効果を実感できる!自宅で簡単にできる小顔矯正5つの方法

Mirada
Mirada

朝、起きて鏡を見たら、顔が腫れぼったくなったりたるんでいたりしてる時がありませんか?

いつもより顔が膨らんでいるように見えて印象が全然違いますから、、、憂鬱です。

水分の代謝が悪くなったのか血行が良くないのか、原因はいろいろ考えられますが、とにかく即刻解消したいですよね。

そこで今回は、顔のむくみを取ってすっきり小顔になれる、具体的な小顔矯正の5つの方法をご紹介します!


効果を実感できる!自宅で簡単にできる小顔矯正5つの方法


1 ポイントを押さえたメイクで小顔に見せる方法


出勤前や外出前の慌ただしい朝は、一刻も早く腫れぼったい顔を何とかしたいですよね。

顔の大きさは瞬時に変えられませんが、メイク次第で小顔に見せることは可能です!

ポイントは、顔のメイクに欠かせないファンデーションとチークです。色の選び方と塗り方をちょっと工夫するだけで、顔に陰影がついて小顔に見せる効果が生まれます!

小顔になるためのファンデーションの使い方

①自分の肌色に一番近い系統の色を選びます。
②①で選んだ色よりも1段階落とした色を選びます。
③頬や額、鼻の頭等の高い部分には①を、他の低い部分には②を使います。

2色のファンデーションを使うことで、本来の顔の陰影をより一層、印象的に見せることができます。顔の彫りが深くなったように見えることで、腫れぼったさが自然に目立たなくなります。

小顔になるためのチークの使い方

①チークの色は自分の肌色に合わせるか、オレンジ系統のものを選びます。
②頬骨の最も高い部分あたりから塗り始めます。
③こめかみから耳のあたりにかけて、斜め下方向にぼかし塗りをします。

2色使いのファンデーションで生まれた顔の陰影に、自然な赤みを足して更に顔の彫りを際立たせます。それによって立体感が増し、腫れぼったい感じを打ち消す効果があります。


2 小顔に見える簡単なヘアアレンジの仕方


ブローの仕方や巻き方、あるいは、リボンやバレッタを変えるだけでも、印象ががらっと変わりますよね。

それと同じで、特に腫れぼったさを隠して小顔に見せたい時にも、ヘアスタイルやアレンジを変えることが効果的です。

髪型別の小顔に見えるアレンジ方法

ショート・ボブの場合
①全体的にふんわり感が出るようにブローします。
②横髪を中心に、顔回りの髪は顔にかかるようにして整えます。
③大きめのヘアアクセサリーを使って、前髪か横髪の一部をねじり留めします。

ミディアム・セミロングの場合
①緩やかで、ちょっとルーズ感とエアリー感のあるウェーブが出るようにブローします。
②顔まわりにかかる髪はふんわりと、顔の線にそって流すように整えます。
③片方だけ耳に髪をかけて、片耳だけ見えるようにします。

ロングのストレートヘアの場合
①前髪は自然な感じで左右どちらかの斜め方向に流します。
②横髪と後ろ髪はちょっと内向きになるようにブローして整えます。

ロングのパーマヘアの場合
①緩いウェーブ感が出るように整えます。
②横髪はふんわりさせて、緩く顔にかかるようにします。

どのようなヘアスタイルでも、顔にかかる髪の部分をどう整えるかによって、顔の印象が変わってきます。

顔にかかるところと全体的なヘアスタイルをうまくアレンジして、効果的に小顔を演出しましょう。


3 顔のリンパの流れを良くする簡単マッサージの方法


顔のむくみや腫れぼったさは、リンパの流れや血流が滞りがちで代謝が良くないからです。

そこで簡単な顔マッサージを行って血行やリンパの流れを良くして、むくみや腫れぼったさの原因である余計な水分の代謝を促しましょう。

今回は、簡単にできる顔のリンパ等の流れを良くするマッサージをご紹介します。

顔のリンパの流れを促進する簡単マッサージ方法

①顎の下あたりから指先を揃えて、鎖骨に向かって優しく撫で下ろします。
②耳の後ろ下から、①と同様にします。
③両手をそれぞれ軽く握り拳にして顎の中央あたりに置き、軽く押さえながら耳の下あたりまで移動させます。
④唇の両端から耳の下あたりまで、揃えた指先で軽く押さえながら移動させます。
⑤目の下側の窪みを辿りながらこめかみに向かって、揃えた指先で優しく押さえながら移動させます。
⑥眉の形を辿りながらこめかみに向かって、揃えた指先で優しく押さえながら移動させます。
⑦額の中央から両端の生え際にかけて、揃えた指先で軽く押さえながら移動させます。

①②のような首筋や、⑤⑥のような目の周囲は、大事な部分なのであまり強く押さないようにしましょう。

マッサージで血行もリンパの流れも促進されると老廃物の排出が良くなり、スッキリ小顔を実感できます!


4 表情筋を鍛えて顔のたるみをなくす笑顔の取り入れ方


顔に締まりがなくなってきたと感じたら、それはたるみが出てきたからかもしれません!

加齢や睡眠不足・疲労等が原因として考えられますが、顔の表情筋を鍛えることで改善することができます。

そこで、意識して笑顔を作るようにしましょう!

笑うことで表情筋が刺激を受けて、たるんだ皮膚に効きますし、血行促進の効果もあるため老廃物の排出免疫力アップの効果で若々しい肌を取り戻すことができます!


5 むくみを解消する美味しい料理の簡単レシピ


顔が腫れぼったくむくみやすいと思ったら、食生活を振り返ってみましょう。

冷たい飲み物やスナック菓子に、ついつい手を出していませんか?
加工食品を多用したり、外食の機会が多くありませんか?

このような食事スタイルは、気をつけているつもりでも塩分摂取量が増えている可能性があるのです。

体内の塩分が多くなると、どうしてもむくんでしまいがちになります。これを避けるためには、普段の食事で体内の余分な塩分を排出するのを手助けする食品をできるだけ活用することが大切です。

また、体を温めて血行を良くすることで、更に代謝をアップさせるのも効果的です。そこで、むくみを解消しやすく体を温める手作り料理の簡単レシピをご紹介します。

キュウリの納豆あえサラダ

【材料】
きゅうり:1本
納豆:1パック
ショウガ:適量

【作り方】
①歯ごたえを感じられる程度の大きさにキュウリを切る。
②納豆は出汁とショウガ少々を混ぜ合わせた後で、ドレッシング代わりにキュウリにかける。
③キュウリと納豆が互いに絡むように混ぜればできあがり。

キュウリや納豆はカリウムが豊富で余分な水分を排出しやすくなります。また、生姜は体温を上げて代謝機能を高めます。これらを組み合わせたサラダは、時間がない時でも簡単に作れるので便利です!


さて、『効果を実感できる!自宅で簡単にできる小顔矯正5つの方法』はいかがだったでしょうか?

毎日の何気ない生活の中でちょっとした一工夫を加えるだけで、意外と簡単に小顔になれるのです。

朝起きて、顔の腫れぼったさに気がついたら、気軽に試してみませんか?

これを機に、簡単に効果を実感できる方法をいつもの毎日に取り入れてみましょう!

まとめ

効果を実感できる!自宅で簡単にできる小顔矯正5つの方法

1 ポイントを押さえたメイクで小顔に見せる方法
2 小顔に見える簡単なヘアアレンジの仕方
3 顔のリンパの流れを良くする簡単マッサージの方法
4 表情筋を鍛えて顔のたるみをなくす笑顔の取り入れ方
5 むくみを解消する美味しい料理の簡単レシピ


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2016 ライフスタイルNext