放置すると悪化する!5つの足が臭い原因と根本対策

放置すると悪化する!5つの足が臭い原因と根本対策

靴を脱いだときに足が臭いと感じ、臭いの原因は一体何かと気になったことありませんか?

足の臭いが気になると、家族や友人の前で靴を脱ぐことを躊躇ってしまったり、人に家に上がりにくくなったりと人付き合いに支障が出てきます。

そして、足の臭いは根本から対策をしないといつまでも臭ったままになるので、原因を知って対策をする必要があります。

また、足の臭いの原因の一つに病気もあるので、何をやっても臭いが取れないときは体に異常がないか確かめることが大切です。

そこで今回は、足が臭いときの原因と、臭いを悪化させないための根本的な対策方法をご紹介します!


放置すると悪化する!5つの足が臭い原因と根本対策


1 足が臭いときは洗い方が原因


足が臭いと感じたときに真っ先に疑いたいのが、自分の足から臭っていないかの確認です。

足を洗ったとき隅々までしっかり洗わないと、臭いの原因となる雑菌が皮膚中に繁殖してしまうので、足が臭いと思ったら洗い方を見直しましょう。

足が不衛生な状態になっていると、古い皮膚や角質が溜まって雑菌の餌となるので、入浴したときはいつもより念入りに足を洗って菌を落とすことが大切です。

また、足には老廃物が溜まっていて、夏場や運動などで大量の汗をかくと臭いを発してしまうので、毎日汗をかくという方は洗い方に気を付けてくださいね。


2 いつも履く靴の問題点


靴を脱いだ後に臭いを感じたとき自分の足が臭いのではと思いますが、実は足だけでなく履いていた靴にも原因があります。

靴は足と同じように雑菌が繁殖しやすい要素がたくさん詰まっているので、普段履いている靴に異常がないか確かめることが大切です。

靴から臭いを発する2つの原因

蒸れている

長時間靴を履いていたり通気性が悪い靴を履いていたりすると、中が段々蒸れてきて雑菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。

特にゴムやビニール素材の靴は蒸れやすいので、1日中履いている機会が多い方は靴から臭いが発せられやすい状態であるので定期的な換気をしましょう。

サイズが合っていない

足のサイズと合っていない靴を履いていると、緊張して臭いの原因となる汗や老廃物が排出されやすくなります。

そのため、いつもきついサイズの靴を履いている方は、足の臭いをなくすためにも少しゆとりがあるタイプの靴を選ぶことが重要です。

靴は毎日履く物になるので、足が臭いと感じたときは使われている素材やサイズを確認して、なるべく蒸れをなくすようにしてくださいね!


3 靴下も臭いの原因


足や靴にいる雑菌は、靴下が原因でたくさん繁殖してしまう可能性もあるので、取り扱いには十分注意する必要があります。

2つの気を付けたい靴下の状態

通気性が悪い

靴と同じように通気性が悪い靴下を履いていると、中が蒸れてしまうので雑菌の増殖につながります。

靴下が蒸れると足や靴にいる雑菌も一緒に増殖してしまうので、通気性が悪い物は避けましょう。

汗や水分の吸収で湿っている

靴下が汗や水分を吸収してしまうと一層蒸れやすくなり、雑菌の餌である皮膚や老廃物が汗を伝って流れ出てしまいます。

そのため、夏場や運動後は替えの靴下を持ち歩いていつでも履き替えられるようにしましょう。

靴下は足と靴、両方の雑菌がくっつきやすいので足が臭いと感じたら、靴下も臭っていないか確かめることが大切です。

そして、外出したり運動したりする予定がある日は、予備の靴下を持っていくと足の臭い対策になるので、靴を脱いだときの臭いが気になる方はぜひ持ち歩いてくださいね!



4 足が臭いときの対策方法


足が臭い原因は靴と靴下、足の3つになるので事前に対策をすることが大切になります。

足が臭いときの対策方法4つ

靴と靴下は通気性が良い物を複数持つ

靴と靴下は通気性に優れたものを選ぶと、中が蒸れにくくなって足からの臭いを防ぐことができます。

そして、水や汗で濡れてしまったとき用の予備を持ち歩くと、臭いの原因である雑菌が増える前に対処できるので、念を入れて複数用意しましょう。

ずっと同じ物を履かない

長時間同じ靴や靴下を履いていると通気性が良くても蒸れてしまうので、違う物と交換したり定期的に換気をしたりすることが大切です。

特に、靴は一度蒸れると水分がなくなるまで2日ほどかかるので、何足かローテーションさせましょう。

また、足が湿っている状態だとすぐに雑菌が繁殖してしまうので、ハンカチやティッシュでしっかり拭き取ってから履いてくださいね。

足を洗うときに気を付けること

足を洗うときはサッと洗うのではなく、指と指の間や爪まで泡が残らないようにしっかり洗うことが重要です。

足を丁寧に洗うと臭いの原因である雑菌がなくなるので、入浴の際は念入りに洗いましょう。

汗が出る機会を減らす

足の臭いは汗によって発せられるので、なるべく汗が出てくる状況を作らないようにすることが大切です。

汗は緊張しているときや暑くて辛い食事、激しい運動によって出てくるので、足が臭いと日頃から感じている方は気を付けましょう。

そして、緊張は深呼吸すると和らげられるので、汗をかくほどの場面があったら心を落ち着かせることが重要になります。

足の臭いは履く物と足の洗い方、心の持ちようによって左右されるので、靴を脱いだときに強烈な臭いを嗅いだときはしっかり対策を取ってくださいね!


5 足が臭いときに考えられる病気


靴や靴下に問題がないにも関わらず足が臭いと感じたときは、水虫という足に発生する病気にかかっている可能性があります。

そして、足は水虫が繁殖するために必要な条件がたくさん揃っているので、強烈な臭いを感じたら環境を改善することが重要になります。

水虫が繁殖する2つの環境

高温多湿

水虫は高温多湿の環境を好むので、靴を長時間履いていると繁殖しやすくなります。

特に、夏場は汗を大量にかいて蒸れやすい状態になるため、水虫にとっては最高の環境になっています。

そのため、普段から通気性が良い物を身に付けて水虫の改善と予防に努めましょう。

餌が豊富

足には水虫の餌となる角質や老廃物があり、加えて臭いの原因である雑菌の餌にもなるので、足の洗い方を気にしていない方は気を付けましょう。

また、足の爪に含まれるケラチンという物質が水虫の餌となってしまうので、足の洗い方が不十分であったり、爪を延ばし過ぎたりしていたらしっかり手入れをすることが大切です。

水虫は不衛生な状態だと発生しやすいのですが、多汗症のように汗を大量にかく病気を患っていると繁殖する可能性が高まるので、あまりにも強烈な臭いを嗅いだときは病院へ行って自分に合った適切な処置をしてもらってくださいね!


さて、『放置すると悪化する!5つの足が臭い原因と根本対策』はいかがでしたか?

足が臭い原因は足そのものや靴、靴下などの状態によって左右されるので、まずは臭いの発生源を調べることが大切です。

特に、足や靴は臭いの元である雑菌が繁殖するために必要な餌が豊富で、加えて高温多湿という絶好の環境になりやすいので手入れを怠らないようにしましょう。

また、靴下に汗や水分が吸収されると足の角質や老廃物が流れ出て、雑菌の餌となるので対策のために替えの靴下を用意することが重要になります。

そして、足が臭いときは水虫という病気にかかっている可能性もあるので、あまりにも強烈な臭いを発していたら病院で診てもらいましょう。

水虫は不衛生な環境だと発症しやすくなるので、指と指の間をしっかり洗い、餌となる爪の手入れも怠らないようにしてくださいね!

今回ご紹介した内容に関連する記事として

も併せてご覧ください。

まとめ

放置すると悪化する!5つの足が臭い原因と根本対策

1 足が臭いときは洗い方が原因
2 いつも履く靴の問題点
3 靴下も臭いの原因
4 足が臭いときの対策方法
5 足が臭いときに考えられる病気


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2017 ライフスタイルNext