体の節々が痛いときに考えられる5つの病気と対処法

体の節々が痛いときに考えられる5つの病気と対処法

体の節々が痛いと感じたとき、考えられるのは何らかの病気にかかっている可能性が挙げられ、痛みの他にも様々な症状が現れます。

体の痛み以外の症状によって考えられる病気が変わるので、節々が痛いと感じたら他にも異常がないか確認することが大切です。

そして、病気が判明したら悪化させないための対処法が必要になるので、痛みに気付いたときはできるだけ安静にしてしっかり対策をしましょう。

また、どうしようもないほど酷い状態になったら、我慢せず病院へ行くことも大切になるので早めの対策が必須になります。

そこで今回は、体の節々が痛いときに考えられる病気と、悪化させないための対処法をご紹介します。


体の節々が痛いときに考えられる5つの病気と対処法


1 体の節々が痛いときに考えられる最も多い病気とは?


体の節々が痛いときに考えられる病気は風邪やインフルエンザであることが多く、痛みの他にも様々な症状が現れるので、気になる異常があったら治るまで安静にしていましょう。

体の痛み以外の症状

・咳
・熱
・寒気
・喉の痛み
・腹痛
・鼻水

風邪やインフルエンザにかかると、節々の痛みと同時に色々な症状が現れる場合が多いので、無理せず早めに休養を取ることが大切です。

特に、インフルエンザは人から人へ感染しやすい上に、悪化すると命に関わることがあるので完全に回復するまで大人しく過ごしてくださいね!


2 関節の酷使で発症する変形性関節症に注意


体の節々が痛いときの病気の一つに変形性関節症があり、特に膝や股関節に痛みを感じる場合が多いです。

変形性関節症は、骨と骨の間にあってクッションの役割をする軟骨がすり減ることで起きる病気で、痛みや腫れが発生して次第に関節の動きも悪くなっていきます。

そのため、膝や股関節などに痛みを感じたときは早めに病院へ行って治療を始めることが重要になります。

そして、変形性関節症の原因は確実な物ではありませんが、何らかの関わりがあると考えられているので、思い当たる節があったら警戒しておきましょう。

変形性関節症の原因

遺伝

家族に変形性関節症を患っている方がいると、子供も病気になる可能性があるので、体の節々が痛いときは確認してみてください。

肥満

肥満状態になっていると、関節に負担がかかって変形性関節症にかかりやすくなるので、体重が増え過ぎないように調節することが大切です。

加齢

年を取ると筋力が衰えて関節に負担をかけてしまう上に、長年使っていた軟骨がすり減っている状態になります。

職種

職種によっては特定の関節ばかり使うことがあり、長い間使用していると軟骨がすり減るスピードが上がるので注意しましょう。

特にスポーツや肉体労働、指をよく使う職業の方は変形性関節症になりやすいので、少しでも痛みを感じたら早めに病院へ行くことが大切です。

変形性関節症は年を取るほど発症リスクが高まりますが、関節を酷使し続けていると若くても痛みを感じるようになるので、負担がかかる行為をしているときは体の状態には注意してくださいね!


3 原因不明の体の痛みがある線維筋痛症とは?


体の節々が痛いと感じて病院に行ったとき、全く異常がないと診断されたら線維筋痛症である可能性があります。

線維筋痛症は中高年の女性の発症率が高く、全身に痛みを感じる他にも様々な症状が現れるのが特徴です。

線維筋痛症の代表的な症状

・全身の痛み
・睡眠障害
・腹痛や便秘、下痢などのお腹の異常
・頭痛
・頻尿

線維筋痛症の症状は人によって異なりますが、全身の痛みがほとんどのため体の節々が痛いときは、一度病院へ行って結果を確認する必要があります。

そして、痛みが襲ってくる原因は、はっきりとわかっていませんがストレスや感染症、外傷などが引き金となる可能性が高いので、体の節々が痛いときは最近大きい出来事がなかったか思い出してみましょう。

また、線維筋痛症を治療するためにはストレスや感染症などの治療はもちろん、生活習慣を見直しつつ病院で様子を見ながら治すことが大切のため、全身に痛みがある方はすぐに検査をしてもらってくださいね!



4 関節リウマチの症状とは?


体の節々が痛いときは関節リウマチであると疑うことが大切で、早めに治療を始めないと関節が動かなくなって寝たきりの状態になってしまいます。

そして、関節リウマチにも痛み以外の症状があるので、当てはまる異常があったらすぐに病院へ行って治療を始めましょう。

関節リウマチの症状

・関節の痛みや腫れ
・倦怠感
・朝に関節のこわばりを感じる
・症状が左右対称に現れる

関節リウマチは放っていると関節が破壊されてしまうので、早い段階からの治療が必要になります。

早めに適切な治療を行うと、症状の進行を遅らせることができるので、手遅れになる前に少しでもおかしいと感じたら放置しないことが大切です。

特に、朝起きてからのこわばりは関節リウマチによく見られる症状のため、節々の痛みの他にも異常があったら一刻も早く病院へ行ってくださいね!


5 風邪とインフルエンザの対処法


体の節々が痛いときに考えられる病気で最も多いのが風邪とインフルエンザで、完全に治ると痛みもなくなるので早めに回復できるように対策を行いましょう。

風邪とインフルエンザの対処法

インフルエンザ

体の痛みに加えて、風邪にしては症状が重い場合はインフルエンザであることが多く、何よりもまずは病院へ行って診断してもらうのが重要になります。

そして、処方された薬を使いつつ安静にしていることが大切のため、無理に体を動かさないようにしましょう。

風邪

インフルエンザではなく普通の風邪であった場合、安静にしているのはもちろんなるべく暖かい恰好で過ごすことが大切になります。

そして、早めに治すためには睡眠時間の確保や、定期的な水分補給で脱水症状を防ぐことが重要です。

体の節々が痛いときは水分補給や食事のために動くことすら辛いのですが、栄養が不足すると風邪の原因である菌が撃退できないので、少しでも良いので口に入れるようにしましょう。

風邪やインフルエンザから回復すると、痛みがなくなって体が軽くなるので、まずは病院で検査してもらってからしっかり休養を取ってくださいね!


体の節々が痛いときに考えられる病気で最も多いのが、風邪やインフルエンザのため病院へ行ってから回復するまで安静にすることが重要で、完全に回復したら痛みもなくなります。

そして、風邪やインフルエンザ以外にも、関節の使い過ぎで発症する変形性関節症があり、主に膝や股関節に痛みが発生しますが他の部位でも起きるので、風邪でもないのに体が痛いと感じたら病院へ行きましょう。

また、どこにも異常がないのに痛みがある線維筋痛症や、放っておくと寝たきりになってしまう関節リウマチなど、体の節々が痛いときに考えられる病気は色々あるので自己判断をしないことが大切です。

病院へ行って検査をしてもらうと、手遅れになる前に治療を始めることができるので、体の節々が痛いときは何らかの病気を疑ってくださいね!

まとめ

体の節々が痛いときに考えられる5つの病気と対処法

1 体の節々が痛いときに考えられる最も多い病気とは?
2 関節の酷使で発症する変形性関節症に注意
3 原因不明の体の痛みがある線維筋痛症とは?
4 関節リウマチの症状とは?
5 風邪とインフルエンザの対処法


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2017 ライフスタイルNext