二日酔い予防で飲んだ直後と寝る前にできる方法5選

二日酔い予防で飲んだ直後と寝る前にできる方法5選

楽しい飲み会の席で飲み過ぎてしまうことってありますよね。

あの気持ち悪さは「二度と飲まない」の誓いを立てたくなるくらい気分の悪い物です。

そもそも二日酔いは、お酒の飲み過ぎでなるのはもちろんですが、お酒だけで食べ物を食べないなどの複数の要因からも引き起こされます。

そこで今回は、飲みすぎてしまった後に、二日酔いにならないようにする方法をご紹介します。


二日酔い予防で飲んだ直後と寝る前にできる方法5選


1 二日酔いになる理由と症状


二日酔いの症状には、頭痛や倦怠感、吐き気が挙げられますが、これはアセトアルデヒドという物質が体内に残ることで引き起こされる症状です。

アセトアルデヒドを分解する酵素は、本来人間の体内にはあるのですが、生まれながらにその量は決められているので、分解できる量を超えるアセトアルデヒドを摂取してしまうと二日酔いになってしまうのです。

さらに、お酒の飲み過ぎはガンを引き起こすと言われることがありますが、この原因もアセトアルデヒドにあります。

WHO(世界保健機関)では口腔、咽頭、喉頭、食道、肝臓、大腸などのガンに加え、乳ガンの原因になる発がん性物質が、アセトアルデヒドにはあると表明しているため、飲みすぎは百害あって一利なしです。

『酒は百薬の長』と言われるのは、あくまでも適量を飲んだ場合ですので、くれぐれも自分の適量範囲内で飲むようにしましょう。


2 アルデヒドを体外へ排出させる方法


「朝起きると、倦怠感に、頭痛に、吐き気が、、、」二日酔いになったと分かったら、まず一刻も早くアセトアルデヒドを体外に排出することが重要です。

そこで、アルデヒドを体外へ排出させる具体的な方法をご紹介します。

アルデヒドを体外へ排出させる方法

水分を多く摂る

喉の渇きと癒す程度の水分の摂取では、二日酔いの解消はできません!
尿の排出量と同等以上の水分、できれば300ミリリットル程度の水分補給を定期的に行うようにしましょう。
このときに喉の渇きは関係ありません!

水よりも緑茶を飲む

飲むのは水でも良いのですが、利尿作用のある緑茶のほうをおすすめします。
緑茶には、タンニンと呼ばれるアセトアルデヒドやアルコールと結びつき体外に排出する成分が含まれています。

ビタミンCを摂る
体内に残るアセトアルデヒドを分解して、体外に排出する物質にビタミンCがあります。
水分補給と併せて果物を食べるのがベターですが、ない場合にはサプリメントでの摂取でもOKです。

果物は胃の調子が悪い場合にも食べることができますので、お気に入りの果物を普段から用意しておくようにしましょう。


3 アルコールを飲んだ後に注意したいこと


「二日酔いになるな」と飲み会の終わりに感じた時には、何よりもまず水分補給をしましょう。

お酒1杯につき、同量の水を1杯飲むのがベストですが、どれくらい飲んだかわからない場合は、とりあえず500ミリリットルの水、スポーツドリンク、緑茶を飲みましょう。

このときに冷たいものを一気に飲んでしまうと、吐き出してしまったり、胃の調子を悪くすることがあるため、少しずつ飲むようにしましょう。

そして帰宅後の入浴は控えましょう。

汗をかいてしまうとアセトアルデヒドが早く排出される感じもしますが、脱水症状を引き起こす元凶になるため、シャワーを浴びる程度に留めましょう。


4 まだまだある!二日酔いを吹き飛ばす食べ物飲み物


二日酔いを起こすと、気持ち悪くて食べる気は起きないものですが、できる範囲で食べたり飲んだりすることが、アセトアルデヒドの排出につながります。

二日酔いを早く終わらせるために効果的な食べ物飲み物

ハチミツ

果物では摂取できない果糖が、ハチミツには含まれています。
この果糖は頭痛にも良く効くため、飲んだ帰り道に、コンビニでハチミツ入りの飴やドリンクを購入するのも手です。

グレープフルーツジュース

グレープフルーツには、クエン酸が含まれています。
クエン酸には、肝機能を高める作用、さらにアルコール摂取で酸性に傾いた体内環境を戻す作用もあります。
お酒を楽しむ際はグレープフルーツ割のお酒を飲む、飲んだ後には100%のグレープフルーツジュースをコンビニで購入して飲むのも手です。


5 二日酔いに効くド定番はじしみ


二日酔い解消で誰もがご存知なのが、しじみの味噌汁ですよね。

しじみの味噌汁は、アルコールの分解速度が高めてくれるため、二日酔い対策のマストになります。

ただ、二日酔いで気分が最悪なときに、しじみの味噌汁を作ることはできませんよね。

そこで、二日酔いになりそうな予感を感じた帰り道に、コンビニやスーパーで即席のしじみの味噌汁を買ってしまいましょう。

「私はインスタント系のものは食べたくない」という方は、是非しじみの味噌汁を飲み会の前に作っておきましょう。

しじみの味噌汁レシピ

材料

  • しじみ:30~50個
  • 水(だし汁お好みで):適量
  • 酒:大さじ3杯
  • 味噌:適量

作り方

①しじみは砂抜きを

飲み会にいくと決まったらしじみを塩抜きしてから向かうと、帰ってきてからすぐに使えますよ。

②鍋に味噌以外をいれて

味噌は沸騰してから入れるので最初は水と酒、しじみをグツグツと温めてください。

③ほどほどにアクを取ったら味噌を入れて完成

しじみのお味噌汁は、沸騰するとあくがでてくるのですが、全部をとりきることはできないため、ある程度のところでやめるのがポイントです。
しじみの口が開いたら味噌を溶かして完成となります。

即席インスタントでも、手作りのものでも、しじみの味噌汁を飲むタイミングは、自宅後就寝前でOKです。

もちろん二日酔いになってしまった翌朝に飲んでもOKですが、回復まで相応の時間がかかりますので、寝る前に飲んでしまいましょう。

さらにしじみの成分を抽出したサプリメントが、ドラッグストアやネット通販で購入できますので、予め用意しておくようにしましょう。


さて、『二日酔い予防で飲んだ直後と寝る前にできる方法5選』はいかがでしたか?

二日酔いにならないためには、はじめからお酒を飲まなければ良いのですが、仕事の会合などで飲み会が避けられない場合には、ぜひ今回紹介した方法を参考にしてくださいね!

今回ご紹介した内容に関連する記事として

も併せてご覧ください。

まとめ

二日酔い予防で飲んだ直後と寝る前にできる方法5選

1 二日酔いになる理由と症状
2 アルデヒドを体外へ排出させる方法
3 アルコールを飲んだ後に注意したいこと
4 まだまだある!二日酔いを吹き飛ばす食べ物飲み物
5 二日酔いに効くド定番はじしみ


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2017 ライフスタイルNext