敏感肌でも安心して使える5つのファンデーションの選び方と注意点

敏感肌でも安心して使える5つのファンデーションの選び方と注意点

肌が敏感だとファンデーション選びに気を遣いますが、そもそも敏感肌になる原因は何かご存知でしょうか?

通常、肌は外からの刺激から守るためのバリア機能を持っていますが、乾燥した空気に触れるとどんどん破壊されていきます。

肌のバリア機能が失われると、化粧をするだけでも刺激になってしまい、肌トラブルやヒリヒリとした痛みなどを感じるようになります。

特に女性の場合、外出をするときは必ずファンデーションを使うので、常に痛みやかぶれに悩まされることになってしまいます。

そこで今回は、敏感肌でも使える低刺激なファンデーションの選び方と、使用するときの注意点をご紹介します!


敏感肌でも安心して使える5つのファンデーションの選び方と注意点


1 肌に負担をかけないファンデーションは油分が少ない


敏感肌の人にとって、ファンデーション選びは最も重要な行為です。

肌に含まれている水分や皮脂がなくなることで起きる敏感肌は、外からの刺激にとても弱いので守る必要があります。

特に、大きい刺激になる紫外線はどこにいても必ず浴びるので、対策用のファンデーションを必ず選ばなければなりません。

ただ、どんなもので良いというわけではなく、紫外線を対策しつつ低刺激なファンデーションを選ぶことが大切なので購入時はしっかり確認をしましょう。

まず、一番肌に負担をかける行為はクレンジングで、敏感肌の人が行うと痛みや酷いときにはかぶれを起こします。

これを回避するためには、クレンジングをしなくても良い油分が少ないタイプを選ぶことが重要で、パウダーファンデーションが洗顔だけで落とせるので最適になります。

そして、クレンジングを必要とするタイプのファンデーションも知ることで、敏感肌に合った化粧品を選ぶことができます。

敏感肌の人が選んではいけないファンデーションのタイプ

リキッドタイプ

リキッドタイプは油分が多く含まれているので、乾燥対策には十分効果的ですが、その分クレンジングを必要としてしまいます。
更に、人によってはシミを隠そうと厚化粧にしてしまうので、更に肌への負担がかかって肌トラブルを招きやすくなります。

クリームタイプ

クリームタイプはリキッドタイプよりも更に肌を美しく見せられますが、肌への密着具合が非常に高いので、敏感肌の人にとってはそれだけでも刺激になってしまいます。
加えて、クレンジングをするときにも負担をかけるので使用を避けましょう。

この2つのファンデーションタイプの共通点は、肌のカバー力が高くてシミを見せない美しい化粧を可能にすることです。

ただ、パウダーファンデーションでも十分シミを隠せるので、敏感肌の人はこちらの使用をおすすめします。

そして、敏感肌を改善するためには保湿が大切なので、これ以上乾燥させないように肌を労わってくださいね!


2 ミネラルファンデーションを使うときの注意点


ミネラルファンデーションも油分を全く含まないので、敏感肌におすすめの化粧品になりますが、金属アレルギーを持っている場合注意が必要です。

ミネラルファンデーションは天然の鉱物で作られている粉上の化粧品で、ミネラル100%のものを選べば肌への負担をかなり減らすことができます。

どのファンデーションも合わなかったというときにおすすめしたい化粧品になりますが、金属アレルギー持っている人は鉱物の中にある金属に反応してしまう可能性があります。

使われている天然の鉱物は、水に溶けにくい性質のものを使っているので滅多にアレルギー反応は起きませんが、全くないというわけではないので使用するときは肌の様子をうかがいながら使いましょう。

ミネラルファンデーションはしっかりメイクをしたい人には少し物足りない使用感ですが、化粧品は自分の肌に合ったものを使うのがベストなので、肌トラブルを起こさないためにもぜひ検討してみてください!


3 化粧下地の種類によっては肌を刺激する


化粧下地はファンデーションした肌の仕上がりを整えてくれる効果がありますが、敏感肌用のものを選ばないとクレンジング必要になってきます。

化粧下地を落とすためにクレンジングが必要になると、ファンデーションは洗顔だけで良いものを使っていても肌に負担がかかります。

低刺激のファンデーションを使っても肌が痛むという場合、化粧下地が原因の可能性があるので、こちらも敏感肌用のものを選ぶようにしましょう。

敏感肌の人が化粧下地を選ぶときのポイント2つ

敏感肌用とかかれているものを選ぶ

化粧下地を選ぶときに気にしたい文面が、敏感肌用と書かれているかになります。
敏感肌の人は専用の化粧品を選ばないと、肌の状態を悪化させるのでこの文字の確認は必須です。
加えて、敏感肌は乾燥が原因なので、保湿成分が含まれているものを選ぶと肌を保護することができます。

紫外線をカットできるもの選ぶ

肌への刺激で最も気をつけたいのが紫外線です。
紫外線による刺激は敏感肌の悪化につながるので、UVカットが可能と書かれていたら選択肢の候補に入れましょう。

そして、商品を買う前に試し塗りができるときは、ヒリヒリとした痛みが発生しないか確認することも重要です。

紫外線カット用の化粧下地の中には肌に合わないものもあるので、試供用のサンプルがあれば手に取って実際に使用してみましょう。

化粧品下地の種類によっては肌を刺激してしまうので、敏感肌の人はなるべく使わないようにしたいところですが、どうしても使いたいときは敏感肌用のものを選ぶことが大切になります。

商品を選ぶ際には、この2つの表記に気をつけて自分の肌に合ったものを買ってくださいね!



4 敏感肌は刺激に弱いので道具に気をつける


刺激に弱い敏感肌ですが、化粧に使う道具によっては肌の負担になってしまいます。

ファンデーションに使用する道具は主にパフやブラシになりますが、何回も使っていると段々固くなっていきます。

固くなった状態のまま肌に使うと、それが刺激になって肌に痛みが走る場合があるので、柔らかくて肌触りが良いものを使用することが大切です。

そして、同じ道具を何回も使っていると気になるのが衛生上の問題です。

ずっと使っていると次第に菌が繁殖するようになり、それが肌につくとヒリヒリとした痛みやニキビなどの肌トラブルに見舞われます。

そのため、道具の定期的な洗浄や使い捨てタイプのものを使用が、肌を守るためには必要になります。

これ以上肌のバリア機能を減らさないためにも、使う道具にはぜひこだわってみてくださいね。


5 症状が現れたら肌を落ち着かせる


ファンデーションを使っていて肌トラブルが現れたら、早急に対策を行うことが大切です。

特に、ヒリヒリとした痛みやかぶれが酷い状態のときは、すぐに洗い流して患部を冷やすようにしましょう。

このとき、肌に化粧品を一切塗らないことが重要で、状態が落ち着く前に塗ってしまうと症状が悪化する恐れがあります。

できればトラブルが起こった一日中は、化粧はもちろん洗顔も控えて症状が治まるまで待ちましょう。

肌トラブルは一晩おけば回復しますが、朝起きても改善が見られなかったら皮膚科へ行って肌の状態を診てもらってください。

放っておくと症状が治りにくくなってしまうので、一刻も早く治すためにもすぐに行くことをおすすめします。


さて、『敏感肌でも安心して使える5つのファンデーションの選び方と注意点』はいかがでしたか?

敏感肌の原因は乾燥による肌のバリア機能の低下で、この状態のときはファンデーション選びが重要になります。

刺激が少なくてクレンジングの必要がないものを選ばないと、痛みやかぶれに悩まされることになるので、自分の肌に合う化粧品選びは必須です。

そして、ファンデーションだけ敏感肌用のものを使っていても、化粧下地を落とすためにクレンジングを使うようなら肌トラブルは改善しません。

肌に使うものは全て敏感肌用のものを選ばないと、負担がかかってしまうので化粧品を買うときは記載されている文を読むことが大切です。

更に、道具も柔らかいものを使うことで刺激から解放されるので、敏感肌で悩んでいる方は化粧品全般にはぜひこだわってみてください!

今回ご紹介した内容に関連する記事として

も併せてご覧ください。

まとめ

敏感肌でも安心して使える5つのファンデーションの選び方と注意点

1 肌に負担をかけないファンデーションは油分が少ない
2 ミネラルファンデーションを使うときの注意点
3 化粧下地の種類によっては肌を刺激する
4 敏感肌は刺激に弱いので道具に気をつける
5 症状が現れたら肌を落ち着かせる


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2019 ライフスタイルNext