身動きできずにヤバい足がつる原因と対処法5つ

40+60 Feet, Euw.
bark

「突然足がつって動けない」「足がつって眠れない、、、」といった経験、、、本当に辛いですよね。

足がつったとしても、すぐに治れば良いのですが、痛みや違和感が長時間続いて、身動きが取れなくなってしまうと、日常生活の大きな支障になってしまいます。

そもそも足がつってしまう原因には、ミネラルバランスの乱れや筋肉疲労などがあり、それぞれの原因に合わせて正しく対処すれば、痛みの軽減や予防も可能です。

そこで今回は、意外に知られていない足がつる原因と、そして早く痛みを取るための具体的な対処法をご紹介します。


身動きできずにヤバい足がつる原因と対処法5つ


1 ミネラルバランスの乱れが原因!ミネラルを上手に摂る方法


足がつる原因の1つとして、ミネラル不足があることをご存知でしょうか?

実は、筋肉の収縮に関わるミネラルであるカルシウムとマグネシウムが不足すると、足をつりやすくなります。

体内のミネラルは、不要な分だけ汗や尿として体外に排出され、体内でのバランスが一定に保たれるようにコントロールされています。

しかし、運動や暑さで発汗量が増加したり、加齢によって体外にミネラルが排出されやすい状態になったりすると、必要なミネラルまで体外に排出されてしまい、血液中のミネラルバランスが崩れてしまうのです。

血液中のミネラルバランス整えるためには、ミネラルの中でもカルシウムとマグネシウムの摂取が大切です。

そこで、足のつり予防に効果的な、カルシウムやマグネシウムを豊富に含む食材をご紹介します。

カルシウムとマグネシウム豊富な食材

・乳製品や小魚
・豆腐、納豆、ひじき、アーモンド

発汗量が増え、脱水症状の起こりやすくなる夏場や運動の際には、意識的にミネラルを摂取するように心がけ、足のつりを予防してください。


2 体のカラカラが原因!運動中の足のつりを撃退する方法


運動をして足がつる!ということは、よくありますよね。

運動中の足のつりは、筋肉疲労だけでなく、体の水分不足が原因で起こります。

そこで、足をつらせないために効果的な、運動中の水分補給法と筋肉疲労を防ぐストレッチをご紹介します。

運動中の水分補給法

スポーツドリンクで水分補給する

運動すると汗でミネラルが失われるため、スポーツドリンクでミネラルを補給しましょう。

唇が乾いたら水分を摂る

「喉が乾いた」と感じるときには、すでに体はカラカラのため、唇が乾いた時点で水分を摂りましょう。

筋肉疲労を防ぐストレッチ

ふくらはぎのストレッチ

①壁の前に立ちます。
②両手を肩幅くらい開いて、壁に手をつきます。
③腕立て伏せのようにひじをゆっくり曲げて、ふくらはぎを伸ばします。
※踵を浮かせないようにして、両足の裏をしっかりと床について行いましょう。

すねのストレッチ

①正座をして、両手を後ろの床につきます。
②後ろに体をそらすように倒れて、ゆっくりと膝を床から5cmほど持ち上げます。
※20秒ほど同じ姿勢をキープします。

ストレッチによって筋肉をほぐすと、血流も良くなりますから、足のつりの予防効果が高まります。

ストレッチをする時は伸ばしている筋肉を意識して、呼吸を止めないようにします。

ストレッチも運動後ではなく、運動を始める前に行うことが足のつりを防ぐコツですので、準備運動の一動作として実践してみてくださいね。


3 加齢が原因!加齢による足のつりを防ぐ方法


「寝ているときに、足がつりやすくなった、、、」ということはありませんか?

就寝中の足のつりは、もしかしたら、加齢が原因で起きているのかもしれません。

加齢によって筋肉が衰えると、血行不良や体の冷えが起きやすくなることに加え、脱水症状になりやすくなります。

このように、加齢によって足のつりを引き起こす条件が揃いやすくなると、足が頻繁につってしまうのです。

中高年以降では、睡眠時の足のつりにお悩みの方も増えてきますが、立っている時と筋肉の状態が変わったり、体が冷えやすくなったりすることが原因です。

そこで、加齢による足のつりを防ぐ方法をご紹介します。

加齢による足のつりを防ぐ方法

マッサージをする

寝る前に、ふくらはぎをマッサージすることで、血流が良くなり、寝ている間の足のつりを防ぎます。

マッサージ方法

①足を前に出し、座ります。
②マッサージする側の膝を立てます。
③足首から膝まで、下から上に両手を使って優しく揉み上げます。

注意点

強い力で行うと、筋肉を痛める原因となるため、さするように行いましょう。

スクワットを行う

足の筋肉を鍛えることで、筋力をつけるだけでなく、血液の流れも良くなります。

スクワット方法

①両手を前にまっすぐ伸ばし、足は肩幅くらいにして立ちます。
②ゆっくりと膝を曲げます。
③太ももが、床と水平になったところで、ゆっくり膝を伸ばします。
※太ももが床と水平になるのが理想ですが、まずはできるところまででOKです。

注意点

腰が曲がらないように、膝を曲げる時はおしりを後ろに突き出すようにして行います。

強い力で行うマッサージや、急に何十回もスクワットをすると、予防どころか、足がつる原因となってしまいます。

適度な力加減のマッサージと体力に合わせた負荷のスクワットを、毎日少しずつ行うことで、足のつりを予防することができますよ。

さらに、就寝中の脱水症状を予防するために、寝る前には必ず水分補給をして、寝具やエアコンなどで寝室の環境を整え、体を冷やさないようにするのも効果的です。

就寝中に足がつって目が覚めてしまうという方は、睡眠の質をアップさせるためにも、足のつり対策を実践してみてくださいね。


4 病気が原因!足がつるときに疑われる病気


足のつりは、健康な状態でも起こりますが、頻繁に起こる場合は、病気が潜んでいる可能性があります。

血管の病気や血流を悪化させる病気が原因で、足がつることがあるのです。

そこで、足がつる原因となる病気をご紹介します。

足がつる原因となる病気

糖尿病

高血糖状態が続くと、糖尿病による神経障害が起き、足がつることがあります。
その他の症状に、手足のしびれや喉の渇きなどがあります。

甲状腺機能異常

甲状腺ホルモンの分泌異常によって、全身に様々な症状が現れますが、足がつることもあります。
全身の倦怠感が続く、気分の落ち込みなど更年期障害に似た症状が特徴なので、早めに医療機関を受診して、正確な診断を受けましょう。

閉塞性動脈硬化

手足の血管の動脈硬化が進行すると、血流が悪化し、手足の冷えやしびれ、足がつるなどの症状が現れます。
歩行など運動時の痛みだけではなく、安静時でも刺すような痛みが出ます。

腎臓病

腎臓疾患になると、老廃物の排出がスムーズにいかなくなるため、血液中のイオンバランスが崩れてしまいます。
そのため、足がつったり、むくむなどの症状が現れます。

脳梗塞

脳の血管が詰まり、体の左右どちらかに麻痺やしびれなどの症状が現れます。
前兆として足がつることもあり、その後に脳梗塞特有の症状が出てきたら、できるだけ早く受診しましょう。

心筋梗塞

足が頻繁につる場合は、全身の血管で動脈硬化が進行しているサインかも知れません。
いつ発作が起きるかは判断できませんが、将来、心筋梗塞が発症する可能性もありますので、医療機関を受診し、生活習慣の改善などにも取り組みましょう。

1週間に1回以上、必ず足がつるという場合には、病気が原因の可能性があります。

気になるときには、早めに病院で検査を受けましょう!


5 足がつってしまったら!足がつる痛みを和らげる秘訣


「食事やマッサージなど気をつけているのに、足がつってしまう、、、」ということはありますよね。

足がつった時に間違った対処法を行うと、肉離れまで引き起こしてしまいます。

そこで、足がつってしまったときに、痛みを和らげる方法をご紹介します。

足がつった時の対処法

①膝を自然に伸ばして座り、足の力を抜きます。
②膝を伸ばし、足首を立てます。
③足の指を掴み、アキレス腱を伸ばすように、体の方に向かって引っ張ります。
※この状態を10秒程度キープします。
④手を放し、痛みが取れるまで②と③を繰り返します。

症状が収まったら、優しくマッサージをして筋肉をほぐしてくださいね。

痛みがひどく起き上がることができない場合は、横になったままで構いませんから、まずはできるだけ脚全体をリラックスさせ、痛みが治まるのを待ちましょう。

そして、痛みが少しでも治まって、ご紹介した対処法ができるようであれば、ぜひ実践してみてくださいね。


足がつる原因は様々ですが、ミネラルや水分の補給、ストレッチやマッサージを行って、普段から足がつらない生活を心がけること大切です。

ただ、ミネラルをサプリメントで補う場合、必要以上に摂取し過ぎると、お腹が緩くなってしまう体質の方もいますので、用法を必ず守るようにしましょう。

今回ご紹介した内容に関連する記事として

も併せてご覧ください。

まとめ

身動きできずにヤバい足がつる原因と対処法5つ

1 ミネラルバランスの乱れが原因!ミネラルを上手に摂る方法3つ
2 体のカラカラが原因!運動中の足のつりを撃退する方法
3 加齢が原因!加齢による足のつりを防ぐ方法
4 病気が原因!足がつるときに疑われる病気
5 足がつってしまったら!足がつる痛みを和らげる秘訣


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2017 ライフスタイルNext