ワイルドライスの9つの若返り効果とダイエット活用法

ワイルドライスの9つの若返り効果とダイエット活用法

ワイルドライスとはアメリカのセレブたちの間で人気のスーパーフードで、見た目は少し長めのひじきのような、黒い色をした細長い食物です。

キヌア、アマランサスに続いて栄養価が高く、ヘルシーで若返り効果があると日本でも注目され始めています。

ではワイルドライスとはどのような食べ物で、どんな栄養が含まれ、どのように食るとダイエットに効果的なのでしょうか?

そこで今回は、セレブに話題のワイルドライスの若返り効果とダイエット活用法をご紹介します。


ワイルドライスの9つの若返り効果とダイエット活用法


1 ワイルドライスはスーパーフード!


ワイルドライスは、ライスと名前がついていますが、ワイルドライスは米などの穀物ではなく、マコモという植物の種です。

東アジア、東南アジアでは、このマコモの根元の茎の部分を食べる習慣があり、マコモダケと呼ばれています。

北アメリカでは古くからインディアンがアメリカマコモの種を食べる習慣があり、カナディアンライス、インディアンライスとも呼ばれています。

見た目は真っ黒で細長い形で、食感も米とは違いプチプチとしていてコクがあり、豊富な有効栄養成分が含まれています。

ワイルドライスに含まれれている栄養素

  • たんぱく質
  • アミノ酸
  • ビタミンE
  • 葉酸
  • ビタミンB類
  • 鉄分
  • マグネシウム
  • リン
  • 亜鉛
  • カルシウム

この中でもビタミンEと葉酸の含まれる量が多く、ビタミンEは玄米の4倍、葉酸は6倍も含まれています。

スーパーフードと呼ばれるワケは?

スーパーフードの定義は以下になります。

  • 豊富な有効栄養成分が含まれる
  • 低カロリー
  • メディカルハーブの要素が含まれている

さらに、科学的に作られたものではなく、あくまでも自然生まれの食品であることが重要です。

ワイルドライスはこの条件をすべて満たしているのでスーパーフードと呼ばれるのです。

また、良く似たスーパーフードにキヌアやアマランサスがあります。

どちらもワイルドライスと同じ雑穀類で有効栄養成分もたくさん含まれていますが、成分に少し違いがあります。

一緒に食べても美味しいので、ご自身の体調や効果を得たい部分に合わせてワイルドライスとブレンドしてみてください。

キヌアとアマランサスの特徴

キヌアの特徴

ヒユ科の植物の種でプチプチとした食感があり、サラダなどに使われています。
女性ホルモンと同じような働きをするフィトエストロゲンが含まれています。

アマランサスの特徴

同じくヒユ科の植物の種ですが、キヌアとは成分が違っています。
米には含まれていない必須アミノ酸リジンが含まれていることから、白米と一緒に炊いて食べることが多いです。

リジンは成長期に必要な成分で牛乳に多く含まれているので、牛乳の飲めない成長期のお子様におすすめです。


2 ワイルドライスは高いアンチエイジング効果が注目されている!


ワイルドライスにはビタミンEが玄米の4倍と豊富に含まれています。

ビタミンEは強い抗酸化力から「若返りのビタミン」と呼ばれ、体内の老化に関わる活性酸素を除去してくれます。

体の老化は活性酸素が細胞の周りの不飽和脂肪酸と結びつくことで酸化してしまうことで起こります。

活性酸素は普通に生活しているだけでもつくられてしまいますが、ストレスや紫外線、大気汚染などの避けられない要因によっても増えてしまいます。

ワイルドライスに多く含まれるビタミンEは、不飽和脂肪酸の代わりに活性酸素と結びついてくれることで、細胞が酸化するのを防いでくれるのです。


3 ワイルドライスの血管若返り効果


ワイルドライスに含まれるビタミンEには血管の細胞膜のダメージを防ぐ働きがあります。

細胞膜はダメージを受けると酸化し、分厚くなったり損傷を受けることで血管が弾力を失います。

ビタミンEは細胞膜のダメージを防いでくれるので、血管がいつまでも弾力のある若々しい状態に保たれるのです。

また、葉酸も動脈硬化を引き起こすホモシステインを減らす働きがあり、血管年齢の若返りに効果があります。

ホモシステインは栄養分が分解された後のアミノ酸の一つなのですが、血管に衝突して血管壁を傷つけてしまいます。

葉酸はこのホモシステインを無害なアミノ酸に分解することができます。


4 ワイルドライスのむくみを取る効果


ワイルドライスに多く含まれるカリウムは体内の水分バランスを整える効果があり、むくみを予防します。

カリウムは血液中などに含まれる塩分とバランスを取りながら血圧などの調整をしています。

塩分を取りすぎるとバランスが崩れるため、カリウムが腎臓で働き尿で塩分を排出することでバランスを戻すのです。

カリウムが足りないと腎臓の働きが抑制されてしまうので、むくみやすくなります。

また、ワイルドライスに含まれる塩分も玄米と比べて2分の1と少ないため、食べてもむくみにくい食材です。


5 ワイルドライスの便秘改善効果


ワイルドライスには食物繊維も多く含まれるため、腸内環境を改善する効果があります。

食物繊維は体内で水に溶ける水溶性食物繊維と体内でも水に溶けない不溶性食物繊維の2種類がありますが、ワイルドライスにはどちらの食物繊維も含まれています。

水溶性食物繊維は体内で水に溶けるとゲル状に変化し、体内の老廃物を巻き込みながら移動します。

また、水溶性食物繊維は腸内で発酵して善玉菌の餌になるので、腸内の善玉菌を増やしてくれます。

不溶性食物繊維は水を吸収し、膨張して大きな塊になります。

この大きな塊が腸内を刺激し蠕動運動を促すので、便秘の解消につながります。


6 ワイルドライスの新陳代謝アップと美肌効果


ワイルドライスに含まれるビタミンEやビタミンB2には優れた美肌効果があります。

肌は約28日のサイクルで新陳代謝を繰り返していますが、ビタミンEは毛細血管を広げて血流を良くするので、肌の新陳代謝を促進します。

また、紫外線を浴びると活性酸素が発生し、コラーゲンを切断するのでシワやたるみにつながります。

ビタミンEは活性酸素を減少させるので、シワやたるみの予防にもなります。

肌の細胞膜には不飽和脂肪酸という物質が含まれ、肌に弾力を与えています。

この不飽和脂肪酸が酸化すると「過酸化脂質」となり、メラニン色素を変質させてシミを作ってしまいます。

ビタミンB2はこの「過酸化脂質」を分解する働きがあり、シミ予防に役立つのです。


7 ワイルドライスのダイエットサポート効果


ワイルドライスはダイエット効果が期待できます。

ダイエット中は食事の制限などで必要な栄養素が取りにくいこともありますが、ワイルドライスはたくさんの栄養素が含まれているので積極的に食べたい食材です。

例えばダイエット中に貧血を起こす人は多いですが、ワイルドライスは鉄分を多く含むため貧血を予防してくれます。

何より魅力的なのが、脂肪分が玄米の3分の1と少なく、効果的に必要な栄養素だけを摂取することができます。

先にご紹介した、むくみ予防や腸内環境の改善もダイエットには効果的な要素です。


8 早速試してみたい!ワイルドライス手に入れるには?


ワイルドライスはどこで購入できる?

ワイルドライスをいざ使ってみようと思うけど、どこに売っているかわからないという声をよく聞きます。

ワイルドライスはスーパーなどでは雑穀米などを置いてあるお米コーナーに置いてあることが多いです。

確実に置いてあるのは輸入品や自然食品を多く扱っているスーパーでしょう。

リーズナブルに手に入れたい場合は通販を利用するのがおすすめです。

ワイルドライスは産地で使い方が変わる

ワイルドライスは主に北米で作られていますが、その中でも産地によって味や食感などに違いが出てきます。

カリフォルニア産は粒がとても硬く、煮込み料理などのじっくり火を通す料理に向いています。

カナダ産はカリフォルニア産に比べて粒は柔らかめで、ごはんに混ぜたりサラダにするなどして食べるのがおすすめです。

ワイルドライスの保存方法

調理前のワイルドライスは米と同じように高温多湿を避け、保存用の容器に移して常温で保存します。

一度袋を開封してしまったものはカビや虫などが発生しやすくなるので、なるべく早く食べきってしまいましょう。

また加熱済みのワイルドライスは冷蔵庫で2~3日、冷凍庫で約1か月ほど保存可能です。


9 ダイエットに効果的なワイルドライスの食べ方


どのくらい食べると効果的?

ワイルドライスの1日の摂取量は特に基準はありません。

少量でも栄養効果は得られますので、毎日の食事にぜひ取り入れてください。

ワイルドライスの茹で方

ワイルドライスはごはんに混ぜたり、サラダやスープに加えるなどして食べるのがおススメです。

ただし、ワイルドライスはとても硬いのでごはんと一緒に炊飯器で炊いても柔らかくはなりません。

必ず一度茹でてからごはんやサラダに混ぜるようにしましょう。

水でサッと洗ったら、水がたっぷり入った鍋にワイルドライスと塩を少々入れて茹でます。

沸騰したら弱火にし、20分~40分茹でれば出来上がりです。

ワイルドライスでスーパーフードごはん

炊いたご飯にワイルドライスを混ぜるだけで、スーパーフードごはんの完成です。

茹でると3倍ほどに膨れるのでご飯にまぜるとかさ増しになり、ごはんが少なめでも満足感があります。

この方法はとっても手軽にワイルドライスを食べられ、飽きにくいのでおすすめです。

ワイルドライスでライスサラダ

ワイルドライスはサラダによく使われています。

サラダの上に直接乗せたり、ドレッシングに混ぜてサラダにかける方法があります。

ワイルドライスがプチプチとした食感とコクのある味なので、シンプルな味付けでもおいしく食べることができます。

ワイルドライスをスープに入れる

ワイルドライスをスープに入れて飲むのもおすすめです。

食べごたえと香ばしさで満足感があり、食べ過ぎを防いでくれます。

クリームスープなどの洋風スープからお吸い物などの和風スープまで、様々な味のスープに入れることができます。


さて、『ワイルドライスの9つの若返り効果とダイエット活用法』はいかがでしたか?

栄養価がとても高く、脂肪分が少ないので美容や健康維持には効果的な食材でしたね。

ただ、ワイルドライスは若返りやダイエットに優れた効果を発揮しますが、この食材だけでは日々の美と健康は守れません。

質の良い眠りや適度な運動、休息などをバランスよく取り入れて、総合的に体の調子を整えていきましょう。

今回ご紹介した内容に関連する記事として

も併せてご覧ください。

まとめ

ワイルドライスの9つの若返り効果とダイエット活用法

1 ワイルドライスはスーパーフード!
2 ワイルドライスは高いアンチエイジング効果が注目されている!
3 ワイルドライスの血管若返り効果
4 ワイルドライスのむくみを取る効果
5 ワイルドライスの便秘改善効果
6 ワイルドライスの新陳代謝アップと美肌効果
7 ワイルドライスのダイエットサポート効果
8 早速試してみたい!ワイルドライス手に入れるには?
9 ダイエットに効果的なワイルドライスの食べ方


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2016 ライフスタイルNext