二日酔い予防で飲む前に簡単にできる方法7選

二日酔い予防で飲む前に簡単にできる方法7選

二日酔いになると頭がガンガンと割れるように痛くて、つらい思いをしていらっしゃる方が多いのではないでしょうか?

「二日酔いになるとわかっていてもつい飲んでしまう……」特に気の合う友人や会社の同僚で飲むと、場の雰囲気にのまれてたくさん飲んでしまいますよね。

場の雰囲気だけでなく、勧められて飲むこともあって、社会人にとってお酒とは切っても切れない関係になります。

そして、二日酔いのたびに「あんなに飲まなきゃよかった」と後悔することをやめたいですよね。

そこで今回は、とても辛い二日酔いを防ぐために、飲む前にできる簡単な予防法をご紹介します!


二日酔い予防で飲む前に簡単にできる方法7選


1 二日酔いになる原因は2つある!一番の予防は飲み過ぎないこと


二日酔いの原因は体内のアルコールが分解しきれなくて、翌日まで持ち越してしまうということをご存知でしょうか?

そして、アルコールが分解されないのは、

  • アルコールの摂取量が増える
  • 急にアルコールを体内に入れる

この2つが原因です。

お酒を大量に飲んだり、一気に体内へ吸収させたりすると高確率で二日酔いになります。

アルコールは肝臓の働きによって分解されますが、アルコール量が多い、もしくは吸収が速いという状態では、機能が追い付かずそのまま分解されないで翌日に残ります。

肝臓は分解する時間と量を決めているので、それを上回るアルコール量は処理しきれません。

また、血中アルコール濃度という血液中に含まれるアルコールは、なかなか下がりにくく、睡眠で完全になくすことはできません。

そして、お酒を飲み過ぎないように心掛けて少しずつ飲んでいても、アルコールが抜ける時間は翌日の午前中いっぱいということもあります。

そのため、二日酔いの状態だとアルコールは抜けていないことが多く、翌日に出かける予定があったら酒気帯び運転になるので気を付けましょう。

二日酔いを予防するためには、当たり前ですが飲み過ぎないことが大切です。

しかし、飲酒量を抑える以外にも予防策はあるので、出来そうな対策から始めてみてください!


2 空腹のまま飲むと二日酔いになりやすい


簡単にできる二日酔い対策は、飲み始める前にほんの少し食べておくことです。

胃の中が空っぽの状態でお酒を摂取すると、栄養を摂れるものがアルコールしかなくて、速く吸収しようと働き始めます。

そして、突然流れてきたアルコールを分解するために肝臓が働きますが、空腹で栄養が不足している状態なので、対処しきれず酔いが回りやすくなります。

更に、空腹は血中アルコール濃度高くなりやすいので、より二日酔いになりやすい状態です。

これを防ぐためには、お酒を飲み始める前に少し食べておく必要があります。

しかし、忙しくて食事が取れない場合もありますよね。

そんなときは、飲む前に出てくる料理を少し食べておくと良いでしょう。

二日酔いはとても辛いものなので、予防のためにまずは何か食べてからお酒を飲んでくださいね!


3 お酒を飲み始める前に脂肪を摂ると予防ができる!


二日酔い予防で最も高い効果があるのは脂肪です。

そのため、事前に食べると良い食べ物は脂肪分が多く入っている食品になります。

脂肪の特徴は、消化と吸収に長い時間を必要としていて、消化をするためには胃の下にある十二指腸に行かなければならないところです。

胃の中に脂肪があると、アルコールの吸収をかなり防ぐことができ、吸収速度も遅くなるので、すぐに酔いが回ることがなくなり、二日酔いの予防になります。

脂肪が多く含まれている食べ物として、ナッツ類を食べると効果があり、飲む前だけでなく飲酒中にも食べることで、更に大きな効果があります。

また、事前に食べておくものとしておすすめなのが、ドレッシングがたくさんかかっているサラダです。

ドレッシングにも脂肪分が含まれているので、飲む前に注文したり家で飲むときは自分で作ったりして食べてしまいましょう。

そして、お酒を飲む前に食べて二日酔いを予防する行為は全世界共通ですが、実は国によって食べるものが異なります。

その中でも、世界的に有名になったものは「オリーブオイル」で、スプーン一杯分を飲むだけで二日酔いを予防できます。

オリーブオイルは今やどこにでも売っていて、常備しているご家庭も多いのではないでしょうか?

飲み始める前に、オリーブオイルやナッツ類に含まれている脂肪を摂って二日酔いを予防しましょう!


4 緑茶でも二日酔い予防になる!


二日酔いを予防するための脂肪分は、いくら効果があるといっても太ってしまうのではと心配ですよね。

そこで、アルコールの吸収を妨げてくれるカテキンを摂ることをおすすめします!

カテキンはお茶の中でも緑茶に多く含まれていて、胃を油分やアルコールから守ってくれます。

そして、カテキンには消臭効果もあるので、お酒を飲んだときの口臭が気になる方にもおすすめできます。

また、他のお茶はカテキンが全く含まれていない、ほんの少ししか入っていないことがあるので、二日酔いの予防には向きません。

そのため、脂肪分を摂りたくない方は、緑茶を事前に飲んで予防してください!



5 寝不足は分解の働きを低下させる


寝不足は肝臓の機能を低下させ、アルコールを分解する働きを弱めます。

仕事の都合で寝る時間を削っていると、体の機能が低下して体調がとても悪くなります。

今までのストレスを晴らそうとして、たくさんのお酒を飲んでしまうとアルコールの分解が遅くなり、翌日は高確率で二日酔いになります。

体調が悪いこともあって、普段の二日酔いより更にひどい状態になるので、そんなときは無理をしないでお酒は控えめにして、まずは体調を回復させてから飲むようにしてくださいね。


6 お酒を飲むと決まっているのならウコンを摂っておく!


夜にお酒を飲むことが決定しているのなら、朝にウコンを摂ると翌日の二日酔いを予防できます。

ウコンといえば、様々な種類のドリンクが売られており、飲み過ぎに効果があると宣伝もされています。

実際ウコンは肝臓の動きを強化させて、アルコールが分解されることでできるアセトアルデヒドを、排出しやすくさせてくれる力があります。

アセトアルデヒドは毒性が強くて吐き気を感じたり、頭が痛くなったりする有害物質で、二日酔いの原因ともいえる成分です。

そのため、これをできるだけ早く排出する必要があり、その手助けをしてくれるのがウコンです。

しかし、ウコンを大量摂取すると大変な副作用を起こす場合があります。

ウコンは肝臓の動きを活性化させる力がありますが、かなりの負担をかけてしまいます。

また、肝機能に問題を持っている方は、命に関わる危険な状態になる可能性があるので、十分注意してください。

どんなに良いものであっても大量摂取は体に悪影響を及ぼすので、適量を守るようにしましょう。

ウコンは正しく使うと、二日酔いを予防できるほどの効果を発揮するので、ぜひ試してみてください。


7 脱水症状も二日酔いの原因!対策は水を飲むこと


アルコールは利尿作用が高いので、飲酒中何度もトイレに行くという経験があるのではないでしょうか?

お酒だけを飲んでトイレにばかり行くと、次第に脱水状態になる上に、二日酔いになりやすい状態を作ります。

更に、のどの渇きや疲労など様々な症状も引き起こしてしまうので、二日酔いがより苦しいものになってしまいます。

これを防ぐためには水を飲む必要があり、事前に飲んでおくだけでも効果があります。

そして、一番はお酒を飲みながら水も飲むことです。

水によってお酒が薄まり、吸収されるスピードが遅くなるので、肝臓がアルコールを分解しやすくなりますので、脱水症状と二日酔いの予防のためにぜひ試してみてくださいね!


さて、『二日酔い予防で飲む前に簡単にできる方法7選』はいかがでしたか?

二日酔いの症状はとてもつらくて、翌日に予定があると体がしんどくて、それどころではないことがあります。

しかし、二日酔いは事前に空腹を防ぎ、脂肪やウコンなどの力を借りることで予防できます。

最も効果があるのは、二日酔いになるほど飲まないようにすることですが、それが難しい場合もありますよね。

そんなときは、ここで紹介した方法を飲む前にやって事前に回避することが大切です。

二日酔いの予防のためにも、飲むときの状況に合わせて、できるものから始めてみてください!

今回ご紹介した内容に関連する記事として

も併せてご覧ください。

まとめ

二日酔い予防で飲む前に簡単にできる方法7選

1 二日酔いになる原因は2つある!一番の予防は飲み過ぎないこと
2 空腹のまま飲むと二日酔いになりやすい
3 お酒を飲み始める前に脂肪を摂ると予防ができる!
4 緑茶でも二日酔い予防になる!
5 寝不足は分解の働きを低下させる
6 お酒を飲むと決まっているのならウコンを摂っておく!
7 脱水症状も二日酔いの原因!対策は水を飲むこと


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2017 ライフスタイルNext