玉ねぎの食べ過ぎが原因で起こる体の不調と改善するための方法7つ

玉ねぎの食べ過ぎが原因で起こる体の不調と改善するための方法7つ

玉ねぎと言えば、血液をサラサラにする効果があり、更に豊富な栄養素が含まれているので、健康を意識したときに必ず食べておきたい食材になります。

栄養が豊富に含まれているので、たくさん食べて健康を維持したいところですが、玉ねぎを食べ過ぎてしまうと様々な体調不良が現れてしまいます。

玉ねぎに含まれている成分はかなり刺激的な部類になり、胃に大きな負担をかけて胸焼けや胃もたれと言った症状を引き起こすので、適量であれば問題ありませんが、食べ過ぎは体に悪いので避けることが大切です。

そこで今回は、玉ねぎを食べ過ぎることで現れる症状と改善法、そして玉ねぎの調理前の事前対策、食べ方などで未然に体の不調を予防する方法も併せてご紹介します。


玉ねぎの食べ過ぎが原因で起こる体の不調と改善するための方法7つ


1 玉ねぎを食べ過ぎると体臭が酷くなる


玉ねぎには、美容と健康を維持するために必要な栄養がたくさん詰まっていますが、食べ過ぎると様々な体調不良を引き起こします。

そして、玉ねぎを食べ過ぎたときに真っ先に気にしてほしいのが体臭で、食べた後に何か臭うと感じたら、必要以上に食べていることになります。

食べ過ぎが原因で発生する体臭は、玉ねぎの成分が汗などの体液と一緒に染み出ていることで発生するので、改善するためにも臭いを消す効果がある食べ物を食べる必要があります。

玉ねぎの食べ過ぎによる体臭を緩和する4つの食べ物

  • ヨーグルト
  • りんご
  • ミントガム
  • レモン味の飴

この4つの食べ物は消臭効果が高いので、玉ねぎを食べ過ぎた後にデザートとして食べると臭いを緩和できます。

ガムや飴は口の中に蔓延している玉ねぎの臭いを抑えてくれる働きをするので、臭いが気になったらぜひ食後に食べてみてください!


2 食べ過ぎは腹痛や下痢を引き起こす


玉ねぎを食べ過ぎた後に、腹痛や下痢になった経験ありませんか?

玉ねぎに含まれている成分の中に、アリシンという腸の働きを活性化するものがあります。

玉ねぎに含まれるアリシンの効果5つ

  • 疲労回復
  • 血液をサラサラにする
  • 糖尿病や高血圧などの生活習慣病の改善
  • 殺菌作用
  • 食欲が増す

このように、アリシンにはとても素晴らしい効果がありますが、玉ねぎを大量に食べると過剰摂取になるので腸に刺激を与えてしまいます。

アリシンの殺菌作用は、腸の中に存在する悪い菌を退治してくれる働きをしますが、同時に良い菌まで排除するという強すぎる力があります。

更に、過剰摂取をすることで必要以上に腸内の動きが活発になり、それが負担になって腹痛や下痢、加えて吐き気まで現れるので要注意です。

体調不良だったり、元々胃腸があまり強くなかったりする人は、アリシンの効果を強く受けてしまうので食べ過ぎないようにしましょう。


3 頭痛やめまいの症状が現れる


玉ねぎの食べ過ぎによる症状には、頭痛やめまいと言ったものもあります。

この症状は辛みがある生の玉ねぎを食べるとよく現れるので、あらかじめ対策をしておくことが重要になります。

玉ねぎは頭痛やめまいに関わってくるので、乳製品を事前に食べておいてアリシンの働きを抑えることが大切です。

胃の粘膜を守る3つの乳製品

  • 牛乳
  • ヨーグルト
  • チーズ

この3つの食品をあらかじめ食べておけば、玉ねぎによる頭痛やめまいの症状を緩和できるのでぜひ取り入れてみてください。

そして、一番の対策は食べ過ぎないようにすることなので、体の健康を維持するためにも量には気をつけてくださいね。



4 強い症状が現れたらアレルギーを疑う


玉ねぎを食べ過ぎたときに出る症状は、実はアレルギーである可能性があります。

玉ねぎアレルギーの症状5つ

  • 腹痛
  • 下痢
  • 吐き気
  • 頭痛
  • めまい

食べ過ぎによってもこれらの症状は現れますが、アレルギーの場合更に症状が重くなるので、呼吸困難のようにとても危険な状態になることがあります。

そして、アレルギー反応が現れる時期には2種類あり、玉ねぎを食べて数日後に症状出てくる場合があるので注意が必要です。

2つのアレルギー反応

速効性のアレルギー反応

速効性のアレルギーはその名の通り、発症原因を食べてすぐ症状が現れるのが特徴です。
こちらはすぐに発症するので原因がわかりやすく、今後気をつけていくことで回避できます。

遅効性のアレルギー反応

こちらのアレルギーは食べてから数日後に発症するもので、長いときには数週間後に症状が現れます。

そのため、初めて症状が現れた場合原因が見つけにくく、再び繰り返してしまう恐れがあります。

中にはただの体調不良だと思い込んで、何年も自分がアレルギー持ちだと気づかないことがあるので、何らかの症状が現れたら一度病院を受診して確かめましょう。

そのため、遅効性のアレルギーのことを考えると、玉ねぎの食べ過ぎは非常に危険な行為なので食べるときは気をつけてください!


5 玉ねぎは適切な量を食べる


玉ねぎの食べ過ぎによって様々な体調不良をきたしますが、これを治すためには適切な量を知る必要があります。

玉ねぎの1日の適切な摂取量は50gまでのため、これ以上食べると高確率で体調不良になる可能性があります。

症状を自覚していなくても、胃腸にはダメージを与え続けているので、玉ねぎがいくら健康に良くても食べ過ぎると不健康な体になります。

特に、生の玉ねぎはかなり刺激が強く、サラダにして食べると胃腸が弱い人は体調が悪くなりやすいので、食べる量をかなり減らす必要があります。

そして、1日50gに到達する前に体調が悪くなったときは、自分の体の限界値を超えている状態なので異常を見逃さないようにしましょう。


6 食べる前に対策をする


栄養価がとても高い玉ねぎは、刺激が強くて胃腸の負担になるので、食べる前にしっかり対策をする必要があります。

玉ねぎを食べる前に行いたい2つの事前対策

玉ねぎを水に浸ける

アリシンは水に溶けやすい性質を持っているので、玉ねぎを食べる前に水に浸けておきましょう。
そして、水に浸けた後に加熱すると、更にアリシンの量を減らすことができるのでぜひ試してみてください。

玉ねぎを加熱する

胃腸に刺激を与えるアリシンは、熱を加えるとなくすことができます。
体調が悪くなるリスクを減らすことができるので、胃腸が弱い人は過熱をおすすめします。

ただし、水に浸けると刺激が少なくなる代わりに、玉ねぎを食べることで得られる効果も少なくなるので、健康を維持する目的で食べる場合は注意が必要です。

玉ねぎを食べ過ぎて体調不良になったら、一番の対策法は量を抑えることですが、それが難しいときはアリシンを摂取し過ぎないように工夫して、少しずつ食べる量を減らしてくださいね。


7 玉ねぎを食べるときは他のねぎ類を避ける


玉ねぎに含まれるアリシンは様々な体調不良を引き起こす成分なので、できるだけ過剰摂取を避けることが大切です。

なので、玉ねぎの食べ過ぎはもちろん、アリシンが含まれている食材を知ることも重要になってきます。

玉ねぎ以外のアリシンが含まれている3つの食材

  • ねぎ
  • にんにく
  • ニラ

これらはいずれもねぎ類で、アリシンが大量に含まれています。

そのため、玉ねぎと一緒に食べるとアリシンの過剰摂取が起きて体調を崩してしまうので、それを防ぐためにもこの3つの食材の食べ過ぎに注意しましょう。

玉ねぎの量を抑えても、他のアリシンが含まれている食材を食べると過剰摂取になるので、料理に使う材料に注意して健康を維持してくださいね!


さて、『玉ねぎの食べ過ぎが原因で起こる体の不調と改善するための方法7つ』はいかがでしたか?

玉ねぎを食べ過ぎることで発生する症状は、体臭だけなら食後に臭いを抑えるものを食べることで対策できますが、体調を崩した場合食べる量を減らす必要があります。

玉ねぎに含まれるアリシンは、胃腸を刺激して腹痛や下痢、吐き気など様々な症状を発症させるので、異常を感じたらこれ以上食べないことが大切です。

また、アレルギー反応である可能性もあるので、強い異常を感じたら手遅れになる前に一度病院へ行くようにしましょう。

そして、玉ねぎを食べる量を減らしても、他のアリシンが含まれている食材を一緒に食べてしまっては、体調の回復ができなくなるので注意してくださいね。

今回ご紹介した内容に関連する記事として

も併せてご覧ください。

まとめ

玉ねぎの食べ過ぎが原因で起こる体の不調と改善するための方法7つ

1 玉ねぎを食べ過ぎると体臭が酷くなる
2 食べ過ぎは腹痛や下痢を引き起こす
3 頭痛やめまいの症状が現れる
4 強い症状が現れたらアレルギーを疑う
5 玉ねぎは適切な量を食べる
6 食べる前に対策をする
7 玉ねぎを食べるときは他のねぎ類を避ける


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2018 ライフスタイルNext