食欲がないときに即確認すべき6つの怖い病気の兆候

食欲がないときに即確認すべき6つの怖い病気の兆候
「なんだか最近食が細くなったかも」と感じることはありませんか?

以前ならお腹が空けばモリモリ食べていたのに、なんか朝も昼も夜も食欲を感じなくなると、ふと不安になるではないでしょうか?

一般的に食欲がなくなる原因は、ストレスで消化を良くする副交換神経が鈍くなるためなのですが、実はその陰に恐ろしい病気が潜んでいることがあるのです!

そこで今回は、食欲がないときと感じたときに考えられる怖い病気と兆候と対処方法をご紹介します。


食欲がないときに即確認すべき6つの怖い病気の兆候


1 胃のむかつきや吐き気があれば消化器の病気を疑うべし


食欲がないだけでなく、胃のむかつきや吐き気はありませんか?

食欲がない原因として、胃炎や腸の潰瘍といった病気はよくあることですが、放っておくと胃に穴が開いてしまうこともあります。

そこで、食欲がないときに、胃と腸を休めるための食生活をご紹介します。

胃と腸を休めるための食生活

・腹八分の食事
食べ過ぎは、胃と腸に負担をかけます。

・刺激物を避ける
お酒や辛いもの、一部の薬は胃酸を増やして胃を荒らします。

・規則正しい生活
適度な運動と睡眠で、自律神経の働きを整えることで、胃腸の働きがスムーズになります。

ごはんを美味しく食べられるよう、時には胃腸をいたわりましょう!


2 肌が黄色くなったら肝機能低下を疑うべし


「なんだか、白目が黄色くなってきた、、、」というようなことはありませんか?

白目や肌が黄色くなることは、肝機能が低下しているサインです。

気づきにくい肌の黄変、ただの食欲不振だと思っていたら急性肝炎や脂肪肝だった、、、なんてことがあります。

そこで、肝機能が低下した時に現れる初期症状をご紹介します。

肝機能低下の初期症状

・黄疸
目や肌の色が、黄色く変色します。

・褐色尿
烏龍茶~コーラのような色の尿が出ます。

・倦怠感
急激に体のだるさが現れます。

肝臓は、お酒の飲み過ぎだけでなく、食べ過ぎによる肥満でも機能が低下しますので注意しましょう!


3 食後の腹痛は膵臓の病気を疑うべし


「飲み会で楽しくて、ついつい飲み過ぎてしまった…」という経験はありませんか?

1度や2度ならば問題ありませんが、お酒の飲み過ぎが続くと、肝臓や腎臓だけでなく、膵臓の負担となります。

膵臓に炎症が起こると、食欲がなくなり、お腹の張りや腹痛が起こります。

そこで、膵炎の特徴的な痛みの症状をご紹介します。

膵炎の痛みの特徴

・みぞおち~腰背中の痛み
膵臓のあるみぞおちの辺りから、腰や背中に痛みが現れます。

・仰向けで増す痛み
膵臓が圧迫されるため、仰向けになると痛みが増します。

・脂っこい食事とお酒で増す痛み
脂っこい食事やお酒により、膵臓の負担が増すため、暴飲暴食後は痛みが増します。

膵炎は、近年増加している病気ですので、思い当たる症状がある方は、一度病院で検査してもらいましょう。


4 むくみと高血圧は腎不全を疑うべし


「夕方になると脚がむくむ、、、」ということはよくありますよね。

むくみがひどく食欲がない場合には、腎臓が弱っている可能性があります。

そこで、自宅でわかる腎不全の兆候をご紹介します。

自宅でわかる腎不全の兆候

・血尿
腎臓でのろ過が十分に行われないため、血液が尿に出ます。

・むくみ
水分の調節ができなくなり、むくみが現れます。

・高血圧
電解質のバランスが崩れ、高血圧になります。

塩分も水分も取り過ぎていないのに「体がむくんで食欲がない、、、」という場合には、腎臓の状態をチェックしましょう。


5 気分が落ち込むときは甲状腺機能低下症を疑うべし


「やる気がでない、、、もしかして、うつ病?」なんて考えることはありませんか?

うつ病は食欲とやる気を低下させますが、実は甲状腺機能が低下すると、うつ病に似た症状が現れます。

そこで、うつ病と間違えやすい甲状腺機能低下症の特徴を、5つご紹介します。

甲状腺機能低下症の特徴

・うつ病様症状
慢性的な眠気、忘れっぽい、無気力といったうつ病に似た症状が現れます。

・体温低下
体の代謝が低下するため、体温が下がり、寒さを感じやすくなります。

・皮膚の乾燥
粉が吹いたように皮膚が乾燥し、頭皮の乾燥により脱毛が起こりやすくなります。

・体重増加
代謝の低下により、食欲はないのに体重は増えます。

・粘液水腫
指で押しても元に戻る、独特のむくみが手足や顔に現れます。

甲状腺機能低下症は、20代〜40代の女性に起こりやすいため、疑わしい場合には早めに受診しましょう!


6 肌が黒くなったら難病アジソン病を疑うべし


「食欲がないと思っていたら、原因は難病だった、、、」なんてことがあると、知っていましたか?

つい最近までは元気だったのに、急に食欲がなくなり、はっきりとした原因がないまま病院で難病が見つかることは実際にある話です。

そこで、食欲不振を起こす難病アジソン病の症状をご紹介します。

難病アジソン病の症状

・色黒
日焼けのような黒い斑点が、服で覆われた皮膚にも現れます。

・脱力感
筋肉の低下により、疲れやすくなります。

・起立性低血圧
立ち上がる時に急激に血圧が下がり、めまいを感じます。

アジソン病は、早期に発見できれば、薬によって症状をコントロールすることができますよ。


さて、『食欲がないときに即確認すべき6つの怖い病気の兆候』はいかがでしたか?

適度な運動、良質な睡眠をとっているのに、食欲だけがない、、、というときは、当てはまる症状がないか、チェックしてくださいね。

食欲は、人が生きていく上で大切な欲求の1つですので、いつでも食事を楽しめるよう、体調を整えて過ごしましょう!

もし長い期間にわたって食欲がないと感じるときには、大きな病気が隠れている可能性がありますので、そのときはできるだけ早く病院で検査してもらうようにしましょう!

まとめ

食欲がないときに即確認すべき6つの怖い病気の兆候

1 胃のむかつきや吐き気があれば消化器の病気を疑うべし
2 肌が黄色くなったら肝機能低下を疑うべし
3 食後の腹痛は膵臓の病気を疑うべし
4 むくみと高血圧は腎不全を疑うべし
5 気分が落ち込むときは甲状腺機能低下症を疑うべし
6 肌が黒くなったら難病アジソン病を疑うべし


今、あなたにオススメ

にほんブログ村 美容ブログ 30代女磨きへ

免責事項

copyright 2016 ライフスタイルNext