梅干しの効能をダイエットと美肌キープで活用する5つの方法

梅干しの効能をダイエットと美肌キープで活用する5つの方法

梅干しというのは、昔から日本人にとって馴染みの深い食べ物です。

おにぎりの具、お弁当の御飯の中央にちょこんと、お茶漬けにも合いますし、お酒好きの人には焼酎に梅干しを入れて飲むのが大好きだという人も多く、とても沢山の人に愛されていますよね。

さて、そんな梅干しですが、実はダイエットや美容にも良いと、多くの人の関心を集めているのを御存じでしょうか?

そう、梅干しは古来から愛されてきたという、ただの保存食品ではなく、美容や健康にとても効能のあるスーパーフードなのです!

そこで今回は、梅干しの効能、梅干しダイエットの実践法や美容についての効果、注意点をご紹介します。


梅干しの効能をダイエットと美肌キープで活用する5つの方法


1 こんなにあった!梅干しの効果効用


梅干しには、クエン酸が豊富に含まれており、またバニリンという成分や、加熱することでムメフラールという成分も発生します。

さらに4つの効果効能が特徴となっています。

梅干しの効果効用

脂肪燃焼効果

クエン酸には、脂肪燃焼の効能がある事で名高く、糖分やタンパク質や脂質を効率よく分解してエネルギーへと変えてくれるのです。
そのため、ダイエットにはクエン酸は力強い味方となってくれます。

疲労回復効果

疲労の原因には、乳酸という成分が溜まる事でも起こります。
クエン酸は、その乳酸を分解してエネルギーへと変えてくれますので、疲労回復には欠かせない成分です。

抗菌効果

昔からお弁当に梅干しが添えられていた理由には、梅干しには抗菌効果があるから。食中毒の原因となる菌の増殖を防いでくれます。

アンチエイジング効果

クエン酸は、血流を良くする働きがありますので、心筋梗塞や動脈硬化などの生活習慣病の防止に役立ちます。
また血流が良くなると、自然と新陳代謝も良くなる効能に繋がりますので、アンチエイジング効果も認められています。


2 1日3つ梅干しを食べるだけでダイエットに効果がある理由


バニリンやムメフラールは、梅干しを温める事で更に効果が期待出来る成分です。

梅干しダイエットの実践法は、熱を加えた梅干しを、1日に3つほど食べるだけのお手軽ば方法!朝昼晩と、1つずつ温めた梅干しを食べることでダイエット効果が表れます。

勿論それだけではダイエット効果は薄いのですが、大きなサポート役になってくれる事は間違いありません。

バニリンとは?

バニリンには、小腸で吸収され脂肪細胞を刺激するため、刺激された細胞が分解して燃焼される、所謂、脂肪燃焼効果が確認されています。

「バニリン」と聞くと、自然と「バニラ」という単語が頭に浮かんで来ませんか?

それもそのはず、バニリンはバニラの香りの主成分です。あの甘い香りの成分が梅干しにも含まれているとは意外ですね。

さて、梅干しにはバニリンの他にも、バニリングコシドという成分が含まれています。

実はこのバニリングコシドに熱を加えるとバニリンになるという変化が起こるため、梅干しを温めるとバニリンの量が約20%もアップするのです!

ムメフラールとは?

ムメフラールは、血流を良くする効能があるため、冷え症やむくみ、便秘、新陳代謝の改善に役立ちます。

このムメフラールも、梅干しを温めることで、クエン酸の一部と糖が結びついて作られるのです。

ダイエット中はとにかく、栄養のバランスが偏りがちになってしまい、冷えやむくみ、便秘を引き起こしてしまいがち。

そういう時には、温めた梅干しを食べる事によって血流を良くし、身体全体を温めることでサポートすることが出来るのです。

以上2つの成分を最大限に発揮させるためには、梅干しを加熱するという作業が必要になってくる為、梅干しダイエットには、焼いたり温めたりという加熱した梅干しが最適という訳なんですね。

加熱した梅干しは、その後冷やしてもバニリンやムメフラールが消える事はありませんので、纏めて温めてから保存しておく事も可能です。


3 焼き梅干し・ホット梅干しのお手軽調理法大公開!


それでは加熱した梅干しの作り方をここでご紹介しましょう。

加熱した梅干しの作り方

  • フライパンで素焼きにする
  • 梅干しをフライパンの上でころころ転がしながら、焦がさないように素焼きにしましょう。

網の上で直火で焼く

  • 焦がさないように、箸で転がしながら焼いていきましょう。

レンジで温める

  • 一番お手軽なのはレンジで温める事です。梅干し10個なら、1分少々温める程度でOK。

こうして温めた梅干しは、直接食べてもいいですし、お茶に入れて飲むのもOK。

お茶漬けに使うのも、スープに混ぜるのも、和え物に使うのも美味しいですし、たまにはお酒に入れて飲むのもいいですよ!

ただし、食べ過ぎには気を付けて、1日に3つ程度を限度として下さいね。



4 梅干しが美容にも良い理由


梅干しは、ダイエットだけではなく健康には勿論、美容にも良いと評判です。

特に、クエン酸やムメフラールの血流を良くする効能や腸を刺激して便秘解消する効果は、アンチエイジングに繋がります。

また血流が良くなる=新陳代謝が良くなるという事ですから、ダイエットだけではなく肌のターンオーバーも活性化される事になるのです!

疲労成分の乳酸をエネルギーに変えて疲労回復するのも、美容にはとても大切な事です。

また、梅干しには、身体が酸化していくのを防ぐ効果もあります。

「梅干し自体が酸っぱいのに、身体が酸化するのを防ぐって?」と首を傾げる人もいるかもしれませんが、梅干しは体内に入って消化されるとアルカリ性に変化します。

身体が酸化状態になると、肝臓や腎臓にも大きな負担を与えてしまう可能性が非常に高くなってしまいます。

また、肌のシミやしわなどの一因にも、身体の酸化状態が挙げられますので、梅干しを食べることによってミネラルが酸化するのを防ぐ事で、美しい肌がキープされますよ!


5 梅干しを摂取する時の注意点


梅干しには、身体に嬉しい効能がたくさんあるのですが、難点は塩分が多いという事です。

塩分の取り過ぎは、身体に悪影響を及ぼす一因となりますので、1日の摂取量をきちんと守りましょう。

1日に3粒、せいぜい4粒程度に留めておいて下さい。

そして、ダイエットや美容の効能を得たい人は、「あくまでも梅干しはサポート役である」という事を忘れないでください。

梅干しを食べているから、多少食べ過ぎても、飲み過ぎても、運動しなくても痩せられる、健康になれる、綺麗になれる、という思い込みは捨てましょう。

あくまでも補助、サポートとして使うのならば、実に効果のある食べ物ですから、きちんと理解して上手に生活に取り入れていきましょう!


さて、『梅干しの効能をダイエットと美肌キープで活用する5つの方法』はいかがでしたか?

こんなに身近な食材が、こんなに健康や美容、ダイエットに効能があるとは思いませんでしたね。

昔の人の知恵袋、というところでしょうか。

是非現代に生きる私達も、梅干しを生活に取り入れていきましょう!

今回ご紹介した内容に関連する記事として

も併せてご覧ください。

まとめ

梅干しの効能をダイエットと美肌キープで活用する5つの方法

1 こんなにあった!梅干しの効果効用
2 1日3つ梅干しを食べるだけでダイエットに効果がある理由
3 焼き梅干し・ホット梅干しのお手軽調理法大公開!
4 梅干しが美容にも良い理由
5 梅干しを摂取する時の注意点


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2017 ライフスタイルNext