表札の風水パワーで家運を上げる!家族に幸運を呼び込む表札の材質と色の選び方

表札の風水パワーがすごい!幸運が舞い込む表札の種類と色の選び方6つ

あなたの家の表札は、どのような素材、そして色や形をしていますか? また文字はどのように書かれているでしょうか。

そしてそれは、風水的に見てどうでしょうか?

風水のことはよく知らない、判らない、という人も多いかもしれませんが、表札は家の顔とも呼べる大切なものです。

どうせなら、運気の上がるものを使って、もっと住み心地に良い家にしてみたいですよね。

実は表札1つにも、風水が大きく関わっており、色や素材、その他のちょっとした工夫で大きく運気がアップするのです!

そこで今回は、風水のパワーを最大に引き出す表札の選び方、素材や色などについて詳しくご紹介します!


表札の風水パワーで家運を上げる!家族に幸運を呼び込む表札の材質と色の選び方


1 表札は大切なもの 風水の力で運気アップ!


表札は、その家の顔です。

最近は物騒だから、女性の1人暮らしだから、ということで、多くの1人暮らしの人はほとんど表札を出さないことが多いのですが、表札がないと「その家には主人がいない」ということになり、運気を下げてしまいます。

玄関は気を取り込む場所、そこにはきちんとした表札が必要です。

表札をかけることで、その家に大きく気を取り込んで運気を上げることになります!

「ここには、私が住んでいます!」と強調することで、運気を呼び寄せることになりますから、1人暮らしでもきちんとした表札をかけるようにしましょう。


2 運気の上がる表札の素材とは


表札の素材は、やはり木製が一番です。

住宅街を見て歩くと、木製の表札をかけている家も多い、そういえば昔から表札は木材を使っているところが多かった、と気づくのではないでしょうか。

ひのきやイチイなどの自然素材が、美しく丈夫なので、表札として向いている素材になります。

また、木材以外にも性別で運気の変わる素材もあります。

男性向きの表札の素材

  • 白系の石材
  • 白系のタイル

女性向きの表札の素材

  • ピンク系の石材
  • ピンク系のタイル
  • 白系の石材
  • 白系のタイル

石材ならば、一番良いのは大理石でしょう。


3 運気の上がる表札の色とは


さて、上記でもあげましたように、自然素材の木材は風水的にとてもよい表札の素材となります。

また、男性なら白、女性ならピンクか白も良いのですが、そのほかにももっと詳しく風水的に見てよい色をご紹介しましょう。

方角別に見た、運気の良い色

東、南東

濃紺、グレー系、緑、青、黄緑

西、北西

白、ゴールド、シルバー系、黄色、ブラウン、ベージュ系

南西、北東

黄色、ブラウン、ベージュ系

赤、ピンク、オレンジ、パープル系

濃紺、グレー系、白、ゴールド、シルバー系

これは、方角から見た風水の力をあげる色の選び方ですので、表札だけではなく家の中のインテリア、カーテンやドアの色などにも当てはめて使うことが出来ますので、ぜひ参考にしてみてください。


4 表札に書く文字はどうすればいい?


まず、名前を彫ってへこませた形のものは、「お墓」を連想させてしまいますので、風水的には運気が下がってしまいます。

業者に頼む場合、名前を入れる時は、「浮き彫り」か、もしくは「沈め彫り」を選択してください。

また自分で書く時は、苗字と名前を墨で縦書きに書くのがベストです。

ご家族で住んでいる場合も、全員の名前を書くのではなく、主人の名前だけを書くようにしましょう。

風水も取り入れたいけど、お洒落も追求したい! という人は、やはり業者に頼むのが一番良いでしょう。

こちらの希望の素材や色、名前の入れ方をきちんと伝えれば、その通りに素敵な表札を仕上げてくれる業者さんを探して、そこであなたの家にぴったりの表札を手に入れましょう。


5 取り付ける位置も大切なポイント


表札は、素材や色だけではなく、その取り付ける場所も大切になってきます。

基本的なスタイルは、風水では右側が陽の気が入ってくるとされていますので、表札は家の外から見て右側にとりつける形になります。

しかし、玄関の方角によって表札の位置もまた変わってきますので、ここでご紹介しましょう。

玄関の方角別 表札の位置

東北、あるいは東の玄関

ドアの左に、表札と外灯をつける

東南の玄関

ドアの右側に表札、その下に花の鉢植えを置く

西の玄関

ドアの左側に、大きめの表札をつける

南の玄関

ドアの右側に表札、またスポットライトをつける

南西の玄関

ドアの右側に、表札と外灯をつける

北の玄関

ドアの右側に、表札をつける

北西の玄関

玄関に向かって右側、また表札の下に観葉植物を置く

また家が洋風、和風でも取り付け方が違います。

洋風の場合、上記の取り付け方を参考にしてくだされば大丈夫です。

和風で引き戸の玄関の場合は、引き戸の上の真ん中に取り付けるのが一番良いでしょう。

また、なるべく門柱や門塀よりも、玄関やドアの横に表札を取り付けるようにしてください。


6 綺麗にすることで更に運気も上がる


どんな素材で出来た表札も、薄汚れていては陽の気は入ってきません。

乾いた布で、毎日しっかりと埃や汚れを落としてあげましょう。

また、木製でできたものはどんなに持ちが良くても、10年20年で風化してしまいます。

石材なども端が崩れてきたり、ヒビが入ってしまうこともあるでしょう。

そういう場合は、今まで家を名乗ってきてくれたことに感謝しながら表札を処分して、新しいものへと取り替えてください。

古いものをそのまま使っていては、運気を下げることになってしまいますので気をつけましょう!


さて、『表札の風水パワーで家運を上げる!家族に幸運を呼び込む表札の材質と色の選び方』はいかがでしたか?

運気の上がる要因は、素材や色だけではなく、方角によって取り付ける位置も違います。

またそこへ一工夫することも大切で、そして何よりも毎日綺麗にしておくことも運気をあげるための大切なポイントとなります。

あなたの家をあらわしてくれる大切な表札です。

ぜひ丁寧に選んで、取り付け、そして大切に飾りましょう!

今回ご紹介した内容に関連する記事として

も併せてご覧ください。

まとめ

表札の風水パワーで家運を上げる!家族に幸運を呼び込む表札の材質と色の選び方

1 表札は大切なもの 風水の力で運気アップ!
2 運気の上がる表札の素材とは
3 運気の上がる表札の色とは
4 表札に書く文字はどうすればいい?
5 取り付ける位置も大切なポイント
6 綺麗にすることで更に運気も上がる


今、あなたにオススメ

にほんブログ村 美容ブログ 30代女磨きへ

免責事項

copyright 2016 ライフスタイルNext