土踏まずが痛いとき即疑うべき病気と対処法5つ

土踏まずが痛いとき即疑うべき病気と対処法5つ

運動の後や、朝起きたときに突然走る土踏まずの痛みを感じることはありませんか?

足の裏は、第二の心臓とも呼ばれ、血液を送り出すポンプの役割や全身のツボが集まっていることから、全身の健康にも影響を与えかねません。

そんな足裏の土踏まずの痛みを放置していると、土踏まず以外の部位に影響が出てしまうかもしれません!

そこで今回は、土踏まずが痛いときにまず疑うべき病気と対処法をご紹介します。



土踏まずが痛いとき即疑うべき病気と対処法5つ


1 歩き始めの痛みに注意!足底筋膜炎の対処法


起床して立ち上がろうとしたときに、土踏まずに痛みを感じたことはありませんか?

その痛みは足底筋膜炎が原因で起きている可能性があります。

足底筋膜炎は、足の指の付け根からかかとまでの腱組織が炎症を起こす病気で、症状が軽い場合には歩き始めにピリピリとした痛みがあります。

それほど深刻な痛みではないため、放置しがちですが、気になって仕方がないという場合にはストレッチでも対処しましょう。

足裏とふくらはぎストレッチ法

①椅子に浅めに腰掛け、右脚をまっすぐ伸ばします。
②膝を伸ばしたまま、足の指をゆっくりと体の方へ寄せていきます。
③伸ばした脚のふくらはぎを優しく10回さすります。
※左脚も①~③のステップに従ってストレッチします。

ストレッチは無理せずじっくり取り組むようにしましょう。

ただ、足底筋膜炎の痛みがひどくなる一方という場合には、ストレッチは即座に中止して、整形外科を受診するようにしましょう。


2 土踏まずに堅い腫瘤が!足底線維腫の対処法


歩き始めや、土踏まずを押した時に「痛い」と感じるのは、最初に紹介した足底筋膜炎だけでなく、足底線維腫の場合があります。

症状としては足底筋膜炎と似ているので、どちらの病気か判断するのは難しいですが、足の指を反り返した時に、土踏まずのアーチ部分に腫瘤が浮かび上がるのが、足底線維腫です。

足底線維腫の治療は、ステロイド注射や足底板を当てるなどして行われますが、軽度の場合、ストレッチによって足底筋膜を鍛えることで、症状を和らげたり防ぐことができます。

屈筋ストレッチ法

①椅子に浅めに腰掛けます。
②片方の足のかかとを着いてつま先を上げ、足の裏を丸めます。
③足をぎゅっと丸めたまま、足を内側に向け、10秒数えます。
④元に戻して反対側も同様にストレッチします。
⑤左右交互に10回行います。

ストレッチを行う場合は、力をいっぱい入れず、痛みを感じない程度に加減して行いましょう。


3 足の冷えやむくみの原因にも!柔らかい扁平足の対処法


少し歩いただけで疲れたり、土踏まずが痛くなるのは扁平足が原因の場合があります。

赤ちゃんの足には脂肪がついており、土踏まずができませんが、大人になるにつれて、土踏まずのアーチが形成されます。

扁平足は足が疲れやすかったり、むくみや冷えの原因になりますが、柔らかく手で矯正することで治すことが可能です。

土踏まずの痛みや足のだるさを感じたら、靴を脱いでゴルフボールで足裏全体をマッサージしてあげましょう。


4 土踏まずのアーチを作る外反母趾対処法


親指の付け根から土踏まずにかけての痛みがある場合、外反母趾の疑いがあります。

外反母趾は、先の尖った靴や、ヒールの高い靴の着用、肥満や筋力の低下などによって、土踏まずのアーチが伸びきってしまうことが原因です。

土踏まずのアーチが伸びると、親指が歩く時に人差し指の方を向くため、ねじれてしまいます。

外反母趾の痛みを和らげるグッズはたくさん売っていますが、外反母趾を根本的に治すためには、土踏まずの綺麗なアーチを作ることが必要です。

そこで、土踏まずのアーチを作るエクササイズの方法を紹介します。

土踏まずのアーチを作るエクササイズ

用意するもの

・椅子
・タオル
・500mlペットボトル

エクササイズ実践法

①椅子に腰を掛け、両足をしっかりと床につけます。
②足の前にタオルを敷き、水の入ったペットボトルをタオルの上の足から一番遠いところに置きます。
③かかとをつけたまま、足の指でタオルを握り5秒キープします。
④かかとをつけたまま、足の指で握ったタオルを持ち上げ、5秒キープします。
⑤タオルをはなし、指を横に広げてパーの状態にして5秒キープします。
⑥10回3セットを左右行います。

痛みがひどい場合は無理せず、足裏を鍛えて土踏まずの綺麗なアーチを作りましょう!


5 親指の痛みだけじゃない!痛風の対処法


「最近ビールもたくさん飲んでるし、レバー串もたくさん食べてるけど、痛いのは土踏まずだし痛風じゃないよね!」なんて思っていませんか?

実は痛風は親指の付け根の他にも、土踏まずや足の甲、アキレス腱などにも痛みが出るのです!

痛みが出るところは、通常一か所だけで、夜中から朝にかけて発症することが多く、2〜3時間経つと熱を帯びて腫れ、長時間にわたって痛みが続きますが、数日間かけて痛みが和らいでいきます。

痛風の痛みがあるときには安静を心がけ、間違っても患部のマッサージはしないようにしましょう。


さて、『土踏まずが痛いとき即疑うべき病気と対処法5つ』はいかがでしたか?

足の裏は、体の中でも日常的に使う部分なのですが、その異変には痛みやしびれといった症状が出るまで気づかないものですよね。

中でも土踏まずは、歩く動作にあらゆる形で関わっている大切な部位です。

軽微なしびれから、歩くことが困難になるほどの痛みに至るまで、土踏まずに関する病気は今回紹介したように多岐に渡ります。

症状が軽い場合でも、足に負担をかけないように安静にするなど、土踏まずを労わることも忘れないようにしましょう!

今回ご紹介した内容に関連する記事として

も併せてご覧ください。

まとめ

土踏まずが痛いとき即疑うべき病気と対処法5つ

1 歩き始めの痛みに注意!足底筋膜炎の対処法
2 土踏まずに堅い腫瘤が!足底線維腫の対処法
3 足の冷えやむくみの原因にも!柔らかい扁平足の対処法
4 土踏まずのアーチを作る外反母趾対処法
5 親指の痛みだけじゃない!痛風の対処法


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2017 ライフスタイルNext