30日でタバコから卒業!絶対成功できる禁煙方法5選

タイトルなし

タバコはストレス解消にはなっても、お肌にも身体にも良くはありませんよね。ですが、禁煙に失敗した経験が先立ち禁煙を諦めてしまう、、そんな悩みを抱えていませんか?

習慣とは恐ろしいもので一度ニコチン依存症に陥ると抜け出すのはとても難しいもの!お財布にも周りにも良いことはありませんよね。

そこで今回は、30日でタバコから完全卒業するための禁煙方法をご紹介します!


30日でタバコから卒業!絶対成功できる禁煙方法5選


1 タバコの害を学んで禁煙をスタートする方法


分煙が叫ばれる昨今、タバコが体に悪いという事は嫌でも耳に入ってくるようになりました。

実際身体に悪いと分かっていても、特に根拠もなく「自分はまだまだ大丈夫」だと思っていないでしょうか?

喫煙者の寿命は非喫煙者に比べて10年も短くなるという統計も出ています。
タバコにはどんな害があるの?喫煙者は長生きできない?!

身体を壊してからでは遅い、タバコの害がいかに恐ろしいものなのかを知る事自体が効果的な禁煙方法です!

そこで代表的なタバコの有害物質をご紹介します。

ニコチン

タバコを吸うことで麻薬と同じくらいの依存性物質であるニコチンが、肺から血管を通してわずか数秒で脳に達すると、快感を感じさせるドーパミンという物質が放出されます。

これが、「タバコを吸うとスッキリする」「また吸いたい」と思わせるのです。

ひどくなってくると禁断症状が出てきて、ますますタバコを吸うことがやめられなくなります。

ニコチンの恐ろしさは依存性だけではありません。

青酸性の毒物と同等の毒性があると言われており、一箱のタバコには致死量が含まれています。

多い場合は一回の喫煙で致死量の10分の1程度が摂取される可能性があり、短時間で沢山摂取した場合など急性中毒症状に陥る危険性があります。

ゴキブリやネズミなどの殺虫剤にも含まれていることから、その危険性と即効性がわかっていただけるでしょう。

このような「毒」であるニコチンを、体の持つ自然治癒力が解毒し体外に排出しようとしますが、そのために腎臓には極度の負担がかかります。腎臓病から腎不全に進行することもあるのです。

また、タバコを吸うと体温が下がりますが、これはニコチンに血管を収縮させる働きがあり、そのために血行が悪くなることでおこります。

さらに女性に限らず男性も喫煙者特有の「スモーカーズフェイス」と呼ばれる、目元や口元のしわ、たるみなど肌のハリがなくなり、老けた印象の顔になります。

タール

タバコを吸った時にフィルターや歯を茶色くするいわゆる「ヤニ」のことですが、タールの中だけでも数十種類の発がん物質が含まれています。

ニコチンのような中毒性はありませんが、ニコチンよりも強い毒性があります。

歯だけでなく、肺や喉に沈着し黒くしてしまい、一度黒くなるともとには戻りません。

例えば、喫煙室の壁が茶色く変色しベタベタしているのを見たことがあるかもしれませんが、喉や肺の内側にも同じようにタールがピタッと張り付いていて黒ずみ、発がん性物質が細胞に取り込まれ、肺がんや咽頭がんが起こります。

喉や気道に付着したタールの影響で、咳や痰が増え、肺や呼吸器の機能も低下し、呼吸困難などの原因となります。

肺の機能が低下すると、体に取り込まれる酸素の量が減り、妊娠中の方は、お腹の胎児にも悪影響があります。

ちなみにタバコにはタール含有率が1mgや5mgなどの違いがありますが、フィルターの穴の密度が違うだけで、実はタールの量は同じ!

周りの非喫煙者に吸わせている副流煙の有害物質の濃度は、フィルターを通さないので全く同じなのです。

一酸化炭素

無色、無臭、無刺激なので気がつかないことが多いですが、タバコの葉の不完全燃焼によって生じます。

血液中のヘモグロビンは、酸素と結びつくことで全身に酸素を運ぶ役割をしていますが、一酸化炭素はヘモグロビンとの結合力が二酸化炭素より非常に高く、酸素と比べると200倍以上の力で結合し、一度結合すると離れなくなります。

酸素と結合するはずのへモグロビンが一酸化炭素と結合してしまうので、酸素を体中に運ぶ働きが低下し、結果的に酸欠を引き起こします。いわゆる一酸化炭素中毒です。

タバコを吸いすぎると気持ち悪くなる場合がありますが、運動能力が低下したり、持続的な運動ができなくなるのもこのためです。

喫煙の頻度が多い場合は慢性的な酸素欠乏状態となり、赤血球が増えるなど、動脈硬化を促進する原因となります。

タバコの煙にも1〜3%含まれているので、周りの非喫煙者の方にも影響を及ぼします。一酸化炭素は車の排気ガスに含まれており、窒息の原因になります。


2 喫煙の誘惑に打ち勝って禁煙を成功させる方法


禁煙ブームの昨今では、喫煙者のイメージは「意思が弱い」「口臭が臭い」「無神経」といったネガティブなものが多く、タバコを吸わない人の方がおしゃれで大人と思われる風潮があります。

初めてタバコを吸った時のきっかけを思い出してみましょう。

「周りから格好いいと思われたい」「友達がみんな吸っている」など、今となってみれば大した理由はなかったのではないでしょうか。

特別な理由もなく吸い始めて、今もまだ吸い続けている理由はどうでしょう?

タバコを吸う事のメリットというと、イライラやストレスの解消が主ではないでしょうか。

しかし、実はこの「スッキリ感」はニコチンによるドーパミン放出のために感じるわけで、言い換えると、このために「また吸いたい」と思う依存が強くなるのです。

喫煙によるスッキリしたような感覚は、脳神経作用による錯覚で、実は数分しか持続しません。

しかし一旦取り込んだニコチンの成分は体外に排出されるのに30時間かかります。

禁煙が辛いのは最初の3日と言われる所以がこれなのです!

その後だんだんニコチンによる禁断症状が弱くなって行き、だいたい3週間でほぼ消えます。

たった3週間を耐え抜ければ、この先の一生が、タバコによるデメリットから解放されるのです。

つまり、たった数分間のメリットを得るために喫煙して、結局は残りの一生続くデメリットを引き起こしていると言えます。

一方、禁煙した場合のメリットは挙げていればキリがないほどたくさんあります!

こんなにある!禁煙のメリット

食事が美味しくなる

タバコを吸っていると嗅覚と味覚が鈍くなることをご存知でしょうか?

食事中はタバコを控えていたとしても、喫煙習慣があるとどうしても味覚と嗅覚が弱くなり結果として食事は美味しく感じられなくなります。

「禁煙すると太る」という方も多いですが、普通に運動をしていれば急激に太ることはありません。

喫煙者は運動能力が低下するため、日常的に運動をしていない人が多いですが、禁煙をきっかけに簡単な運動をはじめましょう

時間が有効に使える

タバコを吸っている時間はもちろんですが、外でタバコを吸える場所を探すのも一苦労する時代になりましたよね。

禁煙に成功すれば、吸う場所を探したり、吸いに行く時間を簡単に節約することができます。

息抜きとして喫煙していた方は、別の方法でドーパミンを放出させることで、吸いたい気持ちを紛らわせましょう。

一番効果的なのは、間食、ゲーム、漫画、テレビなど何かに集中することです。

コミュニケーションする相手を選ばない

以前は当たり前のように人前で吸うことができましたが、最近では「吸っても良いですか?」の一言が常識になってきましたよね。

なかなか「控えて下さい」と言えずに我慢している場合も少なくありません。

相手の我慢の上で喫煙をできたとしても、相手からもたれる印象はよくありませんので、やはり吸わないことが一番です。

また、喫煙所内での喫煙者同士の会話を重視する方もいますが、健康、お金、時間を犠牲にして限られた相手のみと会話することが、そんなに重要でしょうか。

オフィス内で資料を前に効率よく同僚と話したり、きれいな空気の環境で愛する家族や恋人と楽しく会話することとどちらが大切でしょうか。

肌や髪、健康に良い

喫煙によって白髪が増えたり、顔の血色が悪くなったり、皮膚のハリがなくなって、実年齢よりも10歳ほど老けて見えることはよく知られています。

禁煙することにより、髪や肌の状態が元に戻ってくるので、それだけで若返って見えます。

また喫煙者特有の口臭、体臭は、本人にもストレスになりますが、周りの人にはとても迷惑ですね。

禁煙して匂いのストレスから解放されると、印象も良くなり、想像以上に気が楽になります。

そしてやはり健康面が改善されることが禁煙の一番のメリットと言えるでしょう。

気になっていた症状の改善はもちろん、快眠、体力・免疫力アップで、生まれ変わったように元気になれます。

禁煙すると、生命保険の保険代が安くなるのも嬉しいですね。

部屋がきれいになる

タバコのヤニで黄色くなった壁、照明器具、家具など、ネバネバしていてなかなか取れない汚れに手こずってきたことでしょう。

禁煙後はそんな大変なお掃除からも解放されます。

またタバコの不始末による火災は出火原因の第2位ですが、禁煙するとそんな危険も無くなります。

荷物も出費も減る

ポケットにタバコとライターを入れてパンパンに膨れている人が多いことでしょう。

携帯灰皿も持ち歩いているとなおさらかさばりますね。

禁煙するとポケットもスッキリして、さらに禁煙することで無駄な出費が減ってお財布にも良いですよね。

禁煙して1ヶ月ほど経つと禁断症状もほとんどなくなり「もう大丈夫」と思えてくることでしょう。

ただし、ここで油断は禁物!お酒の席や仕事のストレス、人間関係のストレスなどから、つい「一本だけ」と気が緩みがちです。

禁煙に失敗する人が多い中、成功すると「自分は意思が強い!」と大きな自信になります。

ぜひ禁煙のメリットを考えていただき、タバコを吸い続けるか辞めるか、しっかり考えるようにしてくださいね!


3 気分転換の習慣化で禁煙を永続させる方法


喫煙によるリフレッシュから、他のリフレッシュ方法にシフトしてみましょう!

ポイントはちょっとしたことでも良いので、タバコの様に手軽に行える方法が望ましいですよ!

そこでタバコに頼らない気分転換方法をご紹介します。

タバコに頼らない気分転換方法の例

  • タバコを吸いに行くタイミングをウォーキングタイムに変える
  • タバコを吸う代わりにおやつを食べる
  • 歯磨きをする
  • ランチ・ディナーで何を食べるか考える
  • 禁煙で得られる健康、金銭的メリット、家族への影響を考える

気分転換といっても、何か用意する必要もないので気軽にできますよね。

ぜひイライラが溜まってきたら、気分転換になりそうなものを試してみてくださいね!


4 周りを味方にしてタバコから卒業する禁煙方法


自分の意志の力だけで禁煙を成功させる、、、、これってなかなか難しいですよね。

そこで周りの人に禁煙を始めたことをアピールすることで、自分の逃げ場をなくして禁煙へと追い込む方法をお薦めします!

周りを巻き込んで禁煙を成功させる方法

  • 家や職場の人にタバコを辞めたことを宣言する
  • 身の回りから灰皿、ライター等を撤去する
  • 「禁煙生活〇日目」であることを毎日アピールする
  • タバコを辞めたい人と一緒に禁煙に取り組む

上手く周りの人を巻き込むことができれば、周りの人から喫煙に誘われることもなくなりますし、自分への甘えを抑えやすくなります。

ぜひ積極的に禁煙アピールをしていきましょう!


5 意外に低コスト!禁煙外来でタバコを辞める方法


喫煙は現在健康保険上、ニコチン依存症として扱われており、健康保険を適用してタバコを卒業することができることをご存知でしょうか?

何をやっても禁煙できない場最後の手段は、ズバリ禁煙外来に行くことをお薦めします!

ただ、どのような治療方法があるのか、コストはどれくらいかかるのか不安ですよね?

そこでリーズナブルに健康保険を上手く使った禁煙方法をご紹介します。

健康保険をフル活用して禁煙を成功させる方法

貼り薬による治療

ニコチンを外部から補う事で、タバコへの誘惑を軽減します。
段階を得てニコチン量を減らしていくことで、ニコチン依存症からの完全脱却を目指す方法です。

ニコチンを含まない飲み薬による治療

ニコチンを含まない飲み薬にはニコチン軽減時の症状の緩和の他、タバコを吸ってもおいしいと思わなくなるような成分が入っています。


禁煙外来での治療費は期間にもよりますが、一般的に8〜12週間で13,000円〜20,000円ほど1日あたりに換算すると240円程度ですので、1日のタバコ代より安いですよね。

たくさんのニコチン依存症患者を治療してきた医師によるアドバイスも併せてもらえるのも、禁煙外来のメリットです。

医師にかかるというと面倒だと考えがちですが、少しの手間とコストで禁煙が成功するのであれば選択肢としては有りですよね。

何をやっても上手くいかない場合は、ぜひ一度病院へ相談に行ってみましょう!


さて、『30日でタバコから卒業!絶対成功できる禁煙方法5選』はいかがでしたか?

タバコの有害物質はニコチンなど、現在判明しているだけで200種類以上あり、そのうち発ガン性物質はなんと60種類もあります。

タバコの害は喫煙者本人だけにとどまらず、周りの非喫煙者の人にも副流煙という形で摂取させてしまいます。

昨今利用者が増加傾向にある加熱式タバコや電子タバコもありますが、普通のタバコより副流煙などの配慮はできるかもしれませんが、健康のことを考えるのであれば、キッパリと禁煙するのが良いですよね。

ぜひこの機会に完全禁煙に向けて一歩一歩、できることから取り組むようにしていきましょう!

まとめ

30日でタバコから卒業!絶対成功できる禁煙方法5選

1 タバコの害を学んで禁煙をスタートする方法
2 喫煙の誘惑に打ち勝って禁煙を成功させる方法
3 気分転換の習慣化で禁煙を永続させる方法
4 周りを味方にしてタバコから卒業する禁煙方法
5 意外に低コスト!禁煙外来でタバコを辞める方法


今、あなたにオススメ

にほんブログ村 美容ブログ 30代女磨きへ

免責事項

copyright 2016 ライフスタイルNext