夜寝る前のお腹減ったときに試せる空腹を我慢する方法5選

夜寝る前のお腹減ったときに試せる空腹を我慢する方法5選

夕食をしっかり食べたにも関わらず、寝る前にお腹減ったと思ったことありませんか?

我慢できずに食べてしまうと、肥満の原因になったり体調を崩しやすい不健康な体になったりと良いことは何もありませんが、お腹減ったと思い続けていると眠れなくなってつい食べ物に手を出してしまいかねません。

「少しだけなら……」と思って一口食べてしまったら、癖になって毎日寝る前に食べてしまうという場合もあるので、就寝前の空腹を我慢できる対策をする必要があります。

そこで今回は、夜寝る前に発生するお腹の減りを我慢するための対策方法をご紹介します!


夜寝る前のお腹減ったときに試せる空腹を我慢する方法5選


1 夜寝る前にお腹が空く原因


夜寝る前にお腹が減ったと感じたとき、夕飯の食事内容に問題があった可能性があるので見直すことが重要になります。

特に、夕飯が炭水化物だけだと消化のスピードがかなり速く、寝る前には極度の空腹状態になるので食事内容には気を付けましょう。

炭水化物が多く含まれている3つの食べ物

  • ご飯
  • パン
  • 麺類

炭水化物を多く含む食べ物は、消化が速く進むのでエネルギーが欲しいときは重宝しますが、お腹に留まる時間が短いので寝る前に空腹を感じるようになります。

更に、炭水化物は血糖値を急激に上昇させ、一気に上がると下がるのも急になるため注意が必要です。

血糖値は下がるほどお腹が減ったと感じるようになるため、本当はお腹が減っていなくても食欲が出てきます。

そのため、夕食は炭水化物ばかりではなく野菜や肉類、魚なども一緒に食べるようにしてくださいね!


2 日常生活の中にある空腹の原因


寝る前の空腹は夕飯の内容だけでなく、普段の生活の中にも原因があるので、お腹が減ったと思う機会が多かったら改善することが大切です。

寝る前にお腹が空く3つの原因

テレビや雑誌に写っている料理

テレビの番組の中には、色々な食べ物を紹介する内容の放送がたくさんあり、特に夜中に見ると「今すぐ食べたいぐらい美味しそうだ」と思うことが多いのではないでしょうか?

夜に美味しそうな食べ物を見ると、食欲が刺激されて食べたくなるので空腹を感じるようになります。

そのため、寝る前に食べ物を紹介する番組を見たり、グルメ関連の雑誌を眺めていたりする方は、空腹を抑えるためにも目に入る食べ物の情報を遮断するようにしましょう。

睡眠不足

睡眠不足の状態になると脳や体を休ませることができなくなり、食欲を刺激するホルモンが1日中分泌されます。

そして、睡眠不足が続くと体調が悪くなり、脳が栄養不足だと判断してしまうので寝る前だけでなく、様々な時間帯でお腹が減ったと感じるようになります。

そのため、お腹が減ることが多いという方は、睡眠時間の足りなさが原因である可能性があるので、ゆっくり寝ていられる時間を増やしましょう。

ストレス

寝る前の空腹感はストレスが溜まっている方にも起こりやすく、イライラが募るとグレリンという空腹を増長させる成分の分泌が多くなります。

そして、グレリンはストレスを溜めるほど分泌量が増加するので、寝る前に空腹感を感じる方はストレスを発散させることが重要です。

夜中の空腹感はテレビやストレス、睡眠不足など日常生活の中で起こり得ることでも発生するので、心当たりがあったら改善していくことが大切になります。

少し改善するだけでもお腹が減ったと感じる機会が少なくなるので、寝る前の空腹に悩んでいる方はぜひ試してみてください!


3 空腹を感じさせないための時間活用法


夜寝る前の空腹感を改善するためには、食事や寝る時間帯を変えることが重要で、毎日しっかり行うとお腹が減ったと感じにくくなります。

お腹が減る前に変化させたい2つの時間

食事の時間

夜中にお腹が空く場合、食事を取る時間帯を変える必要があり、就寝の2、3時間前に終わらせるのがベストな時間です。

寝る時間より早く食事を終わらせてしまうと、お腹に溜まっていた食べ物が消化されて空腹を感じるようになるので、就寝時間よりかなり前に夕飯を終わらせてしまう方は時間帯を変更しましょう。

また、夕飯の内容が炭水化物ばかりだと更に消化のスピードが上がるので、栄養バランスを考えた食事にすることも大切になります。

寝る時間

夜遅くまで起きていると、体の機能が活動している状態のため空腹感が出てきます。

更に、夜更かしは睡眠時間を短くする原因でもあるので、睡眠不足や体調不良につながって食欲が出てきてしまいます。

生活リズムを整えて健康的な状態にすると、お腹が減ったと思うことも少なくなるので、なるべく夜更かしは避けましょう。

寝る前の空腹感は、就寝の2、3時間前に食事を終わらせて夜更かしをしなければ改善できるので、夜遅くまで起きていることが多い方は規則正しい生活に戻してみてくださいね!



4 血糖値の急上昇を避けるための食べ方


血糖値は急激に上がるほど下がるときの落差が大きくなり、低下するほど空腹を感じるようになるので、食事内容でしっかりコントロールする必要があります。

血糖値を急激に上げない2つの食事方法

食物繊維の力を借りる

食物繊維には血糖値の急上昇を抑える効果があるので、急激に下がっていくことなくゆっくり低下していきます。

血糖値の下がり具合が緩やかだと、お腹が減ったとあまり感じなくなるので、普段の食事の中に食物繊維がたくさん含まれている食べ物を入れるようにしましょう。

特に、夕飯のメニューが炭水化物ばかりになるときは、食物繊維が豊富に含まれている物も一緒に食べると満腹感が出てくるのでおすすめです。

そして、食物繊維は野菜や海藻類に多く含まれているので、ご飯や麺類が中心の食事のときはぜひ料理の一つに加えてみてください。

満腹感を持続させる食べ方

食べ物を口に入れたとき、あまり噛まずに飲み込んでしまうことありませんか?

噛む回数が少ないと、食欲を抑える成分であるレプチンの分泌が少なくなるので、寝る前にはお腹が減っている状態になります。

そして、空腹感を抑えるためには食べ物を口に入れたときは最低でも30回は噛み、なおかつゆっくり噛むことが大切です。

ゆっくり噛むと満腹中枢が刺激されて満腹感が長続きし、血糖値の急な上昇も防げるのでぜひ試してみてください。

お腹が空く原因である血糖値の急激な上昇は、食物繊維不足や噛む回数の少なさで簡単に上がってしまいます。

そのため、食事のメニューの中に食物繊維が豊富に含まれている食べ物を入れて、30回以上ゆっくり噛むと満腹感が得られて、寝る前の空腹を抑えられるのでぜひ実践してみてくださいね!


5 どうしても我慢できないときの対処法


夜中の空腹感を抑える方法を実践しても、お腹が空く可能性は十分あるので食べ物に手を出さないようにすることが大切ですが、どうしても空腹が我慢できないときもあります。

我慢できないほどの空腹は、眠れなくなるほど気になる場合が多いので寝不足にならないように対処することが重要です。

そして、我慢できないほどお腹が減ったときは水を飲んで空腹感を誤魔化す必要があり、水分を飲むと少しお腹が満たされて空腹を抑えられます。

ただし、冷たい水はお腹を冷やしてしまうので、常温の水か少し温かいと感じるぐらいのお湯を飲んでくださいね!


さて、『夜寝る前のお腹減ったときに試せる空腹を我慢する方法5選』はいかがでしたか?

就寝前にお腹が減ったと感じたとき、原因は炭水化物だけの食事だったりテレビや雑誌に載っているグルメ情報だったりと、様々な出来事が要因で発生します。

夜中に感じる空腹を抑えるためには、最初に食事の時間帯を寝る2、3時間前に設定して、夜更かしをしないことが重要になります。

そして、食事のメニューの中に野菜や肉類、魚などをバランスよく入れて炭水化物だけの状態を避けると、寝る前にお腹が減ったと思う機会が少なくなるのでおすすめです。

また、どうしても我慢できないほどの空腹を感じたときは、冷た過ぎない水を飲むと紛らわすことができるのでぜひ試してみてください!

今回ご紹介した内容に関連する記事として

も併せてご覧ください。

まとめ

夜寝る前のお腹減ったときに試せる空腹を我慢する方法5選

1 夜寝る前にお腹が空く原因
2 日常生活の中にある空腹の原因
3 空腹を感じさせないための時間活用法
4 血糖値の急上昇を避けるための食べ方
5 どうしても我慢できないときの対処法


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2017 ライフスタイルNext