豆腐の食べ過ぎが原因で起こる体の不調と改善するための方法7つ

豆腐の食べ過ぎが原因で起こる体の不調と改善するための方法7つ

健康に良いとされる豆腐は栄養が豊富に含まれている上に、ヘルシーな食品になるのでダイエットにも最適ですが、食べ過ぎると体調を崩してしまうので注意が必要です。

豆腐は栄養満点のためたくさん食べたくなりますが、健康な体にするためには他の食べ物とのバランスが重要になり、豆腐だけを食べ過ぎてしまうと逆に不健康になってしまいます。

豆腐に含まれている成分は、適度な量であれば健康を維持するのに役立ちますが過剰摂取すると様々な症状が体に現れてきます。

そこで今回は、豆腐の食べ過ぎで引き起こされる体の不調と、改善するための方法をご紹介します!


豆腐の食べ過ぎが原因で起こる体の不調と改善するための方法7つ


1 豆腐を食べ過ぎたときによく現れる症状


豆腐は健康に良いので積極的に食べておきたい食材ですが、食べ過ぎると下痢を引き起こしてしまうのでお腹が弱くない方でも注意が必要になります。

下痢を引き起こす原因は豆腐を作るときに使用するにがりで、下剤にも含まれている酸化マグネシウムが入っているのでお腹が緩くなりがちです。

特に、お腹があまり強くない方が豆腐を食べ続けていると、下痢の症状が治らなくなる場合もあるので気を付けましょう。

豆腐を食べ過ぎたときに現れる症状の中で一番多いのは下痢のため、お腹の調子を崩しやすい方は食べる量を考えて体調をしっかり管理してくださいね!


2 過剰なタンパク質摂取で起きる症状


豆腐を食べると体臭を改善できるので、常に体の臭いが気になる方におすすめですが、食べ過ぎるとおならの臭いがきつくなったり、腸内環境が悪化したりするので注意しましょう。

タンパク質が原因で起きる2つの症状

おならの臭いがきつくなる

豆腐の原料である大豆にはタンパク質がたくさん含まれているため、分解されるときに強烈なアンモニア臭いを発します。

そして、タンパク質には植物性と動物性の2種類がありますが、どちらも分解されるときに悪臭を放つので豆腐の食べ過ぎに加えて、タンパク質が豊富に含まれている食べ物を食べるときは気を付けましょう。

腸内環境の悪化

タンパク質はおならの臭いがきつくなる原因になりますが、他にも悪玉菌の餌となるので腸内環境が悪化してしまいます。

腸内環境が悪くなると肌荒れが起きたり、疲労が抜けなくなったりするので毎日不調を感じるようになります。

豆腐を食べ過ぎると腸内に異変が起きやすくなるので、体調が悪くなる前に量を抑えるようにしてくださいね!


3 豆腐で鉄分を吸収できない理由


貧血の大半は鉄分不足が原因になり、めまいや耳鳴りなどの症状が出てくるので豆腐ばかり食べている方は、他の食材も一緒に食べることが大切になります。

豆腐自体にも鉄分は含まれていますが、体に吸収されにくいタイプの非ヘム鉄のため、いくら食べても貧血の症状は改善されません。

非ヘム鉄を吸収するためには、ビタミンCと動物性タンパク質などの栄養が必要になり、豆腐のタンパク質だけでは体に取り込めないので注意しましょう。

豆腐だけでなく、野菜や肉類など色々な食材をバランスよく食べないと貧血は解消されないので、毎日適切な量の栄養を摂取してくださいね!


4 豆腐の食べ過ぎで体が太ってしまう理由


豆腐は非常にヘルシーな食材のため、ダイエットをしているときに食べる食材に最適ですが、食べ過ぎると痩せるどころか太る原因になります。

「豆腐を食べると痩せるのは嘘?」という疑問が出てきますが、確かに豆腐のカロリーは、木綿豆腐100gで71.9kcal、絹ごし豆腐であれば更にカロリーが下がるので、ダイエットをしているときの食事には最適です。

ただし、市販の豆腐は100gで売られているわけではないので、1パック分食べてしまうとカロリー量が大幅に増えてしまうので注意しましょう。

そのため、ダイエットで豆腐を食べ始めるときは小さく切って、何個も食べないようにすることが大切です。

また、豆腐だけを食べているといつも同じ味しかしないので、塩分や脂質が含まれた調味料を使う場合もあるのではないでしょうか?

使用する調味料によってはカロリー量がかなり増えてしまうので、使いたいときは低カロリーの物を選ぶ必要があります。

人の体は肥満状態になると、高血圧になったり糖尿病になったりするので、病気を防ぐためにも豆腐の食べ過ぎには気を付けてくださいね!



5 女性に起こる体調不良


豆腐に含まれているイソフラボンは女性ホルモンと同じような働きをするので、生理不順の方が適切な量を摂取すると不快な症状を緩和してくれます。

ただし、過剰摂取すると女性ホルモンが分泌されたと体が勘違いを起こし、生理周期を乱して卵巣にも悪い影響が現れる可能性もあります。

豆腐にはイソフラボンが豊富に含まれていて、1パックも食べれば十分な量を摂取できるので、体調を崩さないためにも2パック以上は食べないようにしましょう。

女性にとって生理は健康を維持するために必要な要素になるので、豆腐の食べ過ぎに注意して周期を乱さないようにしてくださいね!


6 豆腐を食べ過ぎで起こる可能性がある体の不調


豆腐を食べ過ぎたときに気を付けたいのが腎臓関係の病気で、たくさん食べるほど負担をかけてしまいます。

腎臓の主な機能

  • 水分や塩分の量の調節
  • 老廃物の排泄
  • 体に必要な栄養の吸収
  • 血圧の調整

腎臓は体内の水分や塩分の量を調節したり、老廃物を排泄したりするなどとても重要な働きをしています。

そして、豆腐に含まれているタンパク質は腎臓に負担をかけて、機能を衰えさせてしまうので腎臓病にかかる確率が高まります。

豆腐1パック分であれば問題ありませんが、いつも食べ過ぎてしまう場合は量に気を付けるように意識してくださいね!


7 体調不良を改善する方法


豆腐の食べ過ぎで起きた体調不良は、早めに治さないといつまでも続いてしまうので改善方法を実施する必要があります。

豆腐の食べ過ぎによる体調不良の治し方

食べる量を抑える

豆腐の食べ過ぎによる体調不良を治すためには、食べる量を少なくしていく必要がありますが、まずは体調が回復するまで口にしないことが大切です。

そして、体の調子が元に戻ったら今度は食べ過ぎを防ぐために、少しずつ食べる量を少なくしていきましょう。

他の食材も食べる

豆腐を主食にしていると栄養が偏り、体に必要な物を取り入れることができなくなるので体調不良を引き起こしてしまいます。

そのため、野菜や魚など色々な食材を普段の食事に取り入れて栄養バランスを整えるようにしましょう。

体に必要な栄養を摂取すると体調不良が改善されるので、健康になるためにも豆腐だけを食べ過ぎないようにすることが大切です。

豆腐の食べ過ぎで起こった体調不良は、量を制限したり他の食材も食べたりすることで改善されますが、治らなかったときは病院へ行って検査してもらう必要があるので、体の変化には常に気を配るようにしてくださいね。


さて、『豆腐の食べ過ぎが原因で起こる体の不調と改善するための方法7つ』はいかがでしたか?

豆腐を食べ過ぎると、下痢や貧血などの症状が現れて体調が崩れがちになるので、食べる量に気を付ける必要があります。

豆腐に含まれている成分は健康を維持するためには欠かせませんが、どんな栄養も摂り過ぎると逆に体調不良を引き起こしてしまいます。

そして、豆腐の食べ過ぎが原因の体調不良を治すためには、豆腐を食べる量を少なくして野菜や魚など、色々な食材をバランスよく食べることが重要になります。

ただし、栄養バランスを整えても体調が回復しなかったら、何らかの病気になっている可能性があるので、放置せず病院へ行って相談をしてくださいね!

今回ご紹介した内容に関連する記事として

も併せてご覧ください。

まとめ

豆腐の食べ過ぎが原因で起こる体の不調と改善するための方法7つ

1 豆腐を食べ過ぎたときによく現れる症状
2 過剰なタンパク質摂取で起きる症状
3 豆腐で鉄分を吸収できない理由
4 豆腐の食べ過ぎで体が太ってしまう理由
5 女性に起こる体調不良
6 豆腐を食べ過ぎで起こる可能性がある体の不調
7 体調不良を改善する方法


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2017 ライフスタイルNext