ガングリオンができる原因と早く治すための5つの対処法

ガングリオンができる原因と早く治すための5つの対処法

ガングリオンとは、足や手首、指など、主に関節周辺や、そして稀に首や背中にも見られる丸いコブのことを言います。

知らないと一見怖い病気なのかな?と不安になりますが、ガングリオンに関しては良性で、小さいコブなら、自然となくなっていることも多く、さほど心配する必要はありません。

ですが、目立つ場所にあったりすると、痛みのあるなしに関係なく、なんとかしたい!と思いますよね。

そこで今回は、ガングリオンの症状と原因、及び早く治すための対処法をご紹介します。


ガングリオンができる原因と早く治すための5つの対処法


1 似た疾患に注意!ガングリオンの見た目や症状


ガングリオンは良性のコブのことを言いますが、その症状は人によって異なり、硬さは柔らかいものから硬いものまで、大きさに関しても、数ミリサイズのものから、ゴルフボールサイズのものまでとまちまちです。

また、ガングリオンの大きさや硬さに関係なく、痛みがある場合とない場合があり、痛みなど違和感がある場合は、コブの場所や大きさなどによって、血管や神経を刺激、圧迫することで生じます。

ガングリオンは、途中で悪性化することはまずないですので、放置しても大丈夫なのですが、ガングリオンに似た疾患もありますので、自己判断で決めつけないことが大切です。

自己判断はNG!ガングリオンと似た疾患

・風邪や疲労によるリンパの炎症
・ケガなど細菌が入り込み炎症
・アテローム
・脂肪腫
・軟部腫瘍(悪性の場合もあり)

痛みがあるしこり、弾性があるしこりは良性、、、と世間で言われていますが、それを信じてしまうのはあまりよくありません。

気になるコブができたら、念のために、医療機関を受診しましょう。


2 体質や生活習慣も関係あり!ガングリオンができる原因


ガングリオンができる仕組みですが、関節や腱には、伸ばしたり曲げたりといった動きをスムーズに行うための潤滑油(正式には滑油)みたいなものがありますが、何らかの原因で、関節を包んでいる袋(関節包)に入り込み、次第にゼリー状のしこりになります。

なぜ滑液が関節包に入り込むのかは、未だにはっきりと解明されていませんが、考えられる原因は以下の通りです。

心当たりあるのでは?ガングリオンの原因

関節の使いすぎ

手首や指の関節などを酷使することで、関節を守ろうとします。

どこかにぶつけた衝撃

ケガや打撲による衝撃をカバーしようとします。

血行不良

ストレスや冷えで血管が収縮して、老廃物などが溜まりやすくなります。

ガングリオンは20〜50歳代の女性に発症例が多く、もともとの体質や生活習慣も大きく関係していると考えられます。

特にストレスに関しては、ガングリオンに限らず、心身のあらゆる不調をもたらす原因になりますので注意しましょう。


3 念のために病院へ!ガングリオンの診断と治療法


「気がついたら、しこりができていた!」という場合は、痛みのあるなしに関係なく、まず病院へ行くことをオススメします。皮膚科か整形外科がいいでしょう。

検査方法ですが、しこり部分に注射針をさして、黄色っぽいゼリー状のものが吸い取られたら、ガングリオンと診断が下されます。

外見上では分からないけど、コブが小さかったり、深い部分にあったりで、痛みがある場合は、エコーやMRIで検査することもあります。

次に、ガングリオンの病院での治療法についてご紹介します。

症状によって変わる!ガングリオンの治療法

経過観察

痛みがなく、見た目もさほど気にならない場合は経過観察で、最も多い治療法です。
3年以内に80%以上、自然に消えるというデータがあります。

穿刺

コブの中の液体を注射針で抜きますが、痛みを伴い、再発のリスクが高めです。

圧潰

皮膚の上から直接、コブを押し潰す方法です。ガングリオンは良性腫瘍ですので、体内に液体が回っても問題ありません。

レーザー治療

低出力のレーザーを使用するため痛みはなし。また、再発のリスクも低い点では良いのですが、今の所、レーザー治療を取り入れている病院は少ないです。1〜2ヶ月の間、毎日のように通院する必要があります。

外科手術

ガングリオンを袋ごと取り除きます。再発のリスクは低いですが、傷跡が残ります。

ガングリオンの治療に関しては、通常、健康保険が適応されます。

見た目が気になってストレスになったり、動かすことで痛みが生じて、日常生活に支障をきたすのはよくありません。担当医とよく話し合い、納得のいく治療を受けましょう。


4 ガングリオンの予防改善!簡単くるくる体操のやり方


ガングリオンを早く治したい、治ったけど再発を予防したい!という方にぜひ実践していただきたいのが、手首を使うくるくる体操です。手にガングリオンがある方はぜひやってみましょう。

スキマ時間にできる!ガングリオン撃退体操のやり方

①両腕をまっすぐ上に伸ばして、手首をくるくると回します。
②その状態をキープしたまま、上下左右に手首を動かします。

1日数回、少しの空き時間を見計らって実践しましょう。入浴中など血行がよくなっている時にこの体操を行ったり、ガングリオンがある周辺を優しくマッサージするのも効果的ですよ!


5 ガングリオンを早く治したい!日常生活における注意点


ガングリオンの治療法の一つが経過観察であるように、もしガングリオンができてしまっても、自然と完治していることが多いと、前にお伝えしました。

ですが、何もしないで今まで通りの生活をしていたら、ガングリオンが小さくなるどころか、悪化することもありますので、日常生活において、気をつけたい点をいくつかご紹介します。

ガングリオンを早く治すための注意点

・原因となる動作などを控える
・刺激を与えない
・身体を温める
・リンパの流れをよくする
・ストレスをためない

体内に老廃物が滞ることもガングリオンの原因の一つであると考えられますので、血行を促進する入浴や簡単な運動、リンパマッサージなどを習慣化して、ガングリオンを少しでも早く治しましょう。


さて、『ガングリオンができる原因と早く治すための5つの対処法』はいかがでしたか?

病院を受診し適切な治療を受け、またガングリオンの原因となる生活習慣を改善することで、しこりが自然と小さくなるはずです。

悪さはしないガングリオンですが、女性の場合、見た目が悪いという理由でストレスを抱えがちです。しかしながら、それがかえって悪影響をもたらしますので注意しましょう。

むしろ、良性で何もしないでも治る、かつ女性に多い疾患だと割り切って、気にしないのがベストな対処法かもしれません。

今回ご紹介した内容に関連する記事として

も併せてご覧ください。

まとめ

ガングリオンができる原因と早く治すための5つの対処法

1 似た疾患に注意!ガングリオンの見た目や症状
2 体質や生活習慣も関係あり!ガングリオンができる原因
3 念のために病院へ!ガングリオンの診断と治療法
4 ガングリオンの予防改善!簡単くるくる体操のやり方
5 ガングリオンを早く治したい!日常生活における注意点


今、あなたにオススメ

にほんブログ村 美容ブログ 30代女磨きへ

免責事項

copyright 2016 ライフスタイルNext