黒にんにくの若返り力がヤバい!6つのうれしい効果と食べ方

黒にんにくの7つの効果で美魔女に変身する方法

にんにくはそもそも、滋養強壮、疲労回復、殺菌効果などさまざまな効果を持つ食品として知られていますよね。

そして、にんにくがパワーアップしたのがスバリ黒にんにく!なんと美容効果も健康効果は普通のにんにくの10倍以上というのがすごいのです!

そんな黒にんにくはアンチエイジングにもピッタリな食べ物なのです。

そこで今回は、黒にんにくに秘められたすごいアンチエイジング力と若返りに活用する食べ方をご紹介します。


黒にんにくの若返り力がヤバい!6つのうれしい効果と食べ方


1 効果はまるで魔法!黒にんにくって一体何者?


黒にんにくは普段目にしている白いにんにくを、1か月熟成してつくられた発酵食品で、色が自己発酵して黒く変色しているので、黒にんにくと呼ばれています。

黒にんにくは発酵することで、栄養成分がにんにくの10倍にパワーアップするだけではなく、敬遠されがちなにんにく独特の香りはほぼゼロになり、胃腸への刺激も少なくなるのです。

まさに女性にピッタリのパーフェクト、それが黒にんにくなのです。


2 黒にんにくが美肌キープに良い理由


体の酸化が進むと、皮膚のシミ、しわ、たるみ、抜け毛、白髪、、、、、老化に関連する症状が出てきます。

さらに代謝が下がり、体に脂肪がつきやすくなり、体型もたるみがちになります。

老化は考えただけでも憂鬱になるものですが、そこで登場するのが女性の救世主!抗酸化力を持つ黒にんにくです!

黒にんにくを食べれば、体の酸化を食い止めて、美しく健康に生まれ変わることができるのです。

黒にんにくは、にんにくを長時間熟成させることで、抗酸化作用を持つアリルシステイン、シクロアリイン増加し、その量は通常のにんにくのおよそ10倍と強力!

アンチエイジング力が半端ない黒にんにくは老化防止に欠かせない食べ物なのです!


3 体を流れる血液を黒にんにくでサラサラに


血液の循環が悪く、血管内がどろどろだと、血圧が上がったり、脂肪がたまりやすくなったり、肌荒れの原因になったりもします。

黒にんにくに含まれるアホエンとスコルジニンという成分が、血管を拡張させて流れを良くし、血の循環を良くしてくれるのです。

血液の流れが良くなることで、コレステロール低下、血圧低下、そして体の冷えを改善することができます。

血液の循環が悪くなる最大の原因は生活習慣の悪化です。

正しい食事に適度な運動、ストレスを溜めない生活、、、頭では健康維持に欠かせないことだとわかっていても、多忙だとなかなか実現できないものですよね。

そんな方のためにあるのが黒にんにく!ぜひ生活習慣病予防のためにも、黒にんにくを毎日食べる習慣を持ちましょう!


4 黒にんにくで得られるデトックス効果


黒にんにくに含まれるスコルジニンには、体内の老廃物や毒素を排出する、いわゆるデトックス効果を持っています。

老廃物が腸内に溜まったままだと、代謝が下がり、太りやすい体質になるばかりでなく、肌荒れや疲れの原因にもなります。

腸内にたまった老廃物である宿便は多い人で3㎏以上もあり、宿便を体の外に出すだけで簡単にお腹周りをスッキリさせることができます。

さらにスコルジニンは、体に取り込まれたカロリーを素早くエネルギーに変える働きも持っています。

食事でカロリーを摂っても、黒にんにくがエネルギーへと変換してくれれば、無駄な脂肪の蓄積を抑えることができます。


5 黒にんにくで疲れ知らずの体に変身できる


にんにくというと、疲労回復に効果があるというイメージがありますよね。

にんにくには、豊富なミネラル、アミノ酸、アリルシステインなどの成分が含まれており、疲労回復を促す効果があります。

アリシンは不足しがちなビタミンB1を体内に蓄積して、効率よくエネルギーとして代謝する働きがあるので、疲れを吹き飛ばして体を元気にしてくれます。

アリシンは、ふつうのにんにくよりも、熟成させた黒にんにくに多く含まれています。

また、黒にんにくには免疫力を高め、病気を予防する効果もあります。

にんにくは昔から、食中毒防止のための薬味として、また風邪薬としても用いられるなど、殺菌効果に優れた食品でした。

病は気からという言葉があるように、人間の体は疲れている時に病気にかかるものです。

疲れが溜まって来たなと自覚してからではなく、普段から黒にんにくを食べて、疲れを溜めにくい状態を作ることも大切です。


6 どれくらい食べて良いの?1日あたりの黒にんにく摂取量


食べるだけで体に良いことだらけの黒にんにく、、、気になるのはどれくらい量を食べれば良いのかですよね。

黒にんにくは、食べれば食べただけ健康美容効果が得られる、、、ということはなく、実は1日の摂取量は1片~3片が基本です。

そもそもにんにく自体が、余りにたくさんの量を食べると、胃腸に刺激を与えて、お腹を痛めたり、下痢を引き起こすこともある食べ物です。

黒にんにくもにんにくと同様に、たくさん食べると同じような思わぬ副作用に見舞わるので、気をつけるようにしましょう。

そして黒にんにくの食べ方の基本は、そのままをサプリメントのように水と摂ることです。

ただ、これでは黒にんにくのせっかくの味や風味を楽しむことができないので、黒にんにくをすりつぶしてドレッシングやタレと混ぜて、他の食べ物と一緒に摂るのがベストです。


さて、『黒にんにくの若返り力がヤバい!6つのうれしい効果と食べ方』はいかがでしたか?

にんにくがパワーアップした黒にんにくを食べることで、気になる老化を止めて、美しく若返ることができます。

さらに黒にんにくはわざわざ自作しなくても、ドラッグストアや通販で購入できるところも手軽で良いですよね。

ぜひ黒にんにくの若返り力を余すことなく体に摂りいれていきましょう!

まとめ

黒にんにくの若返り力がヤバい!6つのうれしい効果と食べ方

1 効果はまるで魔法!黒にんにくって一体何者?
2 黒にんにくが美肌キープに良い理由
3 体を流れる血液を黒にんにくでサラサラに
4 黒にんにくで得られるデトックス効果
5 黒にんにくで疲れ知らずの体に変身できる
6 どれくらい食べて良いの?1日あたりの黒にんにく摂取量


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2017 ライフスタイルNext