アイライン不要!奥二重をキレイに魅せるナチュラルメイク5つのコツ

Angel by Lopshire

「二重なのに一重に見えてしまう、、」「不機嫌でキツい印象に見られる、、」「いつも眠そうに見えてします、、」なんとかパッチリ目にしたくても、まぶたに二重が隠れてしまう奥二重さんにとっては悩みの種は尽きませんよね。

少しでも目を大きく見せようと、頑張ってアイメイクをしているにもかかわらず、キレイな女性芸能人のようになかなかキレイに魅せることができないのは、黒のアイラインを引きすぎて逆効果になっているのかも!

実は黒のアイラインを使わずに、奥二重の人気女優さんのようなナチュラルメイクにすることができるのです!

そこで今回はアイライン不要で奥二重をキレイに魅せるナチュラルメイクの5つのコツをご紹介します。


アイライン不要!奥二重をキレイに魅せるナチュラルメイク5つのコツ


コツ1 奥二重の良さを再確認してメイクのコツを掴む


奥二重でお悩みの方は、奥二重のマイナス部分ばかりに気を取られて、奥二重の長所が見えなくなっていませんか?

実は、奥二重は日本人女性に多いまぶたで、今をときめく多くのあの人気女優さんや人気タレントさんも奥二重なのです!作品の役柄にもよりますが、どの方もバッチリメイクというよりは、ナチュラルメイクで美しい印象を漂わせています。

奥二重でもこんなに美しい!女性芸能人

  • 綾瀬はるかさん
  • 水川あさみさん
  • 伊藤歩さん
  • 笛木優子さん
  • 天海裕希さん
  • 黒木メイサさん
  • 麻生久美子さん
  • 吉瀬美智子さん
  • 三浦理恵子さん
  • 永作博美さん
  • その年齢に見えない!という可愛らしい方もいらっしゃいますよね。キリっとした一重寄りの切れ長目で、東洋美人の雰囲気を持つ奥二重の良さを再確認し、彼女達のようなナチュラルメイクにシフトしてみましょう!


    コツ2 芸能人みたい!ナチュラルメイクはベースが決め手!


    素敵な奥二重の女性芸能人に少しでも近づけるようなナチュラルメイクをマスターするためには、何といってもベースメイク、つまり肌の色をどう仕上げていくかが重要になります!

    自分の肌の色に近い色を使うことで、全体的にナチュラルな仕上がりになるので、黒系のアイラインを引かなくても奥二重の目をキレイに魅せることができますよ!

    芸能人みたいに仕上げる!ナチュラルベースメイクのコツ

    ファンデーションの選び方

    ファンデーションは自分の肌の色に近いトーンを選ぶ

    ファンデーションの使い方とコツ

    1. 手の甲などに乗せて、肌の温度と同じくらいになるまで数秒放置して伸びやすくしておく
    2. 少しずつ薄く伸ばしていき、塗る前と肌の色に大きな差がなく、ツヤ感だけが残るように仕上げる

    コツ3 ジェルライナーがおススメ!ナチュラルシャープに魅せるコツ


    パッチリ目を作ろうとして、いつも黒系のアイラインを引いていませんか?

    ナチュラルメイクで、奥二重をキレイに魅せるためには、黒いアイラインではなく、薄いブラウン系のジェルライナーの使用をおススメします。

    ジェルライナーは、ペンシルタイプのアイライナーと違って、にじまずに長時間キープさせることができる長所があります。

    ナチュラルシャープに魅せる!ジェルライナーテクニック

    ジェルライナーの選び方

    薄いブラウン系の極細ジェルライナーを選ぶ

    ジェルライナーの使い方とコツ

    1. まつ毛の生え際を埋め込むように描いていく
    2. 目尻側1/3を目安に、目の形に沿って水平に2~3mmオーバーして描く

    目元をパッチリに見せたいときには、薄いブラウン系のジェルライナーではなく、黒のジェルライナーもおススメです。

    ジェルライナーは、気分に合わせて色の使い分けもできますので、ベースの薄いブラウン系に加えて、お気に入りの色を試してみましょう。


    コツ4 アイシャドウ使いで、切れ長にもキュートにも魅せる!


    ジェルライナーで作りだしたシャープな目元をよりキレイに魅せるために、アイシャドウのテクニックによって、まつ毛とジェルライナーとの隙間がきれいになじんで美しくなります。

    また、明るめのアイシャドウでまぶたをトーンアップして広く見せることで、奥二重の目を自然に大きく見せ、若々しい目元をつくり出すことができます。

    パールは強めよりも控えめタイプにするとまぶたがはれぼったくなりません。涙袋にも同じ色のアイシャドウを乗せれば、キュートな印象に仕上げることもできます。

    切れ長にもキュートにも魅せる!アイシャドウテクニック

    アイシャドウの選び方

    ライトベージュや薄いブラウン系のアイシャドウを選ぶ
    ※パールは控えめなものを選ぶ

    アイシャドウの使い方&コツ

    1. まつ毛とジェルライナーの間をアイシャドウで埋めるように乗せる
    2. 涙袋を強調するように、同じ色のアイシャドウを下まぶたにもチョンチョンと乗せるとキュートな印象になります!

    コツ5 パッチリ目の秘訣はまつ毛!マスカラテクニック


    黒のアイラインを使わずに、明るめのジェルライナーとアイシャドウだけで、若々しく可愛らしい印象を作ることができましたが、パッチリ目にするには、マスカラを上手に使ってまつ毛を強調することがポイントになります。

    不自然に見えないように、マスカラ下地で整えてからマスカラを塗ると長時間カールをキープできますよ!

    奥二重でパッチリ目を作れる!マスカラテクニック

    マスカラの選び方

    長めのコームタイプのマスカラを選ぶ

    マスカラの使い方&コツ

    1. マスカラが密着して、くるんと上向きになるように、初めにマスカラ下地を塗っておく
    2. マスカラを使って目尻側を中心に、根元からしっかりと塗る
    3. マスカラを縦にして、下のまつ毛にも塗る

    さて、『アイライン不要!奥二重をキレイに魅せるナチュラルメイク5つのコツ』はいかがでしたでしょうか?

    奥二重の悩みを解消しようと、黒系のアイラインやアイシャドウばかりを使用していても、メイク部分が皮膚の内側に隠れてしまって効果がイマイチだったお悩み、、それが明るめのブラウン系ジェルライナーやアイシャドウ、マスカラのしっかり塗りで、はれぼったくならないパッチリ目元になり、黒系アイラインなしでも奥二重をキレイに魅せることができるのです!

    奥二重でも、自然体で美しく素敵な女性芸能人の皆さんのように、自分に自信が持てるナチュラルメイクのコツを試してみてくださいね!

    まとめ

    アイライン不要!奥二重をキレイに魅せるナチュラルメイク5つのコツ

    コツ1 奥二重の良さを再確認してメイクのコツを掴む
    コツ2 芸能人みたい!ナチュラルメイクはベースが決め手!
    コツ3 ジェルライナーがおススメ!ナチュラルシャープに魅せるコツ
    コツ4 アイシャドウ使いで、切れ長にもキュートにも魅せる!
    コツ5 パッチリ目の秘訣はまつ毛!マスカラテクニック


    今、あなたにオススメ

    にほんブログ村 美容ブログ 30代女磨きへ

    免責事項

    copyright 2016 ライフスタイルNext