用すれば、アトピー肌の悩みを解消し、美肌を叶えることも十分可能なのです。

そこで今回は、アトピー肌の原因と、肌をやさしく潤してくれる化粧水の選び方と、効果的な使い方をお伝えします。
[続きを読む]

寒冷蕁麻疹の原因とひどくなる前にやるべき対処法

寒冷蕁麻疹の原因とひどくなる前にやるべき対処法

冬場に暖かい家の中から屋外に出た時に、素足で冷えた廊下を歩いた後に、かゆみや発疹の症状が出ることがありませんか?

これは寒冷蕁麻疹と呼ばれるもので、冷気などに肌が触れ、皮膚の温度が急激に下がることで発症します。

体が冷えやすいのは冬ですが、寒冷蕁麻疹は条件が揃えば季節に関係なく起こりえます。

しかし、日頃からしっかり対策を行うことで、寒冷蕁麻疹特有のつらいかゆみや発疹を予防することができるのです。

そこで今回は、寒冷蕁麻疹の原因やメカニズムといった寒冷蕁麻疹の基礎知識と、症状が悪化する前にやるべき対処法をお伝えします。
[続きを読む]

美白化粧品に頼らずに美白ケアをするための5つの秘訣

美白化粧品を使わずに白い肌を実現する5つの秘訣

「透き通るような白い肌になりたい」「白い肌の人が羨ましい」このように思ったことはありませんか?

肌が白いだけで、似合うメイクや洋服の幅も広がりますよね。

美白というと美白化粧品がまず思い浮かびますが、美白化粧品には高価なものが多く続けにくい、美白化成分の肌への刺激や乾燥が気になるなどの欠点もあるのです。

できれば高価な美白化粧品を使わず、肌への負担も最小限に抑えながら、簡単に美白を実現したいですよね。

実は、美白化粧品を使わなくても、ちょっとした工夫や生活習慣の改善で、誰でも白い肌を手に入れることができるのです!

そこで今回は、美白化粧品を使わずに白い肌を実現する秘訣をお伝えします!
[続きを読む]

紫外線アレルギーの6つの原因と症状を改善するための方法

紫外線アレルギーの原因症状と改善するための方法

季節を問わず、紫外線は肌へ大きな影響を与えるため対策するのが、女性だでなく男性も当たり前の時代になっていますよね。

その対策の中でも紫外線を浴びることによって起きるアレルギーは、他のアレルギーに比べるとよく知られていないのが実情です。

そこで今回は、紫外線アレルギーが起きる原因や、その症状と共に改善する方法や対策をお伝えします。
[続きを読む]

まぶたや額にできる汗管腫の原因と治すための方法

まぶたや額にできる汗管腫の原因と治すための方法6つ

まぶたや額にできるぶつぶつは汗管腫と呼ばれる良性の腫瘍で、30代以降に現れることが多く、良性のため放置していても健康上問題ありませんが、見た目に影響が現れるので美容を気にする女性にとっては大敵ともいえる存在になります。

そのため、原因を知って目立たなくなるぐらいまで治す必要がありますが、汗管腫は自然治癒では治らないとされているので、病院へ行ってレーザー治療を受けることが大切です。

また、汗管腫は発生してからでは治りにくいことから、早めの予防が重要になるのですぐにできる所から始めましょう。

そこで今回は、まぶたや額に発生する汗管腫の原因と、目立たなくするための対処法や予防法をご紹介します!
[続きを読む]

顔の脂がヤバい脂性肌女子がやっている5つのNGスキンケア

Ballet 3
rolands.lakis

「こまめに洗顔したり拭き取ったりしても、すぐに顔が脂でテカテカしてしまう、、、」脂性肌って本当に嫌ですよね。

きちんと肌の手入れはしているつもりでも、一向に収まる気配のない顔の脂、、、メイク崩れもしやすくなりますから、外出先では特に気が抜けないという方も多いのではないでしょうか。

実は、間違ったスキンケアが、顔の脂をますますひどくしているかも知れません!

そこで今回は、顔の脂でお悩みの女子がやっているNGスキンケアと、顔の脂を抑える正しいスキンケアの実践法をご紹介します!
[続きを読む]

大人も注意すべき溶連菌発疹の原因と対処法5つ

I Died So I Could Haunt You
Helga Weber

発熱や咽頭炎などの症状に加え、皮膚に赤いブツブツや腫れといた症状があるなら、溶連菌感染症かもしれません。

溶連菌感染症は、免疫力が低く、飛沫感染や接触感染への対策が十分にできない子供が罹りやすい感染症として知られていますが、大人でも感染する可能性はあるのです。

溶連菌感染症について、症状など基本的なことを知っておくと、万一感染してもすぐに対処することができます。

そこで今回は、溶連菌発疹の原因と症状に併せて、治療法や注意点をご紹介します。
[続きを読む]

免責事項

copyright 2017 ライフスタイルNext