身動きできずにヤバい足がつる原因と対処法5つ

40+60 Feet, Euw.
bark

「足がつって眠れない、、、」なんて経験はありませんか?

足がつると、時には泣きたくなるほど痛み、身動きがとれなくなってしまいますよね。

足のつりは一般的に、ミネラルバランスの乱れや、筋肉疲労が原因で起こりますが、その正しい対処法を知らない方が多いのではないかと思います。

そこで今回は、意外に知られていない足がつる原因と早く痛みを取るための具体的な対処法をご紹介します。


身動きできずにヤバい足がつる原因と対処法5つ


1 ミネラルバランスの乱れが原因!ミネラルを上手に摂る方法3つ


足がつる原因の1つとして、ミネラル不足があることをご存知でしょうか?

実は筋肉の収縮に関わるミネラルであるカルシウムとマグネシウムが不足すると、足をつりやすくなるのです。

適度な運動で筋肉に刺激を与えて、ミネラルを吸収しやらし環境を整えて、ミネラルをサプリメントで補うようにしましょう。

ただ、足のつりを防ぎたいからとミネラルを必要以上に摂取しすぎると、おなかが緩くなってしまいますので、サプリメントの用法を守るようにしましょう。


2 体のカラカラが原因!運動中の足のつりを撃退する方法


運動をして足がつる!ということは、よくありますよね。

運動中の足のつりは、筋肉疲労だけでなく、体の水分不足が原因で起こります。

そこで、足をつらせないために効果的な、運動中の水分補給法と、筋肉疲労を防ぐストレッチをご紹介します。

運動中の水分補給法

スポーツドリンクで水分補給する

運動すると汗でミネラルが失われるため、スポーツドリンクでミネラルを補給しましょう。

唇が乾いたら水分を摂る

「喉が乾いた」と感じるときには、すでに体はカラカラのため、唇が乾いた時点で水分を摂りましょう。

筋肉疲労を防ぐストレッチ

ふくらはぎのストレッチ

①壁の前に立ちます。
②両手を肩幅くらい開いて、壁に手をつきます。
③ひじをゆっくり曲げて、ふくらはぎを伸ばします。

すねのストレッチ

①正座をして、両手を後ろの床につきます。
②後ろに体をそらすように倒れて、ゆっくりと膝を床から5cmほど持ち上げます。
※20秒ほど同じ姿勢をキープします。

ストレッチも運動後ではなく、運動を始める前に行うことが足のつりを防ぐコツですので、準備運動の一動作として実践してみてくださいね。


3 加齢が原因!加齢による足のつりを防ぐ方法


「寝ているときに、足がつりやすくなった、、、」ということはありませんか?

就寝中の足のつりは、もしかしたら、加齢が原因となり、起きているのかもしれません。

加齢は、筋肉の衰えだけでなく、血流を悪化させて足のつりを引き起こします。

そこで、加齢による足のつりを防ぐ方法をご紹介します。

加齢による足のつりを防ぐ方法

マッサージをする

寝る前に、ふくらはぎをマッサージすることで、血流が良くなり、寝ている間の足のつりを防ぎます。

マッサージ方法

①足を前に出し、座ります。
②マッサージする側の膝を立てます。
③足首から膝まで、下から上に両手を使って優しく揉み上げます。

注意点

強い力で行うと、筋肉を痛める原因となるため、さするように行いましょう。

スクワットを行う

足の筋肉を鍛えることで、筋力をつけるだけでなく、血液の流れも良くなります。

スクワット方法

①両手を前にまっすぐ伸ばし、足は肩幅くらいにして立ちます。
②ゆっくりと膝を曲げます。
③太ももが、床と水平になったところで、ゆっくり膝を伸ばします。

注意点

腰が曲がらないように、両手を床と水平に保ちながら行いましょう。

強い力で行うマッサージや、急に何十回もスクワットをすると、予防どころか足がつる原因となってしまいます。

毎日少しずつ行うことで、足のつりを予防することができますよ。


4 病気が原因!足がつるときに疑われる病気


足のつりは、健康な状態でも起こりますが、頻繁に起こる場合は、病気が潜んでいる可能性があります。

血管の病気や、血流を悪化させる病気が原因で、足がつることがあるのです。

そこで、足がつる原因となる病気をご紹介します。

足がつる原因となる病気

・糖尿病
・甲状腺機能異常
・閉塞性動脈硬化
・腎臓病
・脳梗塞
・心筋梗塞

1週間に1回以上、必ず足がつるという場合には、病気が原因の可能性があります。

気になるときには、早めに病院で検査を受けましょう!


5 足がつってしまったら!足がつる痛みを和らげる秘訣


「食事やマッサージなど気をつけているのに、足がつってしまう、、、」ということはありますよね。

足がつった時に間違った対処法を行うと、肉離れまで引き起こしてしまいます。

そこで、足がつってしまったときに、痛みを和らげる秘訣をご紹介します。

足がつる痛みを和らげる秘訣

アキレス腱を伸ばす

ゆっくり、意識を集中して伸ばすことで、足のつりが改善します。

温める

手でさするなど、温めると血流が良くなり、足のつりが和らぎます。

足首を回す

痛みが治まってきたら、足首を回すと、筋肉の緊張がとれます。

足が伸びた状態では、再び足がつってしまうことがあります。

足を伸ばさないように、足のつりが治まってからも、膝を曲げて横になると、足のつりがぶり返しにくいですよ。


さて、『身動きできずにヤバい足がつる原因と対処法5つ』はいかがでしたか?

足がつる原因は様々ですが、つってしまってから治すより、足がつる前の予防が大切です。

ミネラルや水分の補給、ストレッチやマッサージを行って、普段から足がつらない生活を心がけてくださいね。

足がつって、身動きがとれなくなる前に、しっかり対処法を実践して、足のつりを予防しましょう!

今回ご紹介した内容に関連する記事として

も併せてご覧ください。

まとめ

身動きできずにヤバい足がつる原因と対処法5つ

1 ミネラルバランスの乱れが原因!ミネラルを上手に摂る方法3つ
2 体のカラカラが原因!運動中の足のつりを撃退する方法
3 加齢が原因!加齢による足のつりを防ぐ方法
4 病気が原因!足がつるときに疑われる病気
5 足がつってしまったら!足がつる痛みを和らげる秘訣


今、あなたにオススメ

にほんブログ村 美容ブログ 30代女磨きへ

免責事項

copyright 2016 ライフスタイルNext