ミントティー効能を活かして冷えと毒素を撃退する5ポイント

ミントティー効能を活かして冷えと毒素を撃退する5ポイント

ミントティーの効能をご存知ですか?

ミントと言うとガムなどでおなじみの爽快感をイメージされますよね。

実はこのミントティーが冷え性の方や美容を気にする方々にとても評判が良いと噂になっているのです。

ミントを原料としたミントティーには、なんと冷え性予防とデトックスの効果があったんです。

クールなイメージのミントが実は冷え対策になるなんて正直驚きです。

そんなすごい効能を隠し持っていたミントティーの有効な使い道が無いかと色々探してみました。

今回はこのミントティーを使った、ペパーミントの効能を十分に活かせる活用法をご紹介します!


ミントティー効能を活かして冷えと毒素を撃退する5ポイント


1 ペパーミントの効能


ミントティーに使われるペパーミントに対してのイメージは皆さんどんなものをお持ちでしょうか?

ガムや歯磨き粉、口臭予防の成分にお菓子のアクセントと言った所でしょうか?

日本ではハッカ飴としても有名ですね。

ミントは香料などのハーブとしてお茶やお菓子にも幅広く使われています。

ペパーミントに含まれる効能をまとめてみました

ペパーミントの健康効果

  • 抗菌
  • 鎮痛
  • 鎮静
  • 消化促進
  • 免疫力アップ
  • 抗酸化作用

調べてみて解った事はミントはシソ科の仲間なのです。

シソの特徴である整腸効果や抗菌作用を併せ持つと言うのも納得です。

ペパーミントの効能

  • 美肌効果
  • 花粉症予防
  • 整腸作用
  • リラックス効果
  • 口臭予防
  • デトックス効果
  • 冷え性対策

これだけの効能が含まれていると言う事になる訳ですから、話題にならないはずがありませんね。


2 ミントティーで冷え性対策


噂の元となっているミントティーでの冷え性予防についてご紹介します。

シソには体の内部から温める保温効果があるのでシソ科の植物であるミントティーには当然のようにその効能が備わっております。

ミントには涼しいイメージがありますが、体の内部から温めてくれると手も強い味方なのです。

手足が冷えると言う冷え性に悩まされている方々にはぜひともミントティーを試していただきたいと存じます。

ミントティーによる冷え性改善の理由

  • ミントに含まれるメントールの整腸効果
  • 解毒作用により体の毒素を排除し内蔵機能を高める
  • 内蔵機能が向上する事で基礎代謝が高まる
  • 血行促進により血管が広がり手足の冷えが改善される

何故ミントティーが冷え性から守ってくれるのかが以上の事から解ります。

体の機能を正常化させる事で血液の循環を良くし、体温を上げる事で冷えを撃退してくれるのです。

冬場や夏冷えなどで体の冷えに悩まされる人はミントティーで体温を上げてみる事を試してみてはどうでしょうか?


3 ミントティーの驚くべくデトックス効果


ミントティーが話題になっている最大の理由であるデトックス効果が凄いんです。

デトックスとは体の中の溜まった毒素を体外に排出する解毒作用の事です。

ミントの効能である解毒効果がデトックス効果を高めているのです。

ミントティーによるデトックス効果の理由はこちらになります。

ミントティーのデトックス効果の理由

  • 血行促進で体の巡りが良くなる
  • 胃腸が活性化し、腸内のガスや毒素が抜ける
  • 肝臓の働きが活発化され、毒素を排出する手助けをする
  • ミントの刺激で自律神経が活発になり代謝が促進される
  • 利尿作用で体内の毒素が排泄される

体内の毒素を抜く為の要素がミントティーの効果によってこれだけ生まれるのです。

デトックスとは体の毒素、老廃物を排出する事ですから便秘解消や利尿作用も大きく影響します。

そして毒素を抜く上で腎臓の働きはとても重要なポイントです。

ミントティーの効能によるこれらの結果がデトックス効果を生み出す事を覚えておいてくださいね。


4 ミントティーのデメリット


これほどまでの効能があるとなると、逆に心配になってくるのが副作用やデメリットです。

ミントティーは薬物ではないので副作用はありませんが、人によっては腹を下したなどの前例も聞きます。

何故そう言った事が起きるのか、ミントティーのデメリットは何なのかについて考えてみましょう。

まず、ミントは腸を活発化させ、括約筋を弛緩させる効果があります。

この事から胃腸が弱ってる人や潰瘍持ちの人は気をつけるべきでしょう。

ミントはシソ科の植物の為、シソアレルギーなどのアレルギーを持つ人は避けるべきだとご忠告します。

妊娠中の女性にはつわりを和らげると言う効能がありますが、ミントの香り成分で神経性毒や子宮を作用させるものがあるので過剰に飲むのは危険です。

効果が強い分刺激も強いと言う事なのでしょう。

以上の事からミントティーを飲む時の注意点をこちらにまとめました。

ミントティーの注意点

  • 妊娠中授乳中の飲用は控える
  • 幼児の飲用は控えるか、薄めて与える
  • 下痢などの胃腸が弱ってる時は飲まない
  • 薬効効果が強い為に長期的な飲用は控える

いかに効果が高いとは言え、飲み過ぎは体に毒と言う事なのでしょう。

効能を過信して飲みすぎには注意してくださいね。


5 ミントティーのレシピ


ミントティーは一般のお店でも市販されているハーブティーです。

勝ってきて飲むのも良いのですが、どうせなら自作してしまうのも悪くありません。

今回は皆さんにミントティーのレシピを公開します。

ミントティー1杯分のレシピ

材料

  • ミントの葉:5枚
  • お湯:500ml

作り方

①ミントの葉を洗う
煎じる必要があるので水で葉をよく洗い、虫が付いていないか注意して洗う。

②葉をポットにちぎり入れる
大きめの葉は半分くらいにちぎり、小さい葉はそのままポットに入れます。

③熱湯を注ぎそのまま待つ
ポットに蓋をして濃い目やアイスティーにするなら5分ほど蒸らしますが、薄目にするならもう少し早くても構いません。

④カップに注ぎ完成
お好みでレモンや蜂蜜などを入れても良いでしょう。

ハーブティーのレシピは驚くほど簡単です。

量を増やすなら葉の枚数をとお湯の量増やせば良いだけですので各自で調整を行ってください。

冬の冷え性対策や夏場の水分補給などにもオススメですのでご自宅で作って一度お試しください。


さて、『ミントティー効能を活かして冷えと毒素を撃退する5ポイント』はいかがでしたか?

ミントに含まれる成分が冷え性予防とデトックス効果に優れているのは十分理解できた事でしょう。

しかしながら、効果が高すぎる為に刺激が強くデメリットが発生してしまうのも事実です。

ミントに含まれる神経性の毒は薬効成分でもあり、刺激物でもあるのです。

効果が高いと言えども過剰に飲用したり過信して用法を誤らないように十分注意して試していってくださいね。

今回ご紹介した内容に関連する記事として

も併せてご覧ください。

まとめ

ミントティー効能を活かして冷えと毒素を撃退する5ポイント

1 ペパーミントの効能
2 ミントティーで冷え性対策
3 ミントティーの驚くべくデトックス効果
4 ミントティーのデメリット
5 ミントティーのレシピ


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2016 ライフスタイルNext