男子のハートを射抜く!透明感のあるメイク術5つ

Maddison
Matthew Kenwrick

くすみのない透明感のある肌って、女性の憧れ!女性だけでなく、男性にとっても透明感のある肌の女性は魅力的に映るものですよね。

もし透明感あふれる肌がメイクで叶うとしたら、、、試してみたいと思いませんか?

「地黒だから、、、」「肌が汚いから、、、」と諦める前に、透明感はメイクで作り上げましょう!

そこで今回は、メイクが苦手な女子でも簡単にできる、モテメイクの具体的な方法をご紹介します。


男子のハートを射抜く!透明感のあるメイク術5つ


1 メイクのノリを大幅UP!綺麗を保つメイク前の頭皮マッサージ法


「顔がむくんで、メイクのノリがイマイチ、、、」なんてことはありませんか?

そんな時には、メイク前のひと手間でむくみを解消して、メイクのノリを良くする方法を試してみてはいかがでしょうか?

そこで、メイクのノリを改善するための頭皮マッサージの方法をご紹介します!

お手軽!頭皮マッサージの方法

用意するもの

・面の広いヘアブラシ

マッサージの方法

①襟足から頭頂部に向けて、地肌を軽く刺激するように髪を数回とかします。
②こめかみから頭頂部に向けて地肌を軽く刺激するように髪を数回とかします。
※このとき左右両方共行いましょう。
③前髪の生え際から頭頂部に向けて、地肌を軽く刺激するように髪を数回とかします。
④髪全体を上から下にとかして、髪形を整えます。

頭皮マッサージの注意点

下から上に引き上げるように、痛すぎないような力加減で行うようにしましょう。

顔の皮膚な頭皮とつながっているため、ブラッシングによって血行促進、さらに頭皮を引き上げることによって、顔のたるみを解消することができます。

頭皮に刺激を与えると顔のむくみが自然に取れ、小顔効果も期待できますので、毎日の習慣にしてくださいね!


2 メイク初心者でも簡単!BB×パウダーで透明感のある肌を手に入れる方法


「透明感のある肌には、下地からしっかりベースメイクをしなければ、、、」なんて思い込んでいませんか?

実は透明感のある肌は、時短で話題のBBクリームとフェイスパウダーで、誰でも簡単に作れてしまうのです!

BBクリームは日焼け止めと化粧下地、ファンデーションの機能が一つになっていますので、BBクリームだけでベースメイクが完了できる、時短メイクにもぴったりのアイテムなのです。

また、メイクの仕上げに欠かせないフェイスパウダーは、仕上がりを美しくするだけではなく、化粧持ちを良くしてくれる効果もあります。

それぞれのメイク化粧品の特長を活かし、相乗効果を得るためには、正しいメイク方法でメイクすることが大切です。

そこで、透明感のある肌を手に入れるためのBB×パウダー活用法をご紹介します。

透明感のある肌を手に入れるためのBBとパウダーの活用法

用意するもの

・BBクリーム
・フェイスパウダー

方法

①小豆くらいの量のBBクリームを手に取ります。
②手に取ったBBクリームを、額・両頬・鼻・あごの計5点に均等に置きます。
③額・両頬・あごに置いたBBクリームを伸ばしていきます。
④鼻のBBクリームを伸ばします。
※ヨレを防ぐために、細部まで丁寧になじませるのがコツです。
⑤スポンジを使って、BBクリームをなじませます。
※スポンジが余計なクリームや油分を吸い取ってくれるので、ムラのない仕上がりになります。
⑥フェイスパウダーを顔の中心から外側へとつけます。
⑦最後にフェイスブラシで余計な粉を落とします。

適量のBBクリームを顔全体にムラなく伸ばすことで、化粧崩れを防ぎ、美肌効果がアップします。

毛穴の多い鼻は、BBクリームを後から伸ばすことで、適度に硬いテクスチャーとなり、毛穴をしっかりとカバーしてくれますよ。

さらに、小鼻の脇など塗りムラができやすい箇所は、スポンジの角を使うと綺麗に仕上がります。

フェイスパウダーの付け過ぎは厚塗りの印象を与えかねませんので、化粧崩れ防止のためにも余分なパウダーを落とすひと手間を忘れないようにしましょう。


3 隠し過ぎは禁物!厚塗り感のないコンシーラーの選び方


「シミや吹き出物が気になるから、、、」といって、コンシーラーを使い過ぎていませんか?

部分使い用のファンデーションとも言われるコンシーラーは、シミやクマといった様々な肌の悩みをひと塗りでカバーしてくれる心強いアイテムですが、コンシーラーを厚塗りしてしまうと、逆効果になってしまうこともあります。

適材適所でカバー効果抜群!コンシーラーの種類と特徴

ペンシルタイプ

油分が少なく硬いため、小さなシミなどをピンポイントで、しっかりカバーできます。

スティックタイプ

密着力が高いため、シミや吹き出物のカバーに向いています。

クリームタイプ

しっとりとした質感、仕上がりにツヤが出るのが特徴です。
広範囲、目元にも塗りやすいので、大きなシミやクマに向いています。

リキッドタイプ

伸びの良さはクマ隠しに最適です。
カバー力は低めですが肌馴染みが良いので、リキッドファンデーションのように使うことができます。

カバー力を重視する場合は、水分の少ないペンシルタイプかスティックタイプがおすすめです。

クリームタイプは、カバー力はもちろん使い勝手の良さでも定評があり、コンシラー初心者の方や厚塗りになりがちな方にぴったりです。

コンシーラーの種類に加え、肌悩みに合わせた色選びで、カバー効果がさらにアップします。

肌悩みに合わせコンシーラーの色選び

シミ

色が浮かないように、ファンデーションより少し暗い色を選びましょう。

クマ

青クマには肌に馴染むオレンジ、茶クマには暗い色を消すイエローを使いましょう。

吹き出物

赤みがあればグリーン系がオススメです。
ファンデーションより、少し明るめの色を選ぶと自然に仕上がります。

餅は餅屋というように、コンシーラーは使い分けることで、肌悩みを自然にカバーすることができますので、ぜひ自分にぴったりのものを見つけてくださいね!


4 自然な血色で艶めく肌に!ふんわりチークのポイント3つ


「30歳を過ぎたら、チークなんて、、、」というように、大人になってから、チークを避けていませんか?

ですが、実は30~40代のチークは、血色を良く見せるためにも、透明感を出すためにも、とても重要なアイテムなのです!

そこで、透明感を出すためのチークの選び方と使い方のポイントをご紹介します!

チークの選び方と使い方のポイント3つ

ブラシは大きめを選ぶ

3cm程度の、大きめチークブラシを使うことで、自然に、ふんわりと仕上がります。

色はオレンジ~ピンク

血色を良く見せ、くすみ対策にも、効果があります。

高い位置にのせる

頬骨よりも、少し高い位置に、チークをのせることで、ハリのある肌に見えますよ。

チークが浮いてしまうのが気になる方は、仕上げに指の腹を使って軽くポンポンとなじませてみて、それでも濃いと感じる時は、スポンジで押さえて拭き取れば自然な仕上がりになります。

大人の女性こそ、チークを使って透明感のある艶やかなメイクに仕上げましょう!


5 これさえあれば、透明感MAX!最終兵器ハイライト


メイクをする時に、ハイライトを使っていますか?

実はこのハイライト、透明感を出すためにどんなメイクアイテムよりも、効果的に働いてくれるのです!

そこで、透明感を最高に引き上げる、ハイライトの使い方をご紹介します。

ハイライトの効果的な使い方

用意するもの

・大きめのフェイスブラシ

やり方

①フェイスブラシに、ハイライトをとり、手の甲で、余分な粉を落とします。
②鼻先は避け、鼻筋までのTゾーンに、ハイライトを入れます。
③目尻の下の、頬骨の高い位置、チークより、少し高い部分に、ハイライトを入れます。
③あごの先に、狭く、ハイライトを入れます。

初めてハイライトを使う場合には、パウダータイプのハイライトを選ぶと、ギラギラしすぎず使いやすいので、覚えておいてくださいね!


透明感のある肌を、手に入れるためには、ケバケバしいメイクではなく、ナチュラルな美肌と、ふんわりとした血色をもたらすメイクが必要不可欠です。

今回は、メイクについてご紹介しましたが、肌だけでなく瞳や歯を白く保つことも、透明感を増すためには効果的です!

男性からも、そして女性からも好印象の透明感のあるメイクで、気になる男子のハートをガッチリ掴むようにしましょう!

今回ご紹介したメイクに関連する記事として

も併せてご覧ください。

まとめ

男子のハートを射抜く!透明感のあるメイク術5つ

1 メイクのノリを大幅UP!綺麗を保つメイク前の頭皮マッサージ法
2 メイク初心者でも簡単!BB×パウダーで透明感のある肌を手に入れる方法
3 隠し過ぎは禁物!厚塗り感のないコンシーラーの選び方
4 自然な血色で艶めく肌に!ふんわりチークのポイント3つ
5 これさえあれば、透明感MAX!最終兵器ハイライト


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2017 ライフスタイルNext