魚の目の取り方と跡を残さない秘訣9つ

魚の目の取り方と跡を残さない秘訣9つ

足の裏にできやすく、中心にできる芯が魚の眼に似ていることから名付けられた魚の目は、痛みを伴うことが多くてとにかく早く治したいですよね。

「でも仕事の都合で病院に行く時間がないし……できれば自宅で治したいな」と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

魚の目は自然に治ることはほとんどなく、放っておくと悪化して治療に時間がかかります。

更に、誤った方法で芯を取ると跡が残ってしまい、元のキレイな状態に戻せなくなってしまいます。

そこで今回は、自宅でできる魚の目の芯の抜き方と再発を防ぐ方法をご紹介します!
[続きを読む]

足のしびれの原因は何?気になる病気と対処する方法6つ

足のしびれの原因は何?気になる病気と対処する方法5つ
正座をして足がしびれ、立てなくなった経験はよくあることですが、何もしてないのに足がしびれてしまう事はないでしょうか?

自分でも原因がわからないけど、時々足がしびれて動けなくなる、でも一過性のもので暫くすると治るというような症状などです。

一時的ですぐに治ればそれに越したことはありませんが、頻繁に繰り返したり、しびれの時間が長くなったりすると、そこには大きな病気が隠れているかもしれません。

そこで今回は、足のしびれの原因は何?気になる病気と対処する方法を紹介します。
[続きを読む]

外出先でも使える!外反母趾の痛みを抑える6つのケア

TGOC 2011: Monadhliath (gp044)

「痛い!歩けない!」外反母趾に悩む女性なら、日常的にこんなつらい思いを味わっていますよね。

お気に入りの靴やハイヒールで出かけると気分も晴れやかになりますが、そのために足の痛み、外反母趾を我慢してはいませんか?

外反母趾を放っておくと、靴を履いていなくても、日常のちょっとした動きで痛みを感じるようになり、最悪は歩くこともできなくなる恐れもあります!

そこで今回は外反母趾による痛みを抑えるための具体的な方法をご紹介します。
[続きを読む]

正しいかかとのケアでガサガサ・粉吹きトラブルを撃退する方法5つ

Feet
Feet / arriba

ふと足下を見たとき、かかとがガサガサだったり、白く粉をふいていたり、ということはありませんか?

素足に自信がもてないとサンダルなどの裸足で履く靴を避けてしまったり、脱ぎ履きする機会があるとなんとなく見られたくなくて気をつかってしまったりするものです。

また、見た目だけの問題ではなく、放きっておくと深刻化してしまうこともありますから、普段からのかかとケアは欠かせません。

そこで今回は、正しいかかとケアのコツをご紹介します。
[続きを読む]

足湯の効果を最大限活かして健康美人になるための6ステップ

A

冷え性に悩む女性って多いですよね。体質だから仕方がないと放っておくと、血液循環が悪くなり、むくみや肌の不調、便秘、肩こりといった悪い症状が出やすくなってしまいます。

こういった症状を未然に防ぐために注目されているのが、自宅で手軽にできる足湯なのです!

そこで今回は足湯の効果を活かして、健康美人になるための6ステップをご紹介します!
[続きを読む]

魚の目の芯を自分で除去して跡形なく治療する方法5つ

魚の目の芯を自分で除去して跡形なく治療する方法5つ

魚の目が出来たことのある人なら、その辛さは体感しているでしょう。

足の裏に出来た魚の目は、歩いたり走ったりするたびに、魚の目の芯が足裏の神経を刺激してしまいますので、痛みを感じてしまうのです。

また、見た目にも良くありませんので、どうにかして取り除きたいと思うでしょう。

それも病院に行くのではなく、出来ることなら自分でどうにか処理してしまいたい、と思うのは人間の心理として当然のことです。

そこで今回は、自分で魚の目の芯を取り除く方法や、そのあとのケア、また魚の目を防ぐためのコツなどをご紹介していきましょう!
[続きを読む]

こむら返りの原因は何?ふくらはぎの激痛を抑える方法と予防法5つ

こむら返りの原因は何?ふくらはぎの激痛を抑える方法と予防法5つ

こむら返りは、寝ているとき、突然ふくらはぎがつって「痛い!」と悲鳴を上げて身もだえをしてしまったり、普通に椅子に座っていて、少しつま先に力を入れただけなのに、突然ふくらはぎが痙攣して激しい痛みが襲うものです。

筋肉がこわばり、立つことすらも辛く、ただひたすら痛みが去るのを待っている、、そんな状況が多いのがこむら返りです。

一体何が原因でこんな痛みが起こるのだろう、予防方法が知りたい! と思われる人も多いでしょう。

そこで今回は、こむら返りの原因や予防法、対処法などをまとめてご紹介しましょう!
[続きを読む]

免責事項

copyright 2016 ライフスタイルNext