集中したい人必見!集中力を高める音楽の選び方6選と効果効用

集中したい人必見!集中力を高める音楽の選び方6選と効果効用

仕事や勉強をしているとき、もっと集中したいと思ったことありませんか?

そんなとき役に立つのが音楽で、自分の状態に合わせたものを聴くと格段に集中力がアップします。

人の集中力には限りがあり、限界を超えて集中するためには脳に刺激を与えることが重要で、加えて気分転換やリラックスも大切になります。

そして、曲のジャンルが全部一緒だと、集中力を途切れさせてしまう可能性があるので、状況に合わせた音楽を選ぶことも大事です。

そこで今回は、集中したいときに聴きたい音楽の選び方と効果についてご紹介します!


集中したい人必見!集中力を高める音楽の選び方6選と効果効用


1 音楽を聴くことで得られる効果とは?


生きていたら聴かない日はないだろうと思われる音楽には、仕事や勉強で低下していく集中力を上げる効果があります。

音楽は自分の心の状態に合わせたものを聴くと、仕事や勉強の効率が格段にアップする上に、飽きずに同じことをし続けられる効果もあるので、作業をするときはぜひ取り入れてみてください。

集中力アップにつながる3つの音楽の効果

心が落ち着いてリラックスできる

集中力というものは、神経が高ぶっているとなかなか取り戻せませんが、心が落ち着いてリラックス状態のときは、普段より格段に上がって更に記憶力も増します。
特にスローテンポな音楽には、興奮していた心を落ち着かせる効果があるので、勉強や仕事に集中して取り組めるようになります。

やる気が出る

長時間勉強や仕事をしていると、始めた頃に比べるとやる気や集中力が大幅に下がっています。
集中力が低下すると同時にやる気もなくなってくるので、脳の気分転換が必要になります。
音楽には脳に刺激を与えて、やる気や集中力を取り戻させる効果があり、特に自分が好きな曲を聴くと良い気分転換になって、再び作業に集中して取り組めるようになります。

眠気が吹き飛ぶ

朝やお昼ご飯を食べた後の眠気は、早めに解消しないと作業効率がなかなか上がりません。
そんなときに聴きたいのがアップテンポな激しい曲で、集中したいのに眠くてたまらないという状況で聴くと、一気に目を覚ますことができます。

一般的に人が集中できる時間は頑張っても90分ぐらいが限界で、15分ごとに集中力低下の波がやってきます。

そのため好きな音楽を聴いて、快感物質であるドーパミンを大量に分泌させてあげれば、仕事や勉強が楽しくなって作業効率が上がります。

仕事や勉強中に集中力がなくなったら、自分の状態に合わせた音楽を聴いて、作業効率をアップさせましょう!


2 集中力が増すクラシック音楽


集中力がなくなったときに聴きたいのがクラシック音楽です。

クラシックはカフェのような落ち着いた空間に流れていることが多く、誰もが一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

その効果は高く、集中力アップや記憶力向上などがあり、単純作業や暗記するときにとても役立ちます。

そして、クラシックの中でも効果があるのがショパンの音楽で、作業中や取り組む前に聴くと集中力を高めることができます。

ただし、音楽には人それぞれ好みがあるので、ショパンの曲で集中できないときは、別の人の曲を聴くことが大切になります。

また、眠いときにスローテンポな曲を選択してしまうと、そのまま寝てしまうという事態になってしまうので、ランダム再生を使う際は注意して、なるべく眠くなる音楽を避けるように設定してくださいね。


3 気持ちが沈んで集中できないとき


ネガティブ思考が頭から離れず、心がどんよりと曇っているときは、これ以上沈ませないためにも音楽を聴くことが大切になります。

一番効果が期待できるのは、アップテンポで元気が出る音楽になり、気持ちが上向きになるまで聴き続けていると、次第に心が明るくなってきます。

逆に、暗い曲やスローテンポな曲を聴いてしまうと、元々沈んでいた気持ちが更に悪化して、仕事や勉強に手がつかなくなります。

これでは集中どころではない状態になってしまうので、早急に心を入れ替えるための音楽を取り入れましょう。

気持ちが上向きになる3つの音楽の種類

  • アップテンポで激しい曲
  • 応援ソング
  • 歌詞の内容がポジティブ

アップテンポな曲はもちろん、応援ソングや歌詞がポジティブな内容の曲は、落ち込んでいた自分を励ましてくれることが多いです。

「頑張ろう!」という気持ちになれるので、仕事や勉強に対するやる気が出てきて集中力アップにつながります。

そのため、気持ちが落ち込んで集中できないときは、自分が元気になれる曲を聴いて集中力を取り戻してくださいね!



4 音楽と環境音を組み合わせる


環境音とは自然の中で聞こえてくる音のことで、非常に高いリラックス効果を得られます。

代表的な5つの環境音の種類

  • 川のせせらぎ
  • 雨音
  • 波の音
  • 鳥のさえずり
  • 焚火の音

これらの音を聴くだけでも効果はあるのですが、環境音に加えてクラシック音楽を組み合わせると、より一層集中力を増すことができます。

もちろん環境音も人によって好みが分かれるので、色々な音を聴いて判断することが大切です。

そして、環境音はリラックス効果があるので、興奮して集中できない人には有効ですが、眠気があるときは逆効果になるので気をつけましょう。

また、川のせせらぎや雨音は自分で録音ができるので、好きな音だと思ったら作業用に録っておくこともできます。

webサービス上でなかなか良い環境音が見つからないときは、ぜひ自分で録音してみてくださいね!


5 ボーカルが入っている音楽は良し悪し


音楽にはボーカルが入っているものがありますが、集中力を高めたいときは注意する必要があります。

なぜなら、作業用BGMとして使用したとき、歌詞の内容が頭に入ってきて逆に気が散ってしまうからです。

特に、業務内容の確認や単語を暗記するときは、歌詞が邪魔をして大事なことが覚えられなくなります。

そのため、単純作業なら問題ありませんが、何かを覚えるときにはボーカル入りは非常に不向きですので、音声が入っていない音楽を聴くことが大切です。

とは言え、ボーカル入りの音楽にはやる気や落ち込んだ心を引き上げる作用があるので、一概に聴いてはいけないというわけではありません。

ボーカル入り音楽を聴くときに一番大事なのは、頭をほとんど使わない流れ作業時や、落ち込んでいる場合などに聴くことですので、自分の状況に合わせて聴くようにしましょう!


6 音楽を聴くベストタイミングとは


集中力をアップさせるためには、音楽を聴くタイミングが重要になります。

音楽は仕事や勉強をしているときに聴けるのが一番ですが、聴くことができない場合もあるので、集中力を途切れさせないための対策が必要になります。

音楽を聴く3つのベストタイミング

  • 作業を始める前
  • 小休憩や昼休憩のとき
  • 通勤中

いずれも仕事や勉強を始める前になりますが、集中力を高めるためにはこのタイミングが大切で、あらかじめ聴いておかないと、やる気や眠気が解消されないまま作業する羽目になってしまいます。

特に、眠気が残っている状態ではなかなか身が入らず、どう頑張っても集中できないので、音楽の力でしっかり目を覚ますことが重要です。

作業効率も大きく低下してだらだらと取り組みがちになるので、作業を始める前にぜひ音楽を聴いてくださいね!


さて、『集中したい人必見!集中力を高める音楽の選び方6選と効果効用』はいかがでしたか?

今やどこにいても耳にする音楽は、仕事や勉強をしているときに聴くと、脳が刺激されて集中力を高めることができます。

そして、興奮しているときにはリラックス効果があるスローテンポな音楽、やる気が低下しているときにはアップテンポな音楽、という風に使い分けると更に効果が倍増されます。

また、自然の中で聞こえる環境音にはリラックス効果があるので、クラシック音楽と一緒に聴くと集中力がかなり上がります。

状況に応じて聴く音楽を変えると継続して集中できるので、なかなか集中力が続かなくて悩んでいる人はぜひ音楽を取り入れてみてくださいね!

今回ご紹介した内容に関連する記事として

も併せてご覧ください。

まとめ

集中したい人必見!集中力を高める音楽の選び方6選と効果効用

1 音楽を聴くことで得られる効果とは?
2 集中力が増すクラシック音楽
3 気持ちが沈んで集中できないとき
4 音楽と環境音を組み合わせる
5 ボーカルが入っている音楽は良し悪し
6 音楽を聴くベストタイミングとは


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2018 ライフスタイルNext