化粧水と乳液の違いを知ってスキンケア効果を上げる方法5つ

化粧水と乳液の違いを知ってスキンケア効果を上げる方法5つ

化粧水や乳液、美容液を使ったスキンケアは今や女性だけではなく、男性も積極的に行っています。

確かに素顔でも美しい肌、メイクでごまかさないでもいい肌には誰もが憧れてしまいますよね。

また人それぞれ、肌質というものがありますから、自分の肌質にあった化粧水や乳液を使わなければ、どんなに高価な基礎化粧品を使っても意味がありません。

正しいスキンケアで、美しい肌を作っていくためには、化粧水、乳液、美容液にはどんな効果があるのかを知ると、更にあなたの肌質に合ったスキンケアが出来ます。

そこで今回は、化粧水と乳液の違い、それぞれの効果、またつけるタイミングや順番、スキンケアの注意点について詳しくご紹介していきましょう!


化粧水と乳液の違いを知ってスキンケア効果を上げる方法5つ


1 化粧水の役割とは?


化粧水は、肌に潤いを与え、角質を柔らかくして保湿をするのが役目です。

洗顔の後は、どうしても肌が水分不足になってカサついてしまいがちですので、化粧水を使うことによって、潤いを補うのが目的となります。

洗顔の後は、早めにスキンケアを行う事が大切ですので、すぐに化粧水で肌に水分を与えてあげましょう。

では、化粧水はどのようにつけるのが効果的なのでしょうか。

コットンに染み込ませて肌を叩くようにつける人もいますが、手の平にたっぷりと取って、顔全体に伸ばしてから軽く手の平全体を使ってパックをするように浸透させましょう。

コットンで叩きつけてしまうと、肌を傷めてしまう可能性があります。

化粧水でまずきちんと肌に潤いを与えなければ、その後のスキンケアも台無しになってしまいますから気を付けて下さいね。


2 乳液の役割とは?


乳液は、肌の潤いを逃さないための、大切なステップです。

化粧水で柔らかくした角質を保護して、セラミドという成分の働きを助けるのが目的なのが、乳液なのです。

脂性の人は乳液をつけないでおく、という方法を取ってしまいがちなのですが、肌は乾燥すると余計に脂が出てしまうので、保湿するために乳液などのクリームは必要なんですね。

乳液で蓋をするというイメージが強いため、どうしても脂性の人は使いたくない、と思うでしょうが逆なのです。

どうしても気になるTゾーンなどは控えめにつける、などの工夫をしてみましょう。

また肌がカサつきやすい人は、低刺激の乳液をしっかりと使って肌に潤いを与えましょう。

乳液の効果は、実は1時間ほどで切れてしまい、あとは肌から脂が出てきますが、この脂は実は美しい肌を保つためにはとても大切。

つまり、化粧水で乾燥した肌に水分を与え、それを乳液で更に整えることで、身体から出る脂を有効にして、スキンケアをしていくのが良いやり方なのです。


3 美容液はどのタイミングでつけたらいいの?


乳液と美容液の違いが良く判らない、という人も多いでしょう。

乳液は油分が多く、そのため潤いがキープされる、という効果がありますが、美容液にはそれぞれ違う目的があります。

例えばビタミンCが含まれた美容液は、シミやシワに着目して作られたものですし、イソフラボンが含まれた美容液は美白効果を狙って作られています。

どの美容液を使うにせよ、使用するタイミングは化粧水のあとに美容液、そして乳液という順番がベスト。

化粧水で柔らかくなった角質に、美容液がダイレクトに届き、そして乳液で仕上げるというのが正しいスキンケアの基本です。


4 大切なのは洗顔と保湿!


どんなに高い基礎化粧品を使っても、実は最初のステップ・洗顔がきちんとされていなければ、効果は格段に薄くなってしまいます。

洗顔のときは、肌を擦るのではなく「泡で洗う」イメージで優しく洗うことが重要!

肌に刺激を与えれば与えるほど、毛穴が広がってしまったり、シミやシワの原因となってしまいます。

泡の吸着力でしっかりと汚れを落としてから、是非スキンケアしましょう。

また、乾燥肌、脂肌、混合肌など、人それぞれ肌質は違いますが、どの肌質でも共通して言えるのは、保湿が何よりも大切だということ。

肌が乾燥してしまうと、どうしてもシワが目立ってしまいますので、あなたの肌に合った保湿を心掛けましょう。


5 正しいスキンケアを実践するための注意点とは


まず、洗顔から言えるのは、洗いすぎは逆効果だということです。

汚れが落ちていないような気がする、メイクが落ちていない、という理由で何回も洗顔料を使って洗ってしまうと、元々肌に備わっている水分や脂が根こそぎ落ちてしまいます。

ただでさえ、洗顔をすると肌は水分が足りなくなって乾燥しやすくなってしまうのに、洗顔の時点で肌にダメージを与えてしまっては、その後のスキンケアも意味がありません。

これは、化粧水や美容液、乳液をつけるときも同じことが言えます。

つまり、叩きつけるように肌に染み込ませようとするよりも、ゆっくりと手の平で押さえて繰り返し浸透させていく方が、肌へのダメージは少なくなります。

肌のターンオーバーを促すためには、毎日の食生活も大きく影響を受けますから、是非この機会に見直してみてはいかがでしょうか。


さて、『化粧水と乳液の違いを知ってスキンケア効果を上げる方法5つ』はいかがでしたか?

高価な化粧水や乳液を少しずつ使うより、安くても自分の肌に合ったもの、そしてたっぷりと使うのがスキンケアのコツです。

また、スキンケアには正しい洗顔を行うことも大切ですし、乱れた食生活を正すことも大事なことです。

年齢を重ねても美しい肌を保っている人はたくさんいます。あなたも是非、自分の肌に合った正しいスキンケアを心がけましょう!

今回ご紹介した内容に関連する記事として

も併せてご覧ください。

まとめ

化粧水と乳液の違いを知ってスキンケア効果を上げる方法5つ

1 化粧水の役割とは?
2 乳液の役割とは?
3 美容液はどのタイミングでつけたらいいの?
4 大切なのは洗顔と保湿!
5 正しいスキンケアを実践するための注意点とは

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!
片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『真実の診断が大好評!』が大好評!
いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

自分の運気が気になる方は、是非お試しを!

今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2017 ライフスタイルNext