ビックリするほど簡単に耳垢を取る5つの方法

Touched by the blessedness

耳掃除をしていて、ごっそりと耳垢が取れた時の快感!なんともいえないですよね。

耳垢が溜っている、湿っていないに関わらず、気持ちがいいからという理由で、毎日の習慣として、耳掃除をしている方も多いのではないでしょうか?

ただ何につけても言える事ですが、やり過ぎや、間違った方法で行うと、耳垢がキレイに取れなかったり、最悪の場合は耳の奥に耳垢が詰まって取れなくなったり、耳の病気を患うリスクもあるため、細心の注意が必要です!

そこで今回は、耳垢の種類と実はすごい役割、傷付きやすくてデリケートな耳の穴に気をつけつつ、溜まりやすい耳垢をキレイ取って、嫌な臭いがない清潔な耳周りにするための具体的な方法をお伝えします。
[続きを読む]

その目が痛いはヤバい兆候?目が痛いときに疑うべき6つの病気と対処法

目が痛いときに疑うべき6つの病気と対処法6つ

目が痛いと、集中できなくなったり頭痛がしたり、仕事や家事もままならなくなることもあるため、早急の対処が必要です。

ただ、ストレスだろう、ちょっと疲れが溜まっただけだろうと、安易な自己判断で適当なケアを続けていると、症状が悪化し深刻な状態を招くこともあります。

さらに目が痛いといっても、原因によって痛みの感じ方は様々で、目の奥が痛いのか、それとも表面が痛いのか、痛み以外の症状はあるのかなど、目の状態を総合的に判断することが、正確な目のトラブルの診断・治療には欠かせません。

そこで今回は、目が痛いときにまず疑うべき病気と対処法をお伝えします。
[続きを読む]

鼻水が黄色と透明での違いは?色で分かる症状と改善するための方法5つ

鼻水が黄色と透明での違いは?色で分かる症状と改善するための方法5つ

鼻水といえば黄色か透明のものがほとんどですが、両者の違いが何かを知っている方が意外に少ないものですし、黄色や透明以外の鼻水の色があることを知っている方はもっと少ないはずです。

実は鼻水の色の意味を知っておくだけでも、風邪などの症状を早めに対処するヒントになります。

そこで今回は、鼻水の色の違いで分かる症状と、改善するための対処法をご紹介します!
[続きを読む]

ハウスダストが原因で起こる5つの症状と改善するための方法

ハウスダストが原因で起こる5つの症状と改善するための方法

家の中にはダニや細菌、フケなどのハウスダストがたくさん舞っているので、対策をしないと様々な症状を引き起こします。

特に多い症状がアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎になるので、和らげるためにも対処法を実践して、尚且つ予防も行うことが大切です。

そこで今回は、ハウスダストが原因で発症する症状と、改善するための対処法と予防法をご紹介します!
[続きを読む]

ルテインの5つの効果と気になる副作用と摂取量の目安

ルテインの5つの効果と気になる副作用と摂取量の目安

ルテインは目の健康を維持するために必要な成分になるので、パソコンやスマートフォンなど目を酷使することが多い方には必須になります。

更に、加齢とともに発症する病気を予防する効果もあるので、目に異常を感じたときはルテインを積極的に摂取することをおすすめします。

ただ、ルテインを摂取するときは副作用に注意する必要があるので、何らかの症状が現れたら摂り過ぎていないか確認も大切になります。をしましょう。

そこで今回は、ルテインに秘められた効果と、副作用を起こさないための摂取量の目安をご紹介します!
[続きを読む]

耳管狭窄症の気になる症状と改善するための5つの対処法

耳管狭窄症の気になる症状と改善するための5つの対処法

自分の声がなんだか変に響く、耳が詰まっているような違和感があるなど、耳の聞こえに症状が起きるのが、耳管狭窄症です。

違和感があるまま放置していると、中耳炎や難聴に進行してしまうこともあります。

風邪を引いた後などになりやすい耳管狭窄症ですが、痛みがないため治療が遅れてしまいがちな病気でもあります。

そこで今回は、耳管狭窄症が起きる原因やその症状、検査方法や治療の仕方について、詳しくご紹介します。
[続きを読む]

ものもらいの症状と悪化させないための対処法6つ

ものもらいの症状と悪化させないための対処法6つ

目は、顔のパーツの中でも一番目立つ部分ですから、ものもらいができると結構ダメージは大きいですよね。

見た目の症状が気になるのはもちろんですが、痛みやかゆみといった症状も辛く、メイクやコンタクトレンズもできませんから、日常生活にも支障が出てしまいます。

実は、ものもらいには2種類あり、それぞれ原因や症状、そして対処法も異なるのです。

ものもらいの種類をきちんと見極めて治療しないと、症状が長引いたり悪化したりして、病院で切開などの外科治療が必要になるケースもあります。

そこで今回は、ものもらいの原因と見分け方、そして悪化させないための対処法をご紹介します。
[続きを読む]

免責事項

copyright 2017 ライフスタイルNext