お腹が鳴る原因と一刻も早く止めるための6つの対処法

お腹が鳴る原因と一刻も早く止めるための6つの対処法

お腹が鳴る原因といえば空腹で、特に朝食を抜いていると午前中はふとした瞬間に鳴ってしまい、恥ずかしい思いをすることがありますよね?

解決するためにはご飯を抜かないことが重要なのですが、あまりに頻繁にお腹が鳴るときは病気にかかっている場合ので注意が必要です!

そこで今回は、お腹が鳴る原因と一刻も早く止めるための対処法をご紹介します!


お腹が鳴る原因と一刻も早く止めるための6つの対処法


1 空腹時にお腹が鳴る理由


お腹が鳴る状況といえば空腹の状態がほとんどで、お腹が空いていると胃腸が収縮運動を行うので空気が圧縮されて音が鳴ります。

お腹が空くと行われる収縮運動は、エネルギーがなくなると感じた脳が胃に指示をすることで動き始め、胃に残った少量の食べものを腸へ排出して多くの栄養を摂取できるようにする運動です。

そして、収縮運動は食後6時間以降に活動的になるので、鳴りにくい状況を作り出すことが重要になります。

意識してコントロールできる運動ではないので、お腹が鳴るのが恥ずかしいという方は、頻度を減らすための対策を行ってくださいね!


2 お腹が空いていなくても鳴る呑気症とは?


お腹が空いていなくてもお腹が鳴るときは、呑気症という病気が原因の場合があり、たくさんの空気を無意識の内に飲み込んでしまう特徴があるので注意しましょう。

呑気症は別名空気嚥下症と呼ばれていて、おならの多発や痛み、胸焼けなどの症状が現れるので、原因を知って改善することが重要になります。

呑気症になる6つの原因

・ストレス
・早食い
・炭酸飲料をよく飲む
・歯を噛み締める
・猫背
・口呼吸をする癖

呑気症の主な原因はストレスで、治すためには溜まったものをしっかり発散する必要があります。

また、早食いや炭酸飲料なども呑気症の要因となるので、空腹ではないのにお腹が鳴るときは原因となる行為を意識して改善しましょう。

特に、ストレスは不安や緊張によっても増幅するので、和らげるためにもあまり気にし過ぎないようにしてくださいね!


3 お腹が頻繁に鳴る病気の種類


お腹が鳴る病気は呑気症以外にもあるので、頻繁に鳴るという方は心当たりがある症状がないか確認しましょう。

お腹が鳴る3つの病気

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群は特に異常がないのにお腹の不快感や下痢、便秘などの症状が現れる病気で、命に関わるほどの危険はありませんが完治が非常に難しいです。

ストレスが溜まると起こりやすくなる病気になるので、お腹が頻繁に鳴るときは心に負担がかかっていないか確認して、念のため病院で検査をしてもらいましょう。

逆流性食道炎

逆流性食道炎もお腹が鳴る病気の一つで、胸焼けや吐き気などの症状があり、お腹からの音がかなり大きいのが特徴になります。

原因はストレスや喫煙、暴飲暴食になるので、思い当たる行動をしていたらすぐに止めて治療するためにも病院へ行くことが大切です。

胃炎

お腹が鳴ると共に、痛みや吐き気などの症状があるときは胃に炎症が起きている場合があります。

お酒の飲み過ぎや胃に刺激を与える食べものを食べたときに起こりやすいので、あまりにも症状が酷いときは一刻も早く病院へ行きましょう。

お腹が頻繁に鳴っていると病気である場合が多く、他にも様々な症状が現れるので気になる方は早めに病院へ行ってくださいね!



4 お腹を鳴らさないための対策


空腹が原因のお腹の音は、事前に対策を行うことである程度抑えられるので、恥ずかしい状況になる前に行っておきましょう。

空腹が原因の場合にやっておきたい2つの対策

1日3食を守る

お腹は食事の回数や食べる時間が不規則な状態だと鳴りやすいので、決まった時間に3食食べることが重要になります。

特に、朝食は食べないという方が多いのですが、抜いてしまうと空腹の時間が非常に長くなるので、午前中によくお腹が鳴るようになってしまいます。

そのため、胃の収縮運動を何回も起こさないように、朝食の時間をしっかり決めて食べましょう。

水分をあまり摂らない

水分をたくさん摂っていると、消化機能が低下して食べものが残るのでガスが発生しやすくなります。

ガスが発生するとお腹が鳴ってしまうので、水やお茶は喉を潤すだけを意識して少しずつ摂るようにしましょう。

空腹の状態が続くとお腹が鳴りやすくなるので、鳴る頻度を減らすためにも3食しっかり食べることが非常に大切です。

また、水分の過剰摂取で発生するガスもお腹が鳴る原因になるので、必要以上に摂らないようにしてくださいね!


5 お腹が鳴るのを防ぐための方法


お腹が鳴りそうになったときは、鳴らさないために対処をすると抑えることができるので、今すぐ止めたいときは実践してみましょう。

お腹が鳴りそうになったときの4つの対処法

背筋を伸ばす

お腹は背中が丸まっていると鳴りやすくなるので、鳴りそうだと思ったら背筋を伸ばして音を止めましょう。

お腹を膨らませる

お腹が膨らむように空気を取り入れると、空気圧が変わって胃の働きを一時的に止めることができます。

飴やチョコを食べる

飴やチョコを食べることができるタイミングであれば、糖分が摂れるので血糖値が上がってお腹が鳴るのを防げます。

咄嗟に食べるには難しい対処法ですが、鳴りそうな時間が分かっているときは手元に忍ばせておきましょう。

背中を叩く

胃がある場所の後ろを軽く叩くと、空気を腸に移すことができるのでこっそりやりたいときにおすすめです。

お腹が鳴るときは、背筋を伸ばしたりお腹を膨らませたりすると抑えることができるので、鳴りそうだと感じたらぜひ試してみてくださいね!


6 お腹が鳴りやすい状態とは?


お腹を鳴らさないようにするためには、鳴りやすい状況を作らないことが重要になるので、改善するためにもできる所から直しましょう。

お腹が鳴りやすい2つの状況

服装

ベルトやゴムなどお腹周辺を圧迫させる服を着ていると、胃腸の働きに制限がかかってお腹が鳴りやすい状態になります。

そのため、締め付けがきつい服を着ている方は、なるべくゆとりがある服を着るようにしましょう。

休んでいるとき

胃腸の働きは体を休めているタイミングで活発に動くので、横になったり深呼吸をしたりといった自分を落ち着かせる行動をするときは気を付けましょう。

体を休ませたいときは、誰もいない場所で行うと恥ずかしい思いをしなくて済むので、人前でお腹を鳴らしたくないと思ったら一人になれる所を見つけることが大切です。

よくお腹が鳴ると悩んでいる方は、鳴りやすい状況を作っている場合があるので、服装や休むタイミングを変えてみてくださいね!


お腹が鳴る原因は空腹以外にも、病気や鳴りやすい状況を作っている場合があるので、思い当たるものがあったら改善する必要があります。

特に、病気の場合痛みや吐き気などの症状も現れるので、悪化や不安を取り除くためにも病院へ行って確認することが大切です。

そして、病気ではないと判明したら鳴るのを防ぐための対策が必要になるので、お腹が鳴る原因を知って対処しましょう。

鳴りそうになったときは背筋を伸ばしたりお腹を膨らませたりすると、一時的にではありますが止めることができるのでぜひ試してみてくださいね!

今回ご紹介した内容に関連する記事として

も併せてご覧ください。

まとめ

お腹が鳴る原因と一刻も早く止めるための6つの対処法

1 空腹時にお腹が鳴る理由
2 お腹が空いていなくても鳴る呑気症とは?
3 お腹が頻繁に鳴る病気の種類
4 お腹を鳴らさないための対策
5 お腹が鳴るのを防ぐための方法
6 お腹が鳴りやすい状態とは?


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2017 ライフスタイルNext