生理不順の原因6つと治療のための方法

生理不順の原因6つと治療のための方法

人それぞれ個人の差はありますが、生理になる前にはお腹に痛みを感じたり、体が怠くなったり、特別なことが何もなくても少しのことでイライラしやすくなったりと、心身ともに不安定になりやすく、憂欝な気分になりますが、女性が子供を産むうえで大切なことでもあるので、生理が遅れてきたり、早く来たり周期が安定しない生理不順になった時は、放っておかずに適切な治療を受け、治すことが大切です。

そこで今回は生理不順になってしまうその根本的な原因と効果のある治療法、そして生活の中で気を付けると良いことなど予防法をご紹介します。
[続きを読む]

ひき始めの風邪を早く治すための5つの方法

ひき始めの風邪を早く治すための5つの方法

風邪をひいたときに、こじらせず早く治すには、風邪のひき始めの対処が何よりも肝心なことは、誰しも知っていることですよね。

ただ、風邪のひき始めの対処と言われても、睡眠を取ることや栄養豊富な食べ物を摂る程度で、具体的に何をどうすれば風邪の撃退に効果的なのか案外曖昧だということはないでしょうか。

それに仕事や家事で忙しいと、なかなかたっぷりと睡眠を取ることも難しいですよね。

そこで今回は、ひき始めの風邪に早く撃退して、元気になるための具体的な方法をご紹介します!

風邪の被害は最小限に、早く治しちゃいましょう!
[続きを読む]

ウイルス性イボの原因と治すための対処法5つ

ウイルス性イボの原因と治すための対処法5つ

気が付かないうちに、手や足、または顔などにイボが出来ていたことはありませんか?

気にはなるけれど、特に痛みを感じないのでそのまま放っておいた、という人も多いかもしれません。

しかし、例えば足に出来たイボは歩くときに苦痛を感じることもありますし、顔のイボは目立ってしまいます。

最初は気付かないぐらいの多きだったのが、どんどん大きくなってしまうこともあり、そうなると不安も感じますよね。

これらはウイルス性イボの可能性がとても高く、また感染の心配もありますので、早めに対処するに越したことはないのです。

そこで今回は、ウイルス性イボの原因や症状、またその対処法や治療法について、ご紹介します。
[続きを読む]

肌に異常がないのにかゆい!皮膚掻痒症の7つの原因と対処法

肌に異常がないのにかゆい!皮膚掻痒症の7つの原因と対処法

何だか痒いな、、、と見た目には異常がないのに、無意識に肌を引っ掻いてしまってはいませんか?

蕁麻疹や湿疹は、発疹を伴う痒みがあるのに対し、皮膚掻痒症は、肌に異常がないのに痒みが出る疾患です。

主な原因は皮膚の乾燥や老化ですが、中には内臓や全身性の疾患により痒みの症状が現れていることもあり、痒みの程度や頻度も様々です。

今回ご紹介した内容に関連する記事として
痒みを我慢できず掻いてしまうと、赤くなったり引っかき傷になったりするだけではなく、湿疹や色素沈着のリスクもあります
も併せてご覧ください。

掻き傷や色素沈着といった二次的な症状は完治が難いこともあるので、美容の面でも注意が必要です!

そこで今回は、肌に異常がないのにかゆい皮膚掻痒症の原因と対処法をご紹介します。
[続きを読む]

食べると下痢になる人の特徴と気をつけたいポイント5つ

食べると下痢になる人の特徴と気をつけたいポイント5つ

食事のあとに便意があるのは自然なことですが、食べると下痢が続く、または下痢の日が多いという人はいませんか?

実は、この「食べると下痢になる人」というのは、現代人に多いのです。

自然なお通じならば爽快ですが、下痢の場合はそうはいきません。

食べたあとに、腹痛が起こり、そのままトイレに直行…下痢の場合、いつもより入念に拭き取らなければいけないために、肛門周辺の皮膚が擦れて炎症を起こしたり、切れてしまったりすることもあります。

そこで今回は、食べると下痢になる原因や、下痢になりやすい人の特徴、そしてその対処法などをご紹介していきましょう!
[続きを読む]

ヤバい黄疸の症状!原因と対処法5つ

Face

「最近肌が黄ばんでいる気がする」「目の色がいつもより黄色っぽい」心の中でこのように思ったことはありませんか?

肌や目の色が黄色っぽくなる黄疸という症状は、ビリルビンという物質が上手く排出されていないことによって起こります。

「なんとなく肌が黄色くなるだけ」と軽く見られがちな黄疸ですが、その裏には重大な病気が隠れていることも!そこで今回は黄疸が現れる病気と対処する方法をご紹介します。
[続きを読む]

内出血の治し方と跡を残さないためのコツ7選

内出血の治し方と跡を残さないためのコツ7つ

内出血とは体の中の血管がぶつかった衝撃などで破れてしまった状態です。

ただ、皮膚や粘膜は破れていないため、血管から出た血が体の中に溜まってしまうことで、ぶつけた部分が赤黒く変色しているように見えるのです。

変色をそのままにしておくと跡が残ってしまうこともあり、足や腕などの露出する部分の内出血は特に気になってしまいます。

この変色した部分は痛いうえに見た目も悪いので、できれば早く治してしまいたいですね。

そこで今回は、内出血の治し方と跡を早く引かせるコツをご紹介します。
[続きを読む]

免責事項

copyright 2016 ライフスタイルNext