鼻が曲がるような体臭を改善するための9つの方法

鼻が曲がるような体臭を改善するための9つの方法

相手に体臭による不快感を与える『スメルハラスメント』というキーワードをご存知ですか?

日本人は嗅覚が敏感な上、相手への配慮を優先する民族ですので、こういったデリケートな問題を面と向かって相手に指摘することはありませんが、確実に嫌な顔をされているでしょうし、陰口を言われているかもしれないとなると、、、体臭はなんとかしたいですよね。

そこで今回は、体臭や生活臭も含めた、嫌なに臭いを抑える具体的な方法をご紹介します!


鼻が曲がるような体臭を改善するための9つの方法


1 体臭のセルフチェックから始めよう


自分の臭いが気になると思った時や、周りの人が気にしているかもしれないと思った時に、セルフチェックする方法があれば、安心できます。

家族や、親しい友達などに、正直に言ってもらうのが一番信頼できる方法ですが、お互いに抵抗もあるでしょうし、頼みにくいものです。

そこで、体臭をセルフチェックできる方法を、3つご紹介します。

体臭をセルフチェックできる3つの方法

シャワーを浴びた後(入浴後)に着ていた服の臭いをかいでみる

①シャワー(入浴)をして、自分の嗅覚をリセットすると共に、体を清潔な状態に戻します。
②着ていた服の臭いをかいでみると、リセットされた嗅覚で、自分の臭いが分かります。
※特に気にして欲しいのが脇(ワキ)の部分なのですが、脇から嫌な臭いがする場合は、ワキガの可能性があります。

シャンプーして時間が経ってから、耳の後ろをこすってすぐに臭いをかぐ

シャンプーをしたすぐ後ではなく、少し時間が経ってから、耳の後ろ(髪の生え際)の辺りを指でこすり、すぐに臭いをかぎます。
耳の後ろは、周りの人が一番臭いを感じやすい場所なので、嫌な臭いがするということは、体臭がするということです。

脇の汗の臭いを確認する

汗をかいている時に、ティッシュや清潔な布なので、脇の下を拭いてから、すぐに吹いたティッシュなどの臭いを、かいでみるという方法があります。
この時に、自分にも分かるくらいに嫌な臭いがするようなら、体臭がするということです。

体臭のボーダーラインをチェックする方法は、いかがでしょうか?

3つの方法は、代表的なチェック方法をあげましたので、ぜひ試してみましょう!


2 体臭の原因となる3つの腺とタイプ別嫌な臭い


体臭は人によって原因が違いますが、一体どのように発生するのでしょうか?原因は大まかに分けて、3つあります。

3つの腺とタイプ別嫌な臭い

皮脂腺から出る皮脂(アブラ)

皮脂腺から分泌される皮脂には、皮脂酸という成分が含まれており、空気と反応すると酸化し、過酸化脂質というものに変化します。
過酸化脂質の分泌量が正常であれば、嫌な臭いにはならないものですが、過酸化脂質の分泌量が増えてしまうと、いわゆるアブラの臭いがします。

エクリン腺から出る水分

エクリン腺から出た直後の水分はほぼ無臭なので、清潔な布などで拭き取ってしまえば、嫌な臭いは発生しません。
ただ、エクリン腺から出た水分をそのまま放置して、雑菌などが繁殖すると嫌な臭いを発生してしまいます。

アポクリン腺から出る汗

アポクリン腺から出る汗が、一番気になる臭いがするのですが、この臭いが一般的に言う、ワキガの原因です。

体臭の原因になる皮脂腺、エクリン腺、アポクリン腺の3つの腺は、それぞれタイプに添った対処が必要になります。


3 汗の種類で体臭が変わる!良い汗と悪い汗の違い


汗をかくと、その後乾いて悪臭の原因となるのではないかと考えたことはありませんか?

実は人のかく汗には、良い汗と悪い汗の2種類があります。

イメージしやすいのは、スポーツをした時の爽やかな汗と、徹夜をした翌日にかく気持ち悪い脂汗との違いです。

この良い汗・悪い汗の性質を十分理解して、体臭の改善にぜひ活かしていきましょう!

悪い汗の性質

  • 塩分を多く含みすぎている
  • 油脂成分を多く含みすぎている
  • 粘り気がある

良い汗の性質

  • ほぼ無臭である
  • サラサラしている
  • 成分の99%が水分

悪い汗をかく人の原因は、運動不足による発汗機能の低下と油分の多い食生活にあります。

したがってバランスの良い食事と、定期的な運動で汗をかく習慣をつけて、良い汗への転換を図りましょう!

運動が苦手な人は半身浴やサウナで、本来の発汗機能を向上させることもできますよ。


4 靴の中に繁殖する悪臭菌を抑える方法


何気なく毎日履いている靴は、悪臭の原因となる細菌が繁殖する最適な環境だということをご存知でしたか?

足の裏にかく汗は、エクリン腺から出るスポーツをした時にかく汗と同じ種類なのですが、使用する靴の環境で悪臭へと変化します。

足の臭いは、日頃使用する靴のケアで改善しましょう!

足の悪臭を防ぐ改善方法

靴の通気性を良くする

毎日同じ靴を履くと、足裏の汗が靴底に定着してしまうので、2~3足を交互に履き替えて常に靴を乾燥させるようにしましょう。

靴の脱臭をする

既に臭くなっている靴を履き続けると、いくら足を綺麗に洗っていたとしても、すぐに悪臭に逆戻りしてしまいます。
靴の脱臭方法としては、脱臭剤を入れたり、10円玉を入れておくことでも改善できます。10円玉の銅は、消臭効果があるのでオススメです。



5 体臭を撃退するための正しい体の洗い方


皮脂腺、エクリン腺、アポクリン腺の、3つの腺が原因の体臭をご紹介しましたが、体の外側からのケアの方法は、どんなものがあるのでしょうか?

体の外側からの体臭改善方法4つ

体を洗う時にゴシゴシこすらない

皮膚の表面には、表皮ブドウ球菌という善玉菌が存在しているのですが、これを洗い流してしまうことによって、体臭の発生を止めにくくしてしまいます。
体を洗う時は、ボディソープなどをやわらかくふんわりと泡立てて、なでるように優しく洗います。
抗菌作用のあるボディソープを使うことを、おすすめします。

乳酸を体に溜めない

体に疲れが溜まるにつれ、乳酸という疲労物質も体の中に溜まっていきます。
乳酸を放っておくと、アンモニアを多く含む汗を誘発して、疲れていない時よりも強い「嫌な臭い」になる傾向にあります。

ワキガにはクエン酸を上手に摂り入れる

特に気になる嫌な臭いのワキガには、殺菌作用のあるクエン酸(お酢)を入浴に上手に摂り入れて、雑菌の繁殖を抑えることも重要です。
クエン酸は風呂水180リットルに対して、コップ1杯(約200cc)程度が適量です。

毎日クエン酸(お酢)を入浴に摂り入れて、1週間も過ぎる頃には、嫌な臭いが和らいでくることが分かります。

ワキガの他にも、汚れが溜まりやすいへその臭い等、体臭の元になるポイントは体に点在していますので、クエン酸を入れた風呂で、キレイさっぱり洗い流してしまいましょう!

関連記事


6 湯シャンで頭皮を清潔に保つ方法


毎日シャンプーをしていても、頭の臭いが気になってしまうことがありませんか?

実は、フケを気にしてシャンプーをし過ぎてしまうと、頭皮のバリア機能の低下により、逆に雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。

体質や生活習慣にもよりますが、本来のシャンプー頻度は、2~3日に一度で十分なのです。

そこで、フケが気になる人にオススメなシャンプー以外の洗髪方法として、湯シャンを紹介します。

シンプルな湯シャンのやり方5ステップ

①洗髪前に髪を櫛でとかし汚れを落とす
②33℃のぬるま湯で髪を濡らす
③頭皮を指の腹で撫でるように洗う
④髪の毛が長い場合は、櫛を使って汚れを落とす
⑤タオルで髪の毛を包み込むようにして乾かす

実は、ブラッシングだけで髪の汚れは、6~7割落ち、残りの2~3割は、ぬるま湯で落とすことが可能なのです!

やり始めのポイントとしては、いきなり湯シャンに切り替えるのではなく、1日おき、2~3日に1回などスパンを置いて、頭皮の様子を見ながら実践することです。

関連記事


7 厄介な口臭を撃退する方法


自分の口臭が、周りの人にどのような印象を与えているのか、中々分かりづらいですよね?

自分の口臭を確認する方法は、マスクを1日着用して使用後の臭いを嗅いでみることです。

口臭の原因にはいくつかあって、そのほとんどが自分で改善することが可能です。

そこで、口臭改善方法をまとめてみましたので、是非チェックしてみましょう!

口臭の原因と改善方法5つ

舌苔が原因

舌の上には細かいヒダがあり、雑菌が溜まりやすいです。
そのため、歯ブラシや専用舌ブラシで定期的に舌のお掃除をしましょう。

ドライマウスが原因

タバコを吸ったり、コーヒーやお茶などのカフェインを摂取すると、口の中が乾燥しやすくなります。
口内の乾燥を防ぐためには、できるだけたくさんのミネラルウォーターを補給しましょう。

歯周病が原因

普段からちゃんと歯磨きや糸ようじをしているつもりでも、100%汚れが落ちているわけではありません。
定期的に歯医者さんへ行き、歯垢除去をしてもらいましょう。

免疫力低下が原因

風邪を引いたり、胃の中が炎症を起こすと、口の中に十分な唾液が分泌されず、口臭に繋がってしまいます。
免疫力向上のために、日頃の食事バランスや定期的な運動をして新陳代謝を上げましょう。

臭い玉が原因

扁桃腺に白い膿のような塊ができる場合、それは膿栓(臭い玉)と言われる悪臭の原因の可能性があります。
うがいで改善する場合がありますが、ひどい時はお医者様で診てもらうのが最善の方法です。

酢には抗菌効果があり、口の中の臭い対策、そして腸内に存在する有害な細菌を減らし、腸の働きも活発にしてくれます。

ぜひ口臭対策に歯磨きなど共に、酢も飲むようにしましょう。

関連記事


8 今から備えるべきミドル脂臭の恐怖と対処法


ミドル脂臭という言葉を耳にしたことはありますか?

普段、あまり聞きなれないこの言葉!実はものすごく重要で体臭改善のカギになっています。

ミドル脂臭への対策を講じることで、変に体臭への危惧をなくすことができますので、まずはミドル脂臭への理解を深めていきましょう!

ミドル脂臭の現象4つ

  • 30~40代に多く現れる
  • 腐った生ゴミのような臭いがする
  • 枕からお父さんの臭いがする
  • Yシャツや肌着の首元からの異様な臭い

ミドル脂臭とは、30~40代に多く見られ、加齢臭予備軍のようなもので、主に後頭部から異臭を放ちます。

30~40代といえば、仕事にも脂が乗ってきて、まさに働き盛りの時期となるので当然、睡眠不足や運動不足、食事面での偏りなど、20代では気にならなかった部分がツケとなり顕著に現れ始めます。

したがって、早めの段階から生活習慣を改善する努力をしていきましょう!


9 日頃の生活習慣を見直して加齢臭を抑える方法


加齢臭は健康面で影響の出始める、40代ぐらいから訪れるようになります。

以前は、男性に多いと思われがちでしたが、女性にも加齢臭は存在することが、資生堂研究所の研究で明らかになっています。

加齢臭の原因は、体内が酸化することで発生する、ノネナールという物質で、この臭いが悪質な体臭へと徐々に変化していきます。

そこで加齢による体の酸化を抑制するために、すぐにできる生活習慣改善の方法をご紹介します!

体の酸化を抑える生活習慣改善法5つ

ストレスを軽減する

心身の疲労、仕事や家庭が上手くいかないなどでのストレスは、自律神経の乱れを引き起こします。

すると、本来は内臓(胃腸、肝臓、腎臓など)で消化や処理される「嫌な臭い」のもと(皮脂や雑菌の繁殖した水分、汗、乳酸など)が、内臓の機能が低下したことで消化や処理がし切れず、血液に溶けて全身を巡り、汗や皮脂などから排出されて臭いの元になります。

ストレスはその日にうちに発散するようにしましょう。

運動をする

運動をするといっても、いきなりハードなスポーツを始めると、逆に体に負担がかかってしまいます。
日頃から運動する習慣のない人は、ウォーキングやストレッチ運動など、体への負荷が軽いものから徐々に行っていきましょう。

お酒、タバコへの配慮

タバコは百害あって一利なしと言われるほど、体に有害な物質を運んでいきます。
お酒に関しては、適量を摂取することでリラックス効果がありますので、飲みすぎには注意してストレス発散程度に嗜むようにしましょう。

紫外線を避ける

紫外線には、お肌を酸化させる成分が含まれていますので、日頃からケアを行いましょう。

しかし、全くお日様に当たらないのも健康的に良くありません。
早朝に10分間程度、太陽光に当たることで、約1万歩のウォーキング効果を得られたり、抑鬱効果があったりしますので、バランスを考えることが重要です。

睡眠時間を確保する

健康的な体作りに必要な、1日の平均睡眠時間は6~8時間です。
毎日寝る間もなく働いている人は、スキマ時間を利用して、昼寝などで睡眠時間を確保する工夫をしましょう。

脂肪やたんぱく質の多い食事も、肥満や糖尿病、高血圧などの生活習慣病を招くのと同じように、加齢臭も招いてしまいます。

そこで加齢臭には、ポリフェノールを積極的に摂取することが有効です。

加齢臭対策に効果のあるポリフェノールを多く含む食べ物

ブドウ(皮や種に多く含有)

ブドウ100gには、ポリフェノール190mg含まれています。

ココアパウダー

ココアパウダー100gにつき、ポリフェノールは840~1800mgと、非常に優れた含有量を誇ります。

緑茶

緑茶100gあたり、20gほどのポリフェノールが含まれます。

ポリフェノールには様々な種類があり、加齢臭対策以外にも美容効果や糖尿病などの生活習慣病の予防など、効果が多岐に渡ります。

さらに、

  • 体内の老廃物を吸着して、体外に排出する役目を持つ食物繊維を摂る
  • 体臭の原因になる悪玉菌を減らす乳酸菌を摂る
  • 抗酸化力を上げる植物油のオリーブ油(オレイン酸含有)やごま油(α-リノレン酸含有)を摂る

これらも加齢臭対策になりますので、食生活に上手く摂り入れるようにしましょう!

関連記事


さて、『鼻が曲がるような体臭を改善するための9つの方法』はいかがでしたか?

体臭と言われる原因のほとんどは、日頃の生活習慣の乱れからくるものが多いことが分かりましたよね。

自分の体臭は、家族でさえ中々指摘しづらいものですが、体を清潔にする、マメに汗を拭くなどで十分に対処することができます。

体臭を気にすることなく、仕事やプライベートを充実させるためにも、今回の学びから気付きを得て、できることから改善していきましょう!

まとめ

鼻が曲がるような体臭を改善するための9つの方法

1 体臭のセルフチェックから始めよう
2 体臭の原因となる3つの腺とタイプ別嫌な臭い
3 汗の種類で体臭が変わる!良い汗と悪い汗の違い
4 靴の中に繁殖する悪臭菌を抑える方法
5 体臭を撃退するための正しい体の洗い方
6 湯シャンで頭皮を清潔に保つ方法
7 厄介な口臭を撃退する方法
8 今から備えるべきミドル脂臭の恐怖と対処法
9 日頃の生活習慣を見直して加齢臭を抑える方法


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2017 ライフスタイルNext