バナナ酢の6つのすごい効用効果とダイエットでの活用法

バナナ酢の7つのスゴイ効用効果とダイエット実践法

バナナ酢というのは、バナナと酢をミックスしたもので、酢の中でバナナの栄養素が溶け、それを飲むことでそれぞれ単体で摂取するより体への吸収率がよくなり、相乗効果でダイエット効果が大きく期待されているものです。

バナナが健康に良いことは知られていますが、果たして酢が加わることで、どのように効果がグレードアップするのか、そしてどんな効果効用があるのか、今回詳細をご紹介します。


バナナ酢の6つのすごい効用効果とダイエットでの活用法


1 知っておきたいバナナの効能


日本においてもっとも流通しているバナナはフィリピン産、次いでエクアドル産、台湾やペルーからも輸入されており、日本でも鹿児島や沖縄で多少栽培されているのです。

2006年頃から、マスコミを通して朝ごはんにバナナを食べる「バナナダイエット」が流布され、バナナ酢は応用編と言えるでしょう。

そんなバナナの具体的な効果はどんなものなのでしょうか。

バナナはエネルギーを補充してくれる!

バナナにはでんぷん、ブドウ糖、ショ糖など、様々な糖類が含まれていますが、特にブドウ糖は脳の働きには欠かせない栄養素です。

ブドウ糖は体や脳を動かすエネルギー源で、全体の46%を占めていますが、人間は起きている時だけでなく眠っている時もブドウ糖を消費してます。

ブドウ糖が不足すると低血糖になり、そうなると脳もよく働かなくなるので集中力が落ちたり、仕事の効率にも影響を与えます。

この脳に欠かせないブドウ糖を補充してくれるのがバナナなのです。

しかもショ糖やオリゴ糖、食物繊維やでんぷんなどの糖類も含まれており、それぞれの吸収時間が違うのでエネルギーが持続する時間も長くなります。

バナナはお腹の調子を整えてくれる!

バナナに含まれるオリゴ糖はお腹の中のビフィズス菌を増やしてくれ、さらに食物繊維も加わって腸内のバランスを整え、便秘解消になります。

バナナはカリウムを補充してくれる

バナナには体に必要な必須アミノ酸の一つであるカリウムが含まれており、塩分を体の外に出す働きがあり、に筋肉や神経の働きを正常に保つ働きがあり、高血圧の人には欠かせないものです。

カリウムが不足すると、足がつったり、倦怠感が起きたり、高血圧になったりします。

バナナはイライラを解消してくれる

バナナに含まれるトリプトファンは、脳の興奮を鎮めるセロトニン生成の素になるためのため、特に月経前症候群と呼ばれる、月経3日前から1週間前になるとイライラする症状に効果があります。

またバナナには、血液の生成を促すマグネシウムも含まれていて、神経の興奮を鎮める作用やカルシウムと一緒に摂取する事で骨を丈夫にする効果があります。マグネシウムは鉄分ですから貧血にもいいですね。

さらにバナナは熟すると、程抗酸化作用が強くなるので人の免疫力を高め、アンチエイジングも期待されています。


2 知っておきたい酢の効能


酢には穀物酢と果実酢の2種類あり、その原材料によってそれぞれ呼び方が変わります。

穀物酒の4つの種類

米酢

米酢は、精米したコメを蒸して4か月ほど発酵させたもので、1000ml中40g以上米を使ったものが米酢で、40g未満は単に穀物酢と呼ばれ、120g以上使っているものを純米酢と呼びます。

玄米酢

材料は玄米でアミノ酸やミネラル、ビタミン、カリウムなどが多く含まれている為、高血圧予防としての期待が高まっています。

黒酢

玄米や大麦が原材料で、1年から3年異常発酵と熟成をさせた褐色の酢です。
体の新陳代謝に欠かせないアミノ酸が普通の酢の7倍も含まれている優れものです。

香酢

中国産の黒酢で、原料はもち米と水。アルコールにもみ殻を加えて発酵させたもので天然アミノ酸がバランスよく含まれています。

穀物酢は原材料が米や小麦、とうもろこしなどを1000ml中に400g以上使っている酢の事です。

果実酢4つの種類

りんご酢

カリウムやクエン酸を豊富に含むりんご酢は、ダイエットによいとされ、マリネやドレッシングに最適です。

ぶどう酢(ワインビネガー)

ワインから作られる酢には、抗酸化作用や抗アレルギー作用のあるポリフェノールが多く含まれています。

バルサミコ酢

イタリア原産トレビアーノが主原料の黒酢で高級品になると10年以上寝かせます。

紅酢・ザクロ酢

ザクロに含まれる成分は女性ホルモンの働きを高めます。

果汁が1000ml中300g以上含まれている酢で、原材料の成分によって違いがあります。

それでは酢の効能とはどのようなものがあるのか、ご紹介します。

3つの酢の効能

酢は疲労回復に欠かせない

酢に含まれるクエン酸は体内の酸性物質をアルカリ性に変えてくれ、疲労回復に効果があります。

酢でダイエット

穀物酢に多く含まれるアミノ酸には中性脂肪や悪玉コレステロールを減らす作用があり、酢酸は脂質の合成を抑制します。
糖の吸収を穏やかにする作用があるので、食べ過ぎを防ぎ、ダイエットの強力な助っ人になりますし、血液もサラサラになって顔色がよくなり美肌効果もあります。

酢で腸内を綺麗に

酢の成分はお腹の中の有害な菌を減らし、腸内環境を整えるのでお通じがよくなります。


3 バナナと酢の相乗効果は


バナナも酢もそれぞれ万能なのですが、この2つがタッグを組むとどんな効果があるのでしょうか?

バナナ酢の4つの効果効用

バナナ酢で便秘解消

バナナ酢を飲むと、信じられない程の便秘解消になりますが、その理由はバナナに含まれるペクチンという食物繊維です。
ペクチンは腸内の有害物質を包み込んで便と一緒に排出してくれるのでデトックス効果があり、さらにヨーグルトと一緒に摂るとより効果的です。。

バナナ酢で高血圧解消

バナナに含まれるマグネシウムとカリウム、そして酢に含まれる酢酸のトリプルで血圧をさげてくれます。

バナナ酢でダイエット

酢酸には血圧を下げるだけでなく、体内でクエン酸に変わり、脂肪の燃焼を促進させる効果があります。
またカリウムもむくみを解消してくれますし、黒酢に含まれる沢山のアミノ酸は脂肪の生成を抑制ますのでダイエットにはとてもよい飲み物です。

バナナ酢で美肌に

バナナ酢のデトックス効果により老廃物が体の外に出てしまえば、自然に肌も綺麗になりますし、バナナに含まれるビタミンBは細胞の生まれ変わりを促進し、なお一層美肌効果があります。

バナナと酢の良い取りなのがバナナ酢!ぜひ、健康のために積極的に活用するようにしましょう!



4 おいしいバナナ酢の作り方


それでは自宅で簡単に作れるバナナ酢の作り方をご紹介します。

黒糖入りバナナ酢の作り方

材料

  • バナナ:1本(100g)
  • 黒糖:100g
  • 酢:200ml

作り方

①バナナの皮をむき、一口大に切る
②耐熱容器に黒砂糖と黒酢、バナナを入れて軽く混ぜ合わせる
③容器にふたをせず、レンジに入れて30秒から40秒程温める
④容器をレンジからだし、ふたをして約半日ほど置いて完成

基本的に酢は米酢でもりんご酢でも構いませんが、敢えて黒酢を使うことをお勧めする理由をご紹介します。

バナナ酢に黒酢を勧める2つの理由

アミノ酸が豊富

アミノ酸には、免疫力のアップ、体力や筋肉をアップ、集中力をアップ、脂肪燃焼をアップ、美肌効果アップなどのメリットがあり、ダイエットにはもってこいなのです。

クエン酸が豊富

黒酢に含まれるクエン酸には血流改善、疲労回復、美肌、通風を予防する、そしてミネラルの吸収を促進する働きがあります。

さらに、「バナナ酢なので、材料はバナナと酢だけなのでは?」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

実は黒糖に含まれる以下の成分には、バナナ酢と合わさることで相乗効果になるものがあるのです!

  • カルシウムが豊富で骨粗鬆症予防になる
  • カリウムが豊富でむくみ解消が期待できる
  • オフタコサノールが悪玉コレステロールを抑制してくれる
  • フェニグルコシドが血糖値を下げてくれる
  • ラフィノースがビフィズス菌を増やしてくれる

健康に、美容に、ダイエットに、欠かせない成分がバナナ酢と黒糖で一気に手に入ります。


5 ダイエットに活用できるバナナ酢レシピ


バナナ酢は原液で飲むと、酸味で胃を壊す危険性があるので、出来るだけが牛乳や水で自分好みに薄めて飲みましょう。

そこでダイエット効果を上げるに、定番の3つの飲み方をご紹介します。

飽きずに飲み続けるための3つのバナナ酢レシピ

バナナ酢の牛乳割り

バナナ酢を牛乳で割って飲むことでカルシウム摂取を助け、骨粗鬆症やカルシウム不足の人にはぴったり。

バナナ酢の豆乳割り

女性に欠かせないエストロゲンを含む豆乳は更年期障害などに効果があります。

バナナ酢のオレンジジュース割り

グレープフルーツやアセロラドリンクで割って飲むのもお勧めです。
ビタミンCを摂取する事が出来、シミやシワを取り除き、美肌効果が期待できます。

バナナ酢のバナナは、1週間程度で取り出するのですが、せっかくので漬けたバナナを有効活用して、ヨーグルトを使ったスムージーも作ってしまいましょう!

バナナ酢スムージーの作り方

材料

  • バナナ酢:大さじ1から2
  • プレーンヨーグルト:100g
  • 牛乳:200ml
  • 好みのフルーツ:適量
  • バナナ酢に漬けたバナナ:適量

作り方

材料をミキサーにかければ出来上がり!

ドリンクとして飲むだけではなく、サラダドレッシングとしてバナナ酢を活用することもできますよ!

美味しいバナナ酢ドレッシングの作り方

材料

  • バナナ酢:大さじ2
  • めんつゆ:大さじ2
  • 水:100mlから200ml
  • 粉の寒天:小さじ2分の1
  • 砂糖 :小さじ1.5

作り方

①鍋に水と粉の寒天を入れ沸騰させる。沸騰したら2分から3分ほど煮ながら溶かす。
②火を止めて、めんつゆ、バナナ酢と砂糖を混ぜ、冷めたら冷蔵庫に入れて固める。
③食べる前に府かき混ぜてほぐし、ジュレ状態で野菜にかける。

他には酢豚の酢代わりに使ったり、しゃぶしゃぶにかけたりと、バナナ酢ドレッシングがアイデアは無限大ですので、いろいろと試してみてくださいね!


6 バナナ酢を飲むタイミングと注意点


バナナ酢の効果効用を紹介してきましたが、飲むタイミングと注意点はしっかりを守りましょう。

バナナ酢は冷蔵庫で保管

バナナ酢は真夏には発酵しすぎてアルコールになってしまう事があるので出来るだけ冷蔵庫で保管するのがお勧めです。

また、バナナ酢バナナは、1週間程度で取り出さないと色や風味が落ちます。

バナナ酢を飲むタイミング

バナナ酢は空腹時を避けて、朝・昼・晩の食前に大さじ1を薄めて飲むか、よりダイエット効果を期待したい場合は、大さじ2から3を薄めて飲んでも良いでしょう。

ただし、飲みすぎは胃荒れを起こすので注意しましょう。


さて、『バナナ酢の6つのすごい効用効果とダイエットでの活用法』はいかがでしたか。

バナナ酢って意外と簡単に作れますし、しかもバナナと酢のW効果が体を内側から美しくしてくれる効果があります。

そしてバナナは大きな房のほうが安い時もありますので、たくさん買って余るようであれば、バナナ酢にすれば捨てずに有効活用もできます。

ただ、飲むだけでなく料理に使ったりと、いろいろと使えるバナナ酢をどんどん活用していきましょう!

今回ご紹介した内容に関連する記事として

も併せてご覧ください。

まとめ

バナナ酢の6つのすごい効用効果とダイエットでの活用法

1 知っておきたいバナナの効能
2 知っておきたい酢の効能
3 バナナと酢の相乗効果は
4 おいしいバナナ酢の作り方
5 ダイエットに活用できるバナナ酢レシピ
6 バナナ酢を飲むタイミングと注意点


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2017 ライフスタイルNext