職場でイライラしない方法として使える5つの気持ちの抑え方

職場でイライラしない方法として使える5つの気持ちの抑え方

仕事をしていると、自分と気の合わない人がいることや、忙しいこと、上手くいかないことなどでストレスが溜まりますよね。

仕事ができるからイライラが溜まる、仕事ができないからイライラが溜まるなど、人それぞれのストレスがあるので、カリカリしないで働けると良いのです、意識していなくても溜まってしまうのがストレスですので、どこかで息抜きをするのが一番です。

ただ、職場という限られた空間にいると、なかなか思い切った息抜きなどできるはずがありません。

そこで今回は、職場でのイライラを、できるだけ溜めない方法と中心に、イライラを抑える方法をご紹介します!


職場でイライラしない方法として使える5つの気持ちの抑え方


1 仕事ができない人を見てイライラが溜まるのを抑える方法


職場では単独で仕事する場合は良いのですが、2人1組や誰かの指示を仰いだり、お願したりと、人と関わる場合には、イライラが溜まることがあります。

仕事ができない人を見てイライラが溜まるのを抑える方法

仕事でミスする人へのイライラを抑える

いくら教えても、ケアレスミスを連発する人を見ると、イライラしますよね。
特に当の本人に悪気がないとなると、怒りの矛先を抑えられず、イライラが溜まる一方になります。
そんなときには、最初からミスをしそうなところを指摘してあげる、先回りしてミスしないように誘導するようにしましょう。

仕事の効率が悪い人を見てイライラが溜まるのを抑える方法

のろのろと作業をする人に、じれったくなることってありますよね。
無理に期待してもイライラは募るだけですので、素直に「この人はここが限界なのだ」なのだと認識してしまいましょう。

少し考えを変えるだけで、イライラを減らすことは簡単ですので、ぜひ試してみてくださいね!


2 身の回りを整理してイライラを未然に防ぐ方法


仕事中のイライラに、探したい物がすぐに見つからないことからくるものがあります。

さらに仕事のスペースが十分ではない、書類やメモ類でごちゃごちゃになっている等で、イライラなんてこともあります。

イライラを未然に抑えるために、常に身の周りをきれいにするようにしましょう。

きれいにしたい自分の3エリア

  • 仕事で使うデスク
  • 職場用のカバン
  • ロッカーの中

快適な空間にいると、些細なことでイライラすることもなくなるものです。

忙しくて時間が取れない場合もあるかもしれませんが、身の回りの整理は少しずつではなく、一気にやってしまうのが一番ですので、時間を見つけて行うようにしましょう。


3 スケジュール管理で仕事のイライラを抑える方法


本来ならもっと余裕を持てたのに、先延ばしすることで最終的に焦ってイライラ、、、なんてことがありますよね。

こうなってくると周りの人にもイライラ、些細なことでもイライラと、イライラの負の連鎖が続くことになってしまいます。

そこでスケジュール管理を徹底して、イライラを未然に防ぐようにしましょう。

4つの仕事のスケジュール管理のポイント

  • カレンダーに納期を1日早めて書いておく
  • 付箋に『今日やるべきことリスト』を書いて、終わるごとに剥がしていく
  • スマフォのタスク管理機能でやるべきことの確認する
  • 1日の中の時間割を作ってみる

仕事の管理は職場で決められた画一的なものを使うのが良い方、自分に合ったスタイルで管理するのが良い方と千差万別です。

ぜひ工夫しながら、自分にしっくり来る方法で管理するようにしましょう。



4 睡眠不足や体の不調からくる朝のイライラ対策


朝、職場に着いても気分が乗らない、眠気が抜けずにイライラ、、、なんてことはありませんか?

こんなイライラの原因は、脳が仕事をする状態ではないと認識している可能性があります!

そこで、脳を強制的に仕事モードに切り替える方法をご紹介します。

脳を仕事モードに切り替える方法

  • 起床してすぐ日光を浴びながら、「良く寝たぞ」と声を出す
  • 起床してブラックコーヒーを飲む
  • 朝食はバナナやリンゴなど、糖分を多く含む果物を食べる

朝食は脳を活発化するために必要不可欠ですので、朝食抜きの習慣がある方は改めるようにしましょう。

さらに早起きの習慣を心がけることで、朝のラッシュや渋滞を避けて通勤できるため、イライラが溜まるのを防ぐこともできますよ。


5 意外に使える!職場でコッソリできるイライラ解消法


おしゃべりな同僚、口うるさい上司などなど、集中して仕事をしたいときに限って、絡んで来る人っていますよね。

せっかくやる気になっているのに、絡まれると余計にストレスが溜まるものです。

そんなときは、話しかけられないようにするのがベストです。

例えば、喉が痛い等の理由をつけて、マスクしてしまえば不要な会話をシャットアウトできますし、人の視線も気にならなくなるのでおすすめです。

さらにイヤホンで好きな音楽を聴くことができる職場であれば、周囲に「1時間集中したいので、話しかけないでね」と伝えた上で、仕事をするのも良いでしょう。

そもそも人の悩みの根源は、コミュニケーションに関連するものが多いものですので、一定の時間外界をシャットアウトして、イライラから解放できる時間を作るように工夫してみましょう。


さて、『職場でイライラしない方法として使える5つの気持ちの抑え方』はいかがでしたか?

ちょっとしたコツの実践で、職場でのイライラの大半は抑えることができます。

仕事を効率化するためにも、ぜひ紹介したものの中で使えそうなものがあれば、実践してみてくださいね!

今回ご紹介した内容に関連する記事として

も併せてご覧ください。

まとめ

職場でイライラしない方法として使える5つの気持ちの抑え方

1 仕事ができない人を見てイライラが溜まるのを抑える方法
2 身の回りを整理してイライラを未然に防ぐ方法
3 スケジュール管理で仕事のイライラを抑える方法
4 睡眠不足や体の不調からくる朝のイライラ対策
5 意外に使える!職場でコッソリできるイライラ解消法


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2018 ライフスタイルNext