汗腺トレーニングがダイエットやニオイ対策になる5つの理由と実践方法

汗腺トレーニングがダイエットやニオイ対策になる5つの理由と実践方法

本来の汗は無味無臭ですが、汗腺機能が衰えるとニオイを発する成分が含まれるようになります。そのため汗が臭いと感じたときは汗腺トレーニングをして正常に戻す必要があります。

そして、汗腺トレーニングを常に行っているとダイエット効果も得ることができる上に、脂肪がつきにくい体になるなど良いこと尽くめです。

そこで今回は、ダイエット効果やニオイ対策ができる汗腺トレーニングの実践方法をご紹介します!


汗腺トレーニングがダイエットやニオイ対策になる5つの理由と実践方法


1 汗腺トレーニングを行う理由


汗をかくと臭いが気になりますが、本来はサラサラしていて無臭であるのが特徴です。

しかし、汗腺機能が衰えると体に必要なミネラルや老廃物が汗と一緒に出てきてしまい、加えてベタベタとしているので非常に不快な気持ちになります。

蒸発しにくいという性質もあるので、汗腺の機能を正常な状態にしてサラサラとした無臭な汗を出すことが重要になります。

サラサラで無臭な汗を出すためには、汗腺トレーニングを日常的に行う必要があるので、体の臭いが気になるという方は実践してみましょう。

また、汗腺機能は普段から汗をかくことで正常に保たれていますが、エアコンをよく使っていると温度管理が十分にされているので、汗腺の数が減って汗をかきにくくなります。

汗腺が少ないと、体内の熱が放出されなくなって熱中症になりやすくなるので、汗腺トレーニングを行って数を増やすことが大切です。

体温調節を行うという意味でも汗腺トレーニングは効果的のため、体臭や熱中症対策を行いたいという方は試してみてくださいね!


2 汗腺トレーニングとダイエットの関係


汗腺トレーニングは臭い対策の他にも、ダイエット効果を得ることができるので汗をあまりかかないという方は実践してみましょう。

ただし、汗をかいた後は体中の水分が排出されている状態のため痩せていると思いがちですが、飲み物を飲むと元の体重に戻ってしまいます。

汗の本当の効果は、太る原因である老廃物を排出したり、代謝を促して脂肪を燃焼したりすることのため、継続して汗腺トレーニングを行うことが大切です。

そのため、汗腺の数が少ないほどダイエット効果は得られないので、汗腺トレーニングを行って正常な汗を排出するようにしましょう。

サラサラな汗は代謝が上手くいっている証拠になるので、汗腺トレーニングでダイエット効果を得たいときはベタつかない汗を出すことが目標になります。

汗はダイエットに直接関係はありませんが、太る原因を取り除く作用があるのでぜひ汗腺トレーニングを行ってみてくださいね!

3 基本的な汗腺トレーニングの方法

体臭やダイエットを行うための汗腺トレーニングは、自宅で気軽にできるものばかりのため時間を取ってしっかり行いましょう。

基本的な汗腺トレーニングは手足の高温浴や半身浴になるので、汗腺機能を正常にしたい方は入浴の時間を活用することが大切です。

お風呂でできる2つの汗腺トレーニング

手足の高温浴

手足の汗腺は最も機能が低下しやすい部分になるので、初めて汗腺トレーニングを行う方は最初に手と足を正常にしましょう。

手足の高温浴のポイント4つ

・お湯の温度は43~44度
・膝下が浸かるぐらいのお湯を入れて、肘から下もしっかり浸ける
・時間は10~15分
・浴槽に風呂椅子を入れて前かがみになると肘下も浸かれる

手足は血液が行きにくい部分のため汗腺機能が低下しやすいのですが、熱いお湯に浸かると汗が出てくるので、体臭を消すためにもまずは末端からトレーニングしましょう。

半身浴

37~38度ほどのお湯に浸かる半身浴は手軽に行うことができるだけでなく、体の負担を大幅に下げるので安心して汗をかくことができます。

そして、半身浴は単体で行うより手足の高温浴の後にやった方が効果的のため、効率的に行いたい方は実践してみましょう。

手足の高温浴は交感神経を高めて体を興奮状態にするので、半身浴をしてリラックス状態にすると自律神経のバランスが取れて健康的になれます。

半身浴まで済ませた後は水分を拭き取って、自然に乾燥させることが大切になりますが、体を冷やすと発汗作用が働かなくなるので注意しましょう。

そして、毎日トレーニングを行って健康的になると、代謝が良くなってダイエット効果も現れるので、汗腺トレーニングを始めるときは入浴方法を変えて実践してみてくださいね!


4 日常生活で意識したいこととは


汗腺トレーニングを始めたときは、日常生活の中で汗腺機能を低下させないようにしたり、発汗作用がある食べ物を食べたりするなどを行う必要があります。

汗腺機能を低下させないコツ

エアコンの過度な使用

夏場にエアコンを頻繁に使っている方は汗腺機能が低下している可能性があるので、温度設定を上げたり使用を控えたりして鍛えることが大切です。

エアコンの使用を控えると汗腺の機能が徐々に回復していくので、無理はしない程度にトレーニングを行いましょう。

発汗作用のある食事を摂る

汗腺トレーニングは辛い食べ物や、発汗機能を調節する大豆製品を食べることでもできるので、汗をかく機会が少ない冬場でも行えます。

特に、大豆製品は汗腺トレーニングだけでなく、夏バテ防止にもなるので積極的に食べるようにしましょう。

汗腺トレーニングは日常生活の中でもできるので、汗をかきやすいように温かい食べ物を食べたりエアコンの使用を控えたりして、常にトレーニングを意識して生活をしてみてくださいね!


5 最も効果的な汗腺トレーニング実践方法とは


数ある汗腺トレーニングの中で、最も手軽で効果が期待できるのが定期的な運動になるので、普段体を動かしていない方は習慣化させましょう。

運動は汗をかくだけでなく、血行や代謝が良くなる上に体内の老廃物を汗と一緒に排出させるので、体臭の改善やダイエット効果を得るためには欠かせません。

そして、有効的な方法が有酸素運動で、ウォーキングのように一定時間続けられる動きをすると、適度な負荷がかかってサラサラとした汗をかくことができます。

体への負担も軽いため、定期的に運動を取り入れて毎日汗腺トレーニングを行うようにしてくださいね!


汗腺トレーニングを行うと、汗腺機能を正常な状態にして無臭でサラサラな汗を出すことができるようになるので、体臭で悩んでいる方はぜひ実践してほしいトレーニングになります。

また、汗腺機能が良くなると代謝が改善されて、ダイエットの天敵である脂肪を効率よく燃焼できるようになります。

汗腺トレーニングの方法は手足の高温浴や半身浴、定期的な運動などで行えるので少しずつ習慣化させてみましょう。

そして、汗腺機能を低下させないためにもエアコンの使用を控えて、体を温める食べ物を積極的に食べるようにしてくださいね!

今回ご紹介した内容に関連する記事として

も併せてご覧ください。

まとめ

汗腺トレーニングがダイエットやニオイ対策になる5つの理由と実践方法

1 汗腺トレーニングを行う理由
2 汗腺トレーニングとダイエットの関係
3 基本的な汗腺トレーニングの方法
4 日常生活で意識したいこととは
5 最も効果的な汗腺トレーニング実践方法とは


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2017 ライフスタイルNext