痙攣性便秘の原因と速攻解消のための5つのポイント

痙攣性便秘の原因と速攻解消のための5つのポイント

便秘は女性の方に多く見られる症状で、長く続くと肌荒れなども起こり、ますます悩ませることになります。

そもそも便秘は放っておいても治るものでもなく、原因や種類が様々あるため、間違った対処法をすると、かえって悪化してしまうこともあります。

その中で便秘の症状の一つである痙攣性便秘が若い女性の間で増えています。

そこで今回は、痙攣性便秘の原因と解消法、そして便秘にならない生活習慣の整え方も併せてご紹介します。


痙攣性便秘の原因と速攻解消のための5つのポイント

  


1 慢性便秘と急性便秘


まず痙攣性便秘について調べる前にどのような種類の便秘かを調べる必要があります。

便秘には慢性便秘と急性便秘の二つに分けられます。

日頃から便秘に悩まされる常習性のあるものを慢性便秘と呼び、一時的に起こる便秘を急性便秘と呼びます。

さらに分けると、慢性便秘と急性便秘にはそれぞれのタイプがあります。

慢性便秘の種類

弛緩性便秘

腸の動きが鈍く、おなかが張っていても便が出ない状態です。

直腸性便秘

便意を我慢しすぎて脳が便意を感じにくくなってしまう状態です。

症候性便秘

病気が原因で便秘に陥る状態です。

痙攣性便秘

機能性便秘の一種で主にストレスが原因で起こりうる症状です。

このように慢性便秘は4つに分けられ、痙攣性便秘はそのうちの一つになります。

つまり慢性便秘にはタイプごとに4つの改善策があると言う事です。

現在便秘の方は自分がどのタイプの便秘なのかを確認してみてください。


2 痙攣性便秘の主な原因


主にストレスが原因で痙攣性便秘ですが、ストレス社会の現代人は誰でも起こりうる症状でもあります。

しかしながら、ストレスだけが痙攣性便秘の原因と言うわけでもありません。

もちろん主な原因はストレスにありますが、痙攣性便秘が起こる原因は他にもあります。

痙攣性便秘の原因

精神的ストレス

過度なストレスにより交感神経と副交感神経のバランスが乱れたことが原因になります。

食物繊維の過剰摂取

大腸を活発にし過ぎて腸を痙攣させたことが原因になります。

下剤や便秘薬の使用

薬の服用で腸に刺激を与えすぎて痙攣を引き起こしたことが原因です。

過敏性大腸炎

症状に便秘と下痢、その両方のタイプと腸内にガスが溜まるなどの症状が見られ、痙攣性便秘と同じくストレスが原因で引き起こされます。

このようにストレスだけが原因で痙攣性便秘は起こるものではなく、腸への過剰な刺激を与えることでも起こる症状です。

そして過敏性大腸炎は、症状や原因が痙攣性便秘とほぼ一緒で、すぐには気づきにくい症状なのです。

痙攣性便秘にはいくつかの原因があるので、自分の状況と照らし合わせて判断しましょう。


3 痙攣性便秘の症状


痙攣性便秘は日頃のストレスが原因で引きおこる便秘です。

ストレス社会と言われる現代で増えている症状と言うのも頷ける気がします。

痙攣性の便秘にはどのような症状があるのかをご紹介します。

痙攣性便秘の症状

  • 便秘と下痢を繰り返す
  • 食後などに下腹部に痛みを感じる
  • コロコロした硬い便がでる
  • 排便の後も腸に残っているような感覚がある

痙攣性便秘はストレスにより、自律神経が乱れた状態で起こりやすい症状です。

自律神経が乱れることで、腸の機能までが乱れて激しい収縮を起こし、痙攣したような状態になることから、痙攣性便秘と呼ばれる症状に陥ります。

また便秘と下痢を繰り返す場合は、同じ原因で起こる過敏性腸症候群と言う病気の可能性も高まります。

過敏性腸症候群の特徴は下腹部の痛みと不快感を伴い、便秘と下痢を繰り返す症状でストレスが原因なことからも痙攣性便秘と酷似した症状です。

主に男性は下痢型で女性は便秘型になりやすいのが過敏性腸症候群のもう一つの特徴です。

これらの症状が見える時は適切な改善策を行いましょう。


4 痙攣性便秘になりやすい人の特徴


痙攣性便秘の原因は、ストレスなので誰にでも起こる可能性があります。

しかしながら便秘になりやすい人とそうでない人もいるのです。

痙攣性の便秘になりやすい人には、どういった特徴があるのか挙げてみましょう。

痙攣性便秘になりやすい人の特徴

  • 内向的な人
  • 感情表現が苦手な人
  • 周りに気を使いすぎる人
  • 思い込みが激しい人
  • 体の変化に鈍感な人

痙攣性便秘になりやすい人は心身症で、自分の感情を表に出すのが苦手な人や体の感覚に鈍感な人、感情を内面にためるタイプです。

他人迷惑をかけまいと、言いたいことや感情表現がスムーズに行えないために、なかなか痙攣性便秘が改善しない方が多いのも実情です。

もし自分や周りにこれらのことが当てはまるような方がいる場合には、自分はもちろん他人を労り心と体のサポートをしてあげてくださいね。


5 痙攣性便秘の解消法


心と体に何かしらの異常をきたしてしまった人ほど、痙攣性便秘になりやすいものです。

原因がわかった以上は、それらを取り除いてあげることが改善の近道と言う事になります。

それでは痙攣性便秘の改善解消法についてご説明いたします。

痙攣性便秘の解消法

腸を刺激しない食事をとる

アルコールやカフェイン、香辛料などの腸を刺激するものを避け、適量を心がけましょう。

気持ちを落ち着けてリラックスする

原因となるストレスを解消し、十分な休息をとることで自律神経を落ち着けましょう。

腸内環境を整える

ビタミンCや乳酸菌などの善玉菌が増える食事やサプリなどの腸の働きに良いものをとりましょう。
例えば、毎朝ヨーグルトを食べるなど習慣化しやすいものがおススメです。

水溶性の食物繊維をとる

腸に負担のかからない消化吸収の良いキノコ、海藻などの食物繊維を取り入れましょう。

適度な運動を行う

ストレス発散や代謝を促し、自律神経を整えることにもなるので生活リズムを整えるとともに行いましょう。

しっかりとした睡眠をとる

睡眠は自律神経やホルモンバランスの分泌を整えるのに必要な行為ですので、決まった時間にしっかりと睡眠をとりましょう。

生活リズムを整え、食生活を改善することが痙攣性便秘改善の最善の方法です。

そして適度な運動と十分な休息と言う便秘だけに限らず、体を正常な状態に戻すための必要な行為です。

便秘改善を目的だけにせず、頑張り過ぎずに自分の体と心をちゃんと労ってあげてくださいね。


さて、『痙攣性便秘の原因と速攻解消のための5つのポイント』はいかがでしたか?

ストレスを抱える現代社会において痙攣性便秘は現代病とも言える症状でしょう。

勉強や仕事も大事ですが、自分の心と体を守るのは結局のところ自分なのです。

心に負担を与えれば体にも影響は出てくるので、無理をせず適度に休息をとって改善に努めてくださいね。

今回ご紹介した内容に関連する記事として

も併せてご覧ください。

まとめ

痙攣性便秘の原因と速攻解消のための5つのポイント

1 慢性便秘と急性便秘
2 痙攣性便秘の主な原因
3 痙攣性便秘の症状
4 痙攣性便秘になりやすい人の特徴
5 痙攣性便秘の解消法


今、あなたにオススメ

にほんブログ村 美容ブログ 30代女磨きへ

免責事項

copyright 2016 ライフスタイルNext