親知らずの虫歯の痛みを一刻も早く抑える6つの対処法

Dental Self-Exam
CarbonNYC

今まで何ともなかったのに、歯が急激に痛み出して辛い思いをした経験のある方は、意外と多いのではないでしょうか?

その上、放置しておくとだんだんと痛みが酷くなりますよね。

特に、親知らずについては場所が場所だけに、自分ではチェックしづらく、どんなに歯磨きを徹底していても磨き残しが原因で、知らないうちに虫歯に進行しているパターンが非常に多いのです!

そこで今回は、歯科医にすぐに行けない時に、親知らずの虫歯の痛みを抑える対処法をご紹介します!
[続きを読む]

若年性更年期で起こる体の不調と対処するための方法

若年性更年期で起こる体の不調と対処するための方法

更年期障害は40歳ぐらいに起きる症状ですが、20代からでも若年性更年期障害という病気があるので、体に不調を感じたら注意する必要があります。

ただし、若年性更年期障害は自覚することが難しく、月経前症候群と勘違いしてしまう場合も多くあるので違いをよく知ることが重要です。

そして、若年性更年期障害の原因はストレスや食生活の偏り、睡眠不足など様々な理由で発症してしまうので、普段の生活も変えていくことが治療のためには必須になります。

そこで今回は、若年性更年期障害で起こる体の不調と、対処するための方法をご紹介します。
[続きを読む]

夏風邪の症状と悪化させないための対処法5つ

夏風邪の症状と悪化させないための対処法5つ

風邪といえば冬に発症することが多い病気ですが、夏に現れる夏風邪は早めに対処しないと症状が重くなって治りにくくなります。

風邪の元となるウイルスは冬の乾燥した空気を好みますが、夏風邪は高い温度と湿度を好む上に、お腹の中で繁殖するので長い期間体内に留まってしまいます。

更に、夏場は暑さによる食欲不振が起き、栄養不足で免疫力が低下するので、夏風邪の予防と症状を悪化させないための対策を早い内から実施する必要があります。

そこで今回は、夏風邪を発症したときによく見られる症状と、悪化を防ぐための対処法をご紹介します!
[続きを読む]

意外に知らないインドメタシン効果効用と気を付けたい使用上での注意点

痛みに効くインドメタシンの5つの効果効用と使用する上での注意点

鎮痛や解熱の作用のあるインドメタシンは、痛みにすぐ効くことからリウマチの治療に広く使われていましたが、現在は薬局でも購入が可能な薬として、湿布やスプレーなどに広く使われている薬剤です。

しかしインドメタシンはその効果が強いために、用法を守り、適切な量を使用しないと、副作用や様々な症状を引き起こす可能性があります。

そこで今回は、インドメタシンの体への効用や痛みを取る仕組みとともに、起きる可能性のある副作用や、使用する際の注意点について詳しくご紹介します。
[続きを読む]

痔の出血を一刻も早く治すための6つの方法

痔の出血を一刻も早く治すための6つの方法
by carianoff

なかなか人には相談できないお尻の悩みと言えば「痔」ですよね。

性別を問わず、日本人の約1/3が患っているといいますから、とても身近な疾患です。

トイレに行くと出血したり激しい痛みがあったり、その他不快な症状があるにも関わらず、病院へ行くのを躊躇していませんか?

しかしながら、何もしないで放っておくと、痔は酷くなる一方で、最悪の場合は手術が必要になることもあるのです。

そこで今回は、症状が深刻化する前に、出血や痛みを抑えて痔を治していく方法をご紹介します。
[続きを読む]

間欠性跛行の原因と治療するための方法5つ

間欠性跛行の原因と治療するための方法5つ

歩いていると痛みを感じたことや、足の痺れを感じたことはないでしょうか。

痛みの原因はいくつかありますが、腰痛を感じているときには気を付けなければなりません。

実は脊椎には沢山の神経が通っており、加齢とともに脊髄にある空洞が狭くなり、脊椎を圧迫することで腰痛を起こします。

腰痛による足の痛みと勘違いする方も多いですが、基本的には別物です。

若いときに無理をすると歳を取ってから腰にくるというのは、腰へのダメージが蓄積している結果となります。

足に関する症状が強いときには間欠性跛行の疑いがありますから、加齢による変化を感じ出したら注意が必要です!

そこで今回は、間欠性跛行のときに考えられる原因と改善方法をご紹介します!                          
[続きを読む]

体のあちこちが痛い線維筋痛症の原因と痛みを緩和する方法5つ

体のあちこちが痛い線維筋痛症の原因と痛みを緩和する方法5つ

全身に痛みが起こり、寝ることも、起きることも辛いといった症状の原因をご存知ですか?

繊維筋痛症と呼ばれる病気が、全身の至る所に痛みを及ぼす正体です。

男性よりも女性に多く、中高年に多いと言われていますが、若い人でも罹ることがあり、約200万人(日本人口の1.7%)が厚生労働省の繊維筋痛症の住民調査で、疾患を抱えていることが発表されました。

しかし原因について詳しいことはわかっておらず、必ず効くという薬もないため不安を感じる方も多いのが現状ですが、繊維筋痛症を和らげる方法はいくつもあります。

そこで今回は、繊維筋痛症の詳細と痛みを緩和する方法をご紹介します。
[続きを読む]

免責事項

copyright 2017 ライフスタイルNext