【断捨離で後悔】好転反応を跳ね除ける5つの方法

【断捨離で後悔】好転反応を跳ね除ける5つの方法

断捨離をすると部屋が片付きすっきりしますが、「あぁ捨てなければよかった」と後悔することもありますよね。

正しい基準で物を捨てることができていないから後悔をするもので、自分で捨てようと決めた物と決別できると後悔をしなくなります。

新しい環境に慣れるのは、1日や2日では難しいですが、長いスパンで見ると良い結果に繋がります。

断捨離した自分を信じて、後悔する気持ちを吹き飛ばしつつ、好きな物に囲まれる生活を始めてみませんか。

そこで今回は、断捨離をすることで後悔しない具体的なやり方と実践方法をご紹介します!


【断捨離で後悔】好転反応を跳ね除ける5つの方法


1 簡単にできる断捨離の3ステップ


断捨離と良く耳にしますが、ただ単に物を捨てるのが断捨離ではないことはご存知ですか?

そこで、断捨離を行うときに気を付けたいポイントと具体的な実践方法をご紹介します!

断捨離の3つの手順

使わない物は捨てること

買ったけれど使わないという物から捨てる準備をしましょう。
「いつか必要になるかも」は今現在必要ではないということで、次に使うときが来てもその存在を忘れているケースが多いからです。

洋服は半年以内に着たかどうか

溜まりがちな洋服も半年を期限に断捨離しましょう。
衣替えの時期と合わせて行うと効率が良く、丁度半年以内に着たかどうかわかりやすいためおすすめです。

本も半年以内で判断

嵩張る本も半年以内に読んだかどうかが基準になります。
ビジネス書などは読んで力を付けたら、読み返すのではなく、ワンステップ上の物に移行する癖をつけると自然と溜まらなくなります。

断捨離を始めると、物以上に服や本が溜まっていることに気付けるはずです。

ぜひ頭の中を整理するためにも試してみてください!


2 断捨離で後悔しない2つのポイント


断捨離をしていると、いきなり沢山の物がなくなるため後悔する方も多いです。

いきなりいつもと違う状況になれば、体も違和感を覚えるもので、後悔という形になって現れます。

体が普段と違うと感じるのは良いことですが、良い方向に向かう変化のためには後悔ばかりもしていられませんよ。

そこで後悔の少ない断捨離にするポイントのご紹介をします!

後悔しない2つのポイント

  • 捨てる前に1つ1つ確認し、捨てる場合は感謝を伝える
  • 無理に捨てることはしない

この2点を守ることで後悔をする回数を減らすことができます。

特に無理をやりに捨てた物ほど後ろ髪を引かれるものですから、断捨離をするときには気を付けましょう!


3 断捨離を思い止まるべきもの


使わないから、いらないからといって断捨離をする前に一度踏み留まって欲しい物がいくつかあります。

1年ほどの目安で見て欲しい物も一緒にご紹介いたしますので、断捨離の参考にしてください。

断捨離する前に考えたいもの

  • 給与明細
  • 教科書
  • アルバム
  • 日記
  • 表彰状
  • 貴金属類

給与明細は年金や税金の計算に使ったなんてことや、子どもの教科書を断捨離したらまた使う日が来たといった場合も、断捨離をするときはくれぐれも注意して衝動的に捨ててしまわないようにしましょう。


4 断捨離で起こる良いこと


断捨離で後悔することは直後に多いですが、大切な物に囲まれる生活に慣れるころには身の回りで良いことが増えていくはずです。

そこで、断捨離がもたらす良いことをご紹介します!

断捨離で起こる3つの良いこと

一番は部屋がきれいになること

断捨離を始めると最初こそ捨てる物が多いですが、必要な物しか持たない生活に変わっていくため、きれいな状態を保つことができます。
床に物を置く回数が減る、洗濯物を置いたままにしないことも心がけていないのに自然としなくなるというおまけつきです。

洋服を大切にすることで出費が減る

流行を追った服が趣味の方も断捨離を始めるとシンプルな物に変わり、質の良い服を選ぶようになります。
質の良い服を選ぶことで1枚を大切にすることから、沢山服を買わなくなり、以前より高い服を着ているにもかかわらず、出費が押さえられたという人もいました。

お小遣いが増える

洋服や本は断捨離のときに捨てるのではなく、売るという他人に譲る方法があります。
買ったときほどの値段は付きませんが、それでもただで捨てるよりはお金が手に入ります。
売ってできたお金を好きなことに使えば、断捨離も良かったことになりますよ。

断捨離をしたときに感じることは物が減り不安になることです。

しかし時間がたてば、良いことに目が良くようになりますから、時間をかけて慣れていくようにしましょう。


5 断捨離で後悔したときに気を付けたいこと


衝動的に捨ててしまった物や執着していたものを勢いで捨ててしまうと後悔も大きいものとなります。

後悔をしているときに多ことが必要のない物を買いすぎてしまうことや、衝動買いをしてしまうことが挙げられ、空いた穴を他の物で満たして安定を取ろうと体が勝手に行動してしまうことです。

そこで断捨離をした直後に気を付けたい3つのポイントに注意しましょう。

断捨離で後悔する前に注意したい3つのこと

  • 物を家に入れるときは本当に必要か、使うかをあらかじめ考える
  • 捨てた物と似た物をすぐには買わない
  • 執着していた理由を考えて必要なら取り戻す、または買い直す

断捨離をするときには執着心を捨ててから行うことが大切な理由は、捨てた後の後悔に繋がってしまうからです。

断捨離をしてどうしても後悔が出てしまうときは執着のある物を取り戻せるならば取り戻してみるのも一つの方法ですね。


さて、『【断捨離で後悔】好転反応を跳ね除ける5つの方法』はいかがでしたか?

断捨離をすると物がなくなり、後悔してしまいがちですが、ほんの一瞬のことです。

大切な物に囲まれる生活は2年もすると馴染み、心地の良い生活へと変わってくれます。

断捨離といっても、使っていないものを捨てるのではなく、自分の心を整理するために、必要のない物を捨てるということを忘れずに、ゆっくり考えながら捨てていけると、後悔の念に悩まされることも、物を増やし過ぎてしまうこともありません。

ぜひ断捨離をするときは、後悔で元の状態に戻さないよう取り入れるようにしましょう!

今回ご紹介した内容に関連する記事として

も併せてご覧ください。

まとめ

【断捨離で後悔】好転反応を跳ね除ける5つの方法

1 簡単にできる断捨離の3ステップ
2 断捨離で後悔しない2つのポイント
3 断捨離を思い止まるべきもの
4 断捨離で起こる良いこと
5 断捨離で後悔したときに気を付けたいこと


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2017 ライフスタイルNext