ごぼう茶のアンチエイジング力がヤバい!5つの効用と飲み方

ごぼう茶のアンチエイジング力がヤバい!5つの効用と飲み方

ごぼう茶は、飲むだけで血管内の酸化を防ぎ、美容や健康と誰もが気になるダイエットにも効果のある、まさに万能のお茶!

そして何よりも若返りアンチエイジング効果があることで知られていますよね。

実はごぼう茶には、便秘解消にデトックスに、生活習慣病予防など、すごい効用効果がたくさんあります。

そこで今回は、ごぼう茶のすごい効用効果と美味しく毎日飲み続けるためにコツをご紹介します。


ごぼう茶のアンチエイジング力がヤバい!5つの効用と飲み方


1 ごぼう茶で艶やかなお肌を手に入れる方法


ごぼう茶にはクロロゲンやサポニンと呼ばれるポリフェノールが豊富に含まれているのが特徴です。

これらのポリフェノールは、体内の酸化を防ぐ「抗酸化作用」を持っており、お肌を美しく若返らせるアンチエイジング効果が期待できます。

抗酸化作用とは、体を酸化から守る働きのことで、酸化が進むといわゆる老化現象を引き起こします。

体の酸化が進むと、お肌や髪の毛といった女性にとっては気になる部分から老化の症状が出てくるのが特徴です。

クロロゲンやサポニンのもつ抗酸化作用を利用すれば、肌荒れを改善させたり、白髪を防ぐ効果が期待できます

サポニンが一番含まれているのが、ごぼうの皮の部分です。

皮は普段なら捨ててしまうことが多いですが、ごぼう茶ならば無理なく摂取することが出来ますよね。

また、ごぼうに含まれるクロロゲンという成分は、加熱することで抗酸化作用がさらにアップするということがわかっています。

ごぼうを炒って作るごぼう茶を飲むことで、ごぼうの持つアンチエイジング力をよりパワーアップさせて摂取することが出来るのです!


2 腸を綺麗にする!ごぼう茶で便秘解消&ダイエット効果


女性の多くが悩まされている「便秘」。便秘が続くと肌荒れを引き起こすだけでなく、代謝が下がり、ダイエットにも大敵です。

ごぼう茶は、腸の働きを整える「食物繊維」をたくさん含んでおり、便秘解消、腸内環境改善に優れた効果を発揮します。

長年便秘でお悩みだったという方でも、飲み物をごぼう茶に変えるだけで、みるみるお通じが良くなったという口コミもあります。

ただ、人によってはたくさん飲むとお腹が緩くなる人もいるほどの、強力なデトックス効果を持つお茶なのです!

なぜこれだけ優れた効き目があるのかというと、ごぼう茶の原材料であるごぼうは、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がバランスよく含まれている食品であるためです!

水溶性食物繊維は、腸内環境を整え腸内の水分量を調節する働き、 不溶性食物繊維は便のカサを増やし、腸の内側をキレイにしてくれる働きがあります。

便秘解消には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の絶妙なバランスが大切ですので、ごぼう以外の野菜を食べるときに、どちらの食物繊維が含まれているかを意識することも大切です。

水溶性食物繊維を多く含む食べ物

  • アボカド
  • ゆりね
  • おくら
  • 山芋
  • 納豆

非水溶性食物繊維を多く含む食べ物

  • いんげん
  • あずき
  • おから
  • きのこ
  • ふすま粉
  • アーモンド
  • 切り干し大根

ごぼう茶と併せてバランスの良い食物繊維も積極的に摂るようにしましょう


3 ごぼう茶で血糖値上昇を抑える


ごぼう茶の成分であるイヌリンは、血液中の血糖値の上昇を抑え、コレステロールの排出を助けるほか、サポニンが糖質を分解し、血液をサラサラにする効果があります。

ごぼう茶が血管の中をサラサラにすることで体の酸化を防ぎ、さらに代謝もぐんぐん上がるので、美容やダイエットにも大きく役立つのです。

例えば、女性ならみんな大好きスイーツを食べると、血液中の糖分の値である血糖値が上昇し、その状態が長く続くと体内の細胞が酸化して老化を加速させてしまいます。

「甘いものが大好きでやめられない!」という方は、是非スイーツと一緒にごぼう茶を飲んでみましょう!

温かいごぼう茶にはリラックス効果と食欲を抑える効果もあるので、血糖値の上昇と共に食べ過ぎも防ぐことができますよ。


4 ごぼう茶で体内デトックスと体の冷えを解消


ごぼうに含まれるイヌリンには、体内に入った余分な水分や塩分を吸収して、むくみを緩和する効果もあります。

むくみを解消し、血液をサラサラにすることで、体の老廃物を流してデトックス効果が期待できるのです!

さらに血液の循環が良くなるので、代謝もアップと体の冷え性も改善するという、ダブル・トリプル効果も期待できます。


5 ごぼう茶を淹れてみよう!作り方と美味しい淹れ方


ごぼう茶葉はスーパーやドラッグストアでも手に入るので、気軽にごぼう茶を飲み始めることができますが、土の中で育ったごぼうを使って、自宅で簡単にごぼう茶を作ることも出来ます。

そこで、ごぼうからごぼう茶を作る方法と美味しい淹れ方を併せてご紹介します。

ごぼう茶の作り方

  1. ごぼうを良く洗ったらささがきにする
  2. ざるなどに乗せ乾かしたら、ときどき裏返したりしながら完全に乾くまで繰り返す
  3. 乾いたら弱火で30~40分程度煎ったら、冷ます
  4. 粉末状になるまで擦る

出来上がった茶葉はやかん、または急須で淹れると香り豊かでおいしいごぼう茶を入れることが出来ます。

ごぼう茶の淹れ方

やかんを使う場合

やかんで煮出す場合は1.5リットルのお湯を沸かし、ごぼう茶葉6gを入れていれて10分間煮ます。

急須を使う場合

ごぼう茶葉1~2gを急須に入れ、150㏄のお湯を注げば出来上がりです。

ごぼう茶を淹れて残った茶殻は、食物繊維や栄養価が詰まっているので、軽く炒めてふりかけにしたり、きんぴらに入れるなど活用できます。

無農薬や有機野菜のごぼうを手に入れたら、無添加のごぼう茶が自作できるので体にも安心です。

ぜひごぼうの栄養を存分に、毎日体の中に取り入れていきましょう!


さて、『ごぼう茶のアンチエイジング力がヤバい!5つの効用と飲み方』はいかがでしたか?

体の老化はまず一番にお肌から始まるとされており、20歳を超えるころから老化はスタートして、25歳を境に加速度的に老化のスピードが加速していきます。

自分は大丈夫と思っていると、もう老化の加速を止めることができない歳になってしまうという方が大半なのです。

つまりアンチエイジングを始めるのは、早いに越したことはないということです。

幸いにもごぼう茶は、体を内側から若返らせて、老化の加速を落とすことができます。

ぜひアンチエイジングのために、若々しい自分に戻るためにも、ごぼうをどんどん活用していきましょう!

まとめ

ごぼう茶のアンチエイジング力がヤバい!5つの効用と飲み方

1 ごぼう茶で艶やかなお肌を手に入れる方法
2 腸を綺麗にする!ごぼう茶で便秘解消&ダイエット効果
3 ごぼう茶で血糖値上昇を抑える
4 ごぼう茶のデトックス効果で体を若返らせる
5 ごぼう茶を淹れてみよう!作り方と美味しい淹れ方


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2016 ライフスタイルNext