腕がつる原因と痛みを緩和するための方法6つ

腕がつる原因と痛みを緩和するための方法6つ

足がつるという経験は誰しもありますが、実は腕にも筋肉がついているので足と同じようにつることがあります。

腕がつったときも非常に痛く、緩和するためには腕がつる原因を知ってつらないように対策をすることが大切になります。

腕がつる原因は日常生活の中に潜んでいたり、加齢による物だったりするので、心当たりがあったら痛みを緩和するためにも改善しましょう。

そして、腕がつったときは何らかの病気のサインである可能性もあり、放っていると心臓や腎臓に負担をかけてしまうので、頻繁に腕がつるという方は病気を疑うことが重要です。

そこで今回は、腕がつる原因と考えられる病気、痛みを緩和する対策方法をご紹介します!


腕がつる原因と痛みを緩和するための方法6つ


1 腕がつったときは温度差に注意


腕がつる原因の一つに急な温度変化があり、突然寒くなると血行が悪くなって筋肉が収縮します。

筋肉が収縮すると痙攣を起こして腕がつりやすくなるので、家の中と外の温度に差が現れやすい冬は特に注意しましょう。

体の冷えは暖かい恰好をすることでカバーできるので、外出時はなるべく温度差を感じさせないようにして腕をつらせないことが大切です。

そして、冷えは冬だけでなく、夏でもエアコンや冷たい飲み物を飲むことで発生するので、腕がつりやすいという方は体の冷えに気を付けてくださいね!


2 栄養不足でも腕がつる理由


腕の血行不良は寒さだけでなく、栄養不足でも発生するので偏った食事をしていたら見直す必要があります。

毎日偏った食事を取っていると必ず不足する栄養素が出てきて、次第に血液がドロドロになって血の流れが悪くなるので気を付けましょう。

更に、水分不足による脱水症状でも腕がつる原因になるため、定期的に水を飲んで予防することが大切です。

特に、夏場は非常に暑いので脱水症状が起こりやすく、加えて熱中症にもかかりやすくなるため水分補給は欠かせません。

食欲不振による栄養不足も起こる可能性があるので、栄養と水分は腕のつりを予防するためにもしっかり摂取してくださいね!


3 老化現象にも要注意


腕がつるときは筋肉の機能が悪くなっている証拠であり、老化現象の一つでもあるので高齢の方は気を付けることが大切です。

年を取ると様々な身体機能が衰え、腕だけでなく足もつるようになるので、慢性化させないための対策が必要になります。

高齢になると様々なことが原因で腕がつるようになるので、心当たりがある状態があったらできるだけ改善するように努めましょう。

高齢による腕がつる4つの原因

  • 加齢による筋肉量の減少
  • 脱水症状
  • 動脈硬化
  • 薬の副作用

上記の4つは年を取ると発生する確率が高まるので、思い当たる節があったら病院へ行って相談することが重要になります。

そして、脱水症状のように水分不足が原因で腕がつる場合、小まめに水を飲むことで改善ができるので、あまり水を飲まないと感じていたら定期的に飲むようにしてくださいね。



4 腕がつったときに考えられる病気


腕がつる原因は日常生活の中で起こることだけでなく、病気が原因で発生する場合があるので、頻繁に腕がつるという方は気を付けましょう。

腕が頻繁につるときに考えられる3つの病気

動脈硬化

動脈硬化は名前の通り動脈が硬化する病気で、発症すると血管が狭くなって血液の流れが悪くなります。

放置していると心臓や脳につながる血管が塞がれて、心筋梗塞や脳梗塞など命に関わる病気に発展するので、頻繁に腕がつるという方は動脈硬化が起きていないか検査してもらう必要があります。

また、動脈硬化は腕だけでなく、足がつったりしびれたりといった症状も引き起こすので、つる回数が増えたら手遅れになる前に病院へ行きましょう。

糖尿病

糖尿病による症状は頻尿や喉の渇きなど色々ありますが、神経に異常を起こす糖尿病神経障害があります。

糖尿病神経障害は腕や足がつったり、しびれが発生したりするので糖尿病を患っている方は注意しましょう。

また、突然腕がつることがあるので物を持っているときは、なるべく落とさないように慎重に取り扱ってくださいね。

腎不全

腕がつるときは栄養不足も関係していますが、腎不全によって腎臓の働きが鈍くなると、栄養バランスが崩れて腕がつりやすくなります。

腎臓は血液内にある老廃物や塩分を尿として排出させますが、腎不全になると体に必要なミネラルを吸収できなくなって腕のつりにつながります。

腕が頻繁につるときは何らかの病気を患っていると考えられるので、何度もつるようなら病院へ行って検査を受けましょう。

病気ではないと思い込んで放置していると命にも関わってくるので、体に少しでも違和感があったら気を付けてくださいね。


5 腕をつらないようにする予防法


腕がつると足と同じように痛みを感じますが、あらかじめ対策をすると回避できるので実践しましょう。

腕のつりを減らす予防法

血行促進

血の巡りが悪いと腕がつりやすくなるので、暖かい恰好をしたり軽い運動をしたりして改善しましょう。

栄養や水分を摂る

栄養が不足すると血液がドロドロになって詰まりやすくなり、加えて腕もつりやすくなるので血行も悪くなります。
水分不足による脱水症状でも腕がつるので、偏った食事は避けて小まめに水分を補給しましょう。

腕に急激な負荷をかけない

腕を使った運動を始めるとき、急に激しい動きをすると負荷がかかって腕がつってしまいます。

そのため、運動を始める前は軽い準備運動をしてから始めることが予防法になります。

また、運動をした後は筋肉が疲れている状態のため、腕をつる確率が上がっているので気を付けましょう。

あらかじめ対策をやっておくと腕をつる確率を減らせるので、腕がつりやすくて悩んでいる方はぜひ予防法を実践してみてください!


6 腕の痛みを緩和する方法


腕をつったときは激しい痛みを伴うので、和らげるための対策をする必要があります。

腕の痛みを和らげるための方法

体の緊張を解く

腕をつった瞬間は、あまりの痛さに体が強張っていて筋肉が緊張している状態です。

体が緊張しているとなかなか痛みが引かないので、深呼吸して心身ともにリラックスさせましょう。

楽な姿勢を見つける

腕がつったときの姿勢だと痛みが引きにくいので、和らげるためにも楽だと思う体勢に変えることが大切です。

そして、楽な体勢を見つけた後はしばらく安静にすることが重要で、患部をマッサージしてしまうと状態が悪化する可能性が高くなるので気を付けましょう。

腕をつったときは基本的に、安静にして無理に動かさないことが重要になりますが、患部を温めると更に治りが早くなるのでぜひ試してみてください!


さて、『腕がつる原因と痛みを緩和するための方法6つ』はいかがでしたか?

腕がつると激しい痛みに襲われてしまいますが、原因は寒暖差や栄養不足など日常生活の中に潜んでいることが多いので、予防のためにも思い当たる節があったら改善することが大切です。

更に、年を取るにつれて筋肉量が減少したり動脈硬化が起こったりと、腕がつる要素が増えていくので日頃から血行を改善して適度な運動を行いましょう。

そして、腕がつる現象は体を温めて栄養をしっかり摂取すると予防できますが、糖尿病や腎不全などの病気を患っても発生するので、頻繁につってしまうという方は病院へ行って相談することをおすすめします。

また、腕がつるのは年齢関係なく起こり得るので、痛みを感じたらまずは安静にして和らぐまで無理に動かさないようにしてくださいね!

今回ご紹介した内容に関連する記事として

も併せてご覧ください。

まとめ

腕がつる原因と痛みを緩和するための方法6つ

1 腕がつったときは温度差に注意
2 栄養不足でも腕がつる理由
3 老化現象にも要注意
4 腕がつったときに考えられる病気
5 腕をつらないようにする予防法
6 腕の痛みを緩和する方法


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2017 ライフスタイルNext