疲れを取るならコンビニへ!食べると疲労回復できる食べ物7選

疲れを取るならコンビニへ!食べると疲労回復できる食べ物7選

仕事、家庭、プライベートにと大忙しの方へ、、、近頃、疲れが溜まっていませんか?

肉体的な疲れや精神的ストレスによる疲れに対して、何もしないで無理をした状態が続くと、身体の抵抗力も下がり、病気になりやすい身体になってしまいます。

そんな毎日を忙しく過ごしている方が、疲れを取るためにできることは、まず手軽に栄養のあるものを食べることですよね。

そこで今回は、コンビニで買える疲労回復にピッタリな7つの食べ物をご紹介します。


疲れを取るならコンビニへ!食べると疲労回復できる食べ物7選


1 すぐエネルギー源になる!疲れを取るならバナナ


「疲れたら甘いものを!」と言うように、私たちの身体や脳は、糖質をエネルギーにしてはじめて、正常に機能するのはご存知ですよね。

特に、バナナに含まれる糖質は、糖の種類が多く(ブドウ糖、果糖、ショ糖など)、時間差で体内で使われていくため、長時間にわたってエネルギーを維持することが可能なのです!

また、スタミナ維持だけでなく、心と身体の疲れを取るのに必要な栄養素が含まれています。

心身の疲れを取るのに最適!バナナの栄養素

ビタミンB群

エネルギー代謝を助けたり、疲労物質の乳酸の分解を促します。

カリウム

だるさや疲労感の原因となる、むくみを改善します。

トリプトファン

必須アミノ酸の一つで、精神を安定させるセロトニンホルモンの材料です。

最近ではコンビニで、果物も買えるようになりましたよね。

疲れを感じたら、疲労回復にお手頃価格で美味しいバナナはいかがでしょうか?


2 コンビニ弁当なら迷わずコレ!疲れを取るならシャケ弁


疲れを取るために、栄養満点なものが食べたい!と思っても、スーパーへ食材の買い出しから料理まで、、、となると、忙しい人にとってはなかなか難しいもの。

そこで、利用すべきなのがコンビニ弁当!中でもオススメが、昔からある定番の一つ、シャケ弁です。

数あるコンビニ弁当の中でなぜオススメかというと、主役である鮭には、アンセリンという疲労回復と持久力アップに効果的な成分が含まれているからです。

また、鮭の鮮やかな色の元でもある色素、アスタキサンチンにも同じく、肉体的精神的疲労、及び眼精疲労の軽減に効果が期待でき、疲れの原因となる活性酸素を除去する働きもあるのです!

知識として覚えておきたいのが、鮭にレモンの絞り汁をかけていただくと、吸収力がさらにアップすること!レモン自体にも疲労回復効果がありますので、ぜひお試しくださいね。


3 食欲がないなら麺類で栄養を!疲れを取るならお蕎麦


疲れ過ぎていて食欲がわかない、暑すぎて何も食べたくない、、、本来食べることが好きな方でも、時にこういう状況に陥ることもありますよね。

コンビニは、パスタ、うどん、蕎麦など、さらっと食べられる一品物も充実していますが、疲れを取るのにピッタリなのは、断然、お蕎麦!

お蕎麦は、穀物の中でもとりわけ栄養価が高く、疲労回復ビタミンとも言われるビタミンB1が豊富、またアミノ酸のバランスもよく、さっぱりとしている割に、元気になれる食べ物です。

そんなお蕎麦との相乗効果を狙ってオススメするプラスアルファ食材が次の2つです。

更なる疲労回復効果を!お蕎麦と食べたい食材

山芋

古くから滋養強壮や、薬効のある根菜として使われるほど、疲労回復にオススメです。

たっぷりのネギ

ネギの香り成分、硫化アリルが、ビタミンB1の効果をより高めてくれます。

食欲がないなぁという時は、コンビニのお蕎麦を食べて、疲れを乗り切りませんか?


4 手軽でどこでも食べられる!疲れを取るなら梅おにぎり


コンビニに行くと、定番の梅、昆布、人気のツナマヨをはじめ、イクラやチーズ入り、カレー味など、おにぎりと一口に言っても、非常にバラエティに富んでいますよね。

そんな相当たる種類の中から、疲労回復にオススメなのは、ズバリ梅おにぎり!というのも、疲れを取るのに必要なクエン酸が含まれているからです。

クエン酸は、体内の代謝をスムーズにしたり、乳酸を分解して疲労を回復するには欠かせない成分であり、その他の効能として、体液の弱アルカリ性を維持、殺菌作用、血流促進、脂肪の燃焼など、身体にも美容にもいいことづくめなのです!

そして、ご飯を包む海苔自体もビタミンB1が豊富で、疲れを取るには良い食材。

ただ、いくら身体にいいからと言っても、塩分が高いですので1個で十分、また、クエン酸には精神的疲労を軽減するカルシウムの吸収を高めるため、梅おにぎりの他に、カルシウムを含むものを一緒に食べるといいでしょう。


5 高タンパクなのに低カロリー!疲れを取るなら鶏胸肉


疲れていて栄養のあるものを食べたいけど、カロリーが高いものはちょっと、、、という方にぜひオススメなのが鶏胸肉。

パサパサしがちな胸肉は、ジューシーなモモ肉と比べるとお値段お手頃、高タンパクで低カロリーという優秀食材です。

また、鶏胸肉の注目すべき成分はイミダペプチドと呼ばれる疲労回復物質、あまり聞きなれない言葉ですが、実は医学的にもその効果は証明されているのです!

慢性疲労の方は、できる限り毎日、そして2週間を目安に、100グラムの鶏胸肉を食べ続けていただければ、今までの疲労が嘘のように抜けますよ!

イミダペプチドの他にも、疲れを取るのに良い栄養素としてビタミンB群、免疫力を高めたり、目の疲れを軽減する働きがあるビタミンAも鶏胸肉には含まれています。

コンビニでは、既に調理済みの蒸し鶏が売られていますので、サラダに加えたり、サンドイッチの具材にしたりして、上手く取り入れていきましょう!


6 おやつとしても最適!疲れを取るなら枝豆


枝豆といえば、夏のビールのお供のイメージが強いですが、疲労が溜まっている時なんかにも、ぜひ食べたいものの一つ。

そもそも枝豆には、豆類と野菜、両方の特徴があり、緑黄色野菜であることをご存知でしたか?したがって、栄養面においても、大豆同等またはそれ以上に優れた食べ物なのです!

豊富なタンパク質、ビタミンB1、ビタミンCをはじめ、夏バテ予防に効果的なカリウム、肝機能を向上させるオルチニン他、様々な栄養素が含まれています。

また、女性に多い鉄分不足は、倦怠感や疲労感をもたらす大きな原因ですが、枝豆には、鉄分が多いことで知られる小松菜以上に含まれていますので、貧血による疲れにも効果が期待できます。

というわけで、ちょっと小腹が空いたな、、、という時は、おやつとして枝豆を選ぶのも、賢い選択ですよ!

ただ、食べ過ぎはNG!塩分の摂りすぎにならないように、気をつけましょう。


7 乳酸菌で心も身体も元気に!疲れを取るならヨーグルト


お通じを改善するために、毎朝ヨーグルトを食べている方は多いですよね。

その便秘解消のイメージが強いヨーグルトなのですが、実は、疲れを取るのにも効果が期待できることをご存知でしょうか?

というのも、ヨーグルトを食べることで腸内環境が改善されるわけですが、それによって、免疫力が上がり、疲れにくい身体になったり、イライラやストレスの軽減、心の疲れにも作用してくれるのです!

ヨーグルトの効果的な食べ方として、以下の食品を加えると、尚良しです。

ヨーグルトの疲労回復効果を高める食品

はちみつ

栄養価が高く、すぐにエネルギー源となります。

きな粉

腸内善玉菌を増やすオリゴ糖、ビタミンB群、ミネラルなど、身体が正常に機能する栄養素を含みます。

キウイ

豊富なビタミンCが活性酸素を除去したり、ストレス耐性を高めて、精神的疲労を和らげます。

ヨーグルトにはたくさんの種類がありますが、どうせなら乳酸菌が生きたまま、腸まで届くタイプを選ぶようにしましょう。


さて、『疲れを取るならコンビニへ!食べると疲労回復できる食べ物7選』はいかがでしたか?

コンビニの食べ物は、身体に悪いなどとよく言われますが、何をどう選ぶかが重要なポイント!疲れている時は、無理をするより上手に活用すれば良いのではないでしょうか?

そして、時間に余裕ができたら、ゆっくりと休息をとり、好きなことをしてストレスを発散するのも必要ですし、時には自分のために、栄養満点な手料理を作ることも、疲労回復につながるでしょう。

まとめ

疲れを取るならコンビニへ!食べると疲労回復できる食べ物7選

1 すぐエネルギー源になる!疲れを取るならバナナ
2 コンビニ弁当なら迷わずコレ!疲れを取るならシャケ弁
3 食欲がないなら麺類で栄養を!疲れを取るならお蕎麦
4 手軽でどこでも食べられる!疲れを取るなら梅おにぎり
5 高タンパクなのに低カロリー!疲れを取るなら鶏胸肉
6 おやつとしても最適!疲れを取るなら枝豆
7 乳酸菌で心も身体も元気に!疲れを取るならヨーグルト


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2016 ライフスタイルNext