スギナ茶の効用効果と飲み過ぎで起こる副作用6つ

スギナ茶の6つの効用効果と飲み過ぎで起こる副作用

スギナ茶というものをご存知でしょうか?

とても生命力の強いお茶で、原爆投下後の広島の荒れ地に最初に生えてきた植物だったという逸話があります。

この生命力が溢れるスギナ茶には栄養豊富でしかもダイエット効果も抜群と言われています。

しかしながら、そんなスギナ茶にも飲むことで起こる副作用も存在するのです。

何事にも言えますが、体に良いものでも用法を間違えると毒になってしまうことだってあり得ます。

健康に良いけど、飲み方を間違えると逆効果になってしまうスギナ茶ですが不安になることはありません。

今回の内容はスギナ茶の正しい飲み方と扱い方についてのご紹介をします。


スギナ茶の効用効果と飲み過ぎで起こる副作用6つ


1 そもそもスギナとは何か


スギナはお茶として飲まれていますが、長年雑草として扱われていました。

ツクシが成長した後に生えてくる雑草で、いたるところで見かけることができます。

その性質上、完全除去が難しく多くの人から嫌われていました。

現在はお茶として扱われているスギナですが、雑草として以外にあまり知られてはいません。

それでは皆さんにスギナについてご紹介しましょう。

スギナという植物

  • シダ植物トクサ科
  • 別名:地獄草
  • 栄養茎:スギナ
  • 胞子茎:ツクシ

食用として利用されるツクシのほうが有名ですが、スギナもツクシも同じなのです。

スギナに含まれる栄養は以下になります。

  • ミネラル
  • ビタミン

特にミネラルは豊富で、スギナは「モンケイ」と呼ばれる生薬に利用されます。

雑草と扱われているスギナですが、このように栄養素も含んでいるのです。


2 スギナ茶に含まれるすごい効用効能


スギナに含まれた豊富なミネラルはスギナ茶の元になり生薬にも利用されています。

スギナ茶に含まれる栄養価はとても高くダイエットにも適していると言われています。

それでは次にスギナ茶の効用効能をご紹介します。

スギナ茶の効用効能

  • ダイエット効果
  • 美容デトックス効果
  • がん予防効果
  • 自律神経の調整効果
  • 腎機能調整効果
  • むくみ解消効果
  • 解熱効果
  • 利尿作用

スギナ茶の豊富なミネラルとビタミンがこれだけの効果を見せるのです。

葉緑素が腎機能を高め、利尿作用を働かせることで体内の毒素を排出するデトックス効果があります。

そしてカルシウムが髪や肌のツヤを保つなどの様々な美容効果もあり、スギナ茶は健康的にダイエットを行うことができます。

雑草でもこれほどの効果があるから侮れないものですね。


3 気をつけたいスギナ茶の副作用


雑草と言われながらも、その高い生命力で豊富な栄養素と効果をもたらすスギナ茶ですが、副作用がないわけではありません。

むしろスギナ茶の副作用は恐ろしいものがあるのです。

スギナ茶の多量摂取は脚気を引き起こす恐れがあるのです。

今でこそあまり聞かない脚気ですが、重症になると命の危険性もある病気です。

脚気の症状にはこのようなものがあります。

脚気の症状

  • 神経炎
  • 心臓機能の低下
  • 心不全

昔は脚気による死亡者は4000人近くに上りました。

脚気とはビタミンB1の不足により起こる症状です。

戦時中は当時の事情により、かかる者が多く有名人の死亡者も出ていた恐ろしい病気なのです。

現在はビタミンB1を補給する手段が増え、食事事情も改善されているので脚気にかかる人は激減しました。

しかしながら、スギナ茶の飲みすぎは脚気の危険性をはらんでいるので飲みすぎには十分な注意が必要です。


4 スギナ茶飲み過ぎで起こる脚気とは


脚気はビタミンB1の欠乏で引き起こされる病気です。

なぜスギナ茶を飲むことで脚気が引き起こされるのでしょうか?

実はスギナ茶に含まれるチアミナーゼという酵素は、チアミンというビタミンB1を分解し、破壊されてしまうのです。

また、スギナ茶にはむくみを解消する効用があると言われていますが、むくみ解消のためにスギナ茶を飲むことでビタミンB1が破壊され、脚気が引き起こされ最初に戻るという悪循環を引き起こす可能性があります。

このように症状を改善しようとして、逆効果どころか悪循環にはまってしまい悪化させてしまうこともあるのです。

また、妊娠中の方や授乳中の方はホルモンバランスに影響を及ぼすことも考えて、スギナ茶の引用は控えるべきでしょう。

また、母体を通して赤ん坊にも影響を与える場合もあります。

スギナ茶は高い栄養価を秘めてはいますが、飲み方を誤ると恐ろしい副作用を引き起こすこともあります。

正しい飲み方をすることで安全に良い効能だけを得ることが可能になります。

スギナの成分を含んだ食品などを口にする際には要領によく注意してください。


5 副作用に気をつけてスギナ茶を飲む方法


それではスギナ茶の安全な飲み方についてご紹介します。

スギナ茶の飲み方

急須で飲む

通常のお茶のように1,2杯程度の茶葉を急須に入れて飲みます。

煮沸して飲む

ヤカンに1リットルほどの水を入れて煮詰めますが、長時間の煮沸はスギナの成分であるケイ素が失われますので気を付けましょう。

食べ物と組み合わせて飲む

ニンニク料理

ニンニクに含まれるアリシンがビタミンB1を分解されにくくし、吸収を早めます。

豚肉料理

赤身であれば脂肪分も少なく、動物性たんぱく質は分解されにくいという特徴もあります。

スギナ茶は適量であれば副作用の心配は格段に下がりますが、飲み方を工夫すればさらに安全に飲むことが可能です。

ビタミンB1を破壊する恐れをはらむスギナ茶ですが、ビタミンB1を補給しながら飲んだり、分解しにくい成分を取り入れることで問題なく飲めます。

以上のことを試しながら安全にスギナ茶を飲んでくださいね。


6 自分でスギナ茶を作る方法


スギナ茶はどこにでも生える雑草ですので、入手は容易です。

多少の手間をかければ自宅で作ることも可能です。

そこでスギナ茶の作り方をご紹介します。

スギナ茶の作り方

材料

スギナ:お好みで
水:1リットル

作り方

①スギナを天日干しにする
日当たりの良い場所で半日から日の出てる間は置いておきます。

②干したスギナをカットする
乾燥したスギナを細かく切ります。

③スギナを火で炒る
フライパンで炒め、香ばしい匂いがして来たら別の容器に移します。

④煮沸する
ヤカンなどに2,3掴みほどスギナを入れて煮立てます。

⑤完成
湯のみに入れてそのまま飲むか、容器に入れて保存などしましょう。

天日干しに時間がかかりますが、それ以外はとても簡単です。

夏などの水分補給にも冷やしておけば、麦茶代わりにもなります。

スギナを切らずにお風呂に入れて入浴剤代わりに使うことも可能です。

誰にでもすぐできる方法ですので皆さんもぜひ試してくださいね。


さて、『スギナ茶の効用効果と飲み過ぎで起こる副作用6つ』はいかがでしたか?

スギナ茶はミネラルも豊富で健康やダイエットにも良いお茶ですが、飲みすぎるとビタミンB1を分解し脚気を引き起こす恐れを持っています。

しかしながら、現在ではビタミンB1を補給するのに十分な環境があり、用法さえ間違えなければ健康飲料であることは間違いありません。

今回の内容でスギナ茶の理解を深めた皆さんは正しい飲み方でスギナ茶を利用してくださいね。

今回ご紹介した内容に関連する記事として

も併せてご覧ください。

まとめ

スギナ茶の効用効果と飲み過ぎで起こる副作用6つ

1 そもそもスギナとは何か
2 スギナ茶に含まれるすごい効用効能
3 気をつけたいスギナ茶の副作用
4 スギナ茶飲み過ぎで起こる脚気とは
5 副作用に気をつけてスギナ茶を飲む方法
6 自分でスギナ茶を作る方法


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2017 ライフスタイルNext