背中が痛いときに疑うべき病気の兆候と対処法7つ

背中が痛いときに疑うべき病気の兆候と対処法7つ

急激な背中の痛みに襲われて驚いたことはありませんか?または、ずっと治らない慢性的な痛みを抱えていませんか?

背中の痛みがある場合、痛む場所や症状によって、いくつかの病気が考えられます。

「自分の体は大丈夫かな…?もしかすると大変な病気が隠れているんじゃないだろうか」なんて心配になりますよね。

そこで今回は、背中が痛い時に疑うべき病気の兆候と対処する方法をご紹介します。


背中が痛いときに疑うべき病気の兆候と対処法7つ


1 背中・肩・腕が痛い!なで肩に多い病気


肩こりがあまりにもひどく、腕や背中の肩甲骨上部が痛い時は、胸郭出口症候群が疑われます。

胸郭出口症候群とは、肩部分にある鎖骨と、第一肋骨の間で神経が圧迫されることによる病気で、なで肩の女性が多く発症します。

胸郭出口症候群の症状

・背中の上の方と肩甲骨あたりが痛い
・腕全体がだるい
・肩こりがひどい
・手や腕が青白くなって血の気が引いている
・腕全体がしびれる
・腕が上がらないので電車のつり革が掴めない
・洗濯物を高いところへ干せない

これらの症状があまりにひどい時は整形外科を受診しましょう。

痛みのおこる動きをしないように注意し、消炎鎮痛剤で痛みを抑えながら整形外科で教わるリハビリを行うようにしましょう。


2 左の背中が痛い!左胸にも圧迫感がある時の病気


左の背中が痛くて、左胸やみぞおちにかけて圧迫されるような痛みがある時は狭心症が疑われます。

狭心症では、突発的・発作的に強い痛みが襲ってきます。たいていは15分程度で痛みが収まりますが悪化すると心筋梗塞などを起こすので注意が必要です。

狭心症の原因は、心臓への血管が細くなっていて血流が不足し、心臓が酸欠状態になってしまうことです。

狭心症になりやすい人

・喫煙者
・糖尿病の人
・ストレスの多い人
・神経質な性格の人
・肥満の人
・高血圧の人
・高脂血症の人

狭心症を防ぐためには、日ごろから生活習慣に注意しておくことが大切です。

タバコをやめ、糖尿病や高血圧を招くような食事には気をつけましょう。規則正しくストレスをためない生活をして狭心症にならないように心がけましょう。


3 左の背中とお腹も痛い時に考えられる病気


左の背中が痛い場合、膵臓に関係する病気が考えられます。

膵臓は、胃の後ろにあり長さが20センチほどで細長い形をしています。

みぞおちから左の脇腹、左の背中、左の肩にかけて痛みがひろがる場合は、膵炎が疑われます。

膵炎の症状

・みぞおちやお腹のあたりに重苦しい不快感がある
・左の背中、肩が痛む
・微熱がある
・吐き気、嘔吐がある
・食事をすると不快感がある
・肌や、白目が黄色っぽくなってきた

膵臓は病気があってもあまり症状が現れることがなく発見が遅くなりがちです。

左の背中に痛みを感じたら早期発見のためにもぜひ内科を受診するようにしましょう。


4 普通じゃないほど酷い!肩凝りのまさかの原因とは?


肩凝りが悪化し、がちがちに固まってしまった石のような背中になる人がいます。

酷い肩凝りの原因には姿勢が悪かったり、激しい運動をしている場合以外に、うつ病の前兆や、自律神経失調症など心因性のものが考えられます。

うつ病に伴う肩凝りの見分け方

・酷い疲労感がある
・めまい、耳鳴りがする
・激しい頭痛を伴う
・良く眠れない日が続いている
・視力が悪くなったり、急にぼやける、眩しくなるなどする
・手足が冷えていて痛みやしびれがある
・理由もなく泣きたくなる時がある

上にあげた症状と肩凝りが同時に現れる場合、単なる筋肉疲労ではなくうつ病などのサインです。

うつ病に気づいたら、ストレスをためないように注意し適切な治療を受けるようにしましょう。


5 背中の右側が痛い時に考えられる病気


背中の右側が痛い場合、肝臓の異常が考えられ肝硬変やひどい場合には肝臓がんが疑われます。

痛みの原因が肝臓の場合、背中の痛みだけでなくそれに伴う異変や症状もあるので自己判断の参考にしてください。

肝臓が悪い場合の特徴

・姿勢に関係なくどんな体勢でも右側の背中が痛い
・腹痛、下痢の症状がある
・右の腹部から背中にかけてが痛い
・だるい、疲れやすい
・黄疸ができる
・食欲がない、吐き気がする

肝臓は、ダメージがあっても痛みを感じにくい器官です。

そのため、気付いた時には症状が悪化していることが多いので要注意です。

右側の背中や腹部に痛みがある場合はできるだけ早く病院を受診しましょう。


6 背中がちくちく痛む病気と治療上の注意点


背中の肩、腰、脇腹のあたりがちくちくと針で刺されたように痛む場合、帯状疱疹の疑いがあります。

最初はピリピリとした痛みから始まり、悪化すると太いとげを体の内部にまで突き刺されているようなひどい痛みを感じます。水ぶくれやブツブツ、赤い発疹が皮膚の上に現れます。

疱疹は背中意外におなかや胸にも現れることがあり、帯状に広がるので厄介です。

帯状疱疹の原因はウイルスで、免疫力の弱った人がかかりやすい病気です。

帯状疱疹は悪化しやすく、1週間でピークの痛みがやってきて、微熱がでたりリンパが腫れてしまったりするため、治療の際は初期症状の段階ですぐに対処することが大切です。

治療のために病院でもらった抗ウイルス薬を服用するようにしましょう。

1度なってしまうと四六時中痛くてツライ帯状疱疹は、適切に治療を行って早めに撃退するようにしましょう。


7 背中と腰の中間のあたりに激痛が走る病気


背中と腰の中間のあたりに激痛が走る場合、椎間板ヘルニアの可能性があります。

椎間板ヘルニアとは、いわゆる「ぎっくり腰」のことで、腰の椎間板に通っている神経が圧迫されることにより痛みを感じてしまう病気です。

椎間板ヘルニアの特徴

・背中や腰がずきずきと激しく痛む
・背中を後ろにそらした姿勢の時にひどく痛む
・咳やくしゃみをした時に響いて痛む
・脚のしびれや圧迫感を感じる
・痛みのせいで歩くのが難しい
・屈んだり、重い物を持ち上げられない

椎間板ヘルニアになってしまったら、痛みが引くまでは安静にして無理な姿勢を取らないように心がけましょう。

また、痛みがひどい場合は、病院でブロック注射をして対応しましょう。


さて、『背中が痛いときに疑うべき病気の兆候と対処法7つ』はいかがでしたか?

背中の上、左、右、下と痛みの部分ごとに異なる病気の徴候であることが分かりましたね。

背中が痛い時にはなんの病気なのか適切に診断を受けることと、しっかりした治療が大切ですね。

この記事でご紹介した病気と特徴を思い出して、対処方法をぜひ取り入れるようにしましょう。

まとめ

背中が痛いときに疑うべき病気の兆候と対処法7つ

1 背中・肩・腕が痛い!なで肩に多い病気
2 左の背中が痛い!左胸にも圧迫感がある時の病気
3 左の背中とお腹も痛い時に考えられる病気
4 普通じゃないほど酷い!肩凝りのまさかの原因とは?
5 背中の右側が痛い時に考えられる病気
6 背中がちくちく痛む病気と治療上の注意点
7 背中と腰の中間のあたりに激痛が走る病気


今、あなたにオススメ

にほんブログ村 美容ブログ 30代女磨きへ

免責事項

copyright 2016 ライフスタイルNext