毎日1杯でOK!にんじんジュースで体内環境を整える6ステップ

毎日1杯でOK!にんじんジュースで体内環境を整える6ステップ

にんじんには、ビタミンやミネラル、βカロテン、食物繊維などが豊富に含まれ、免疫力を上げたり、美肌効果や便秘解消効果、ダイエット効果があります。

にんじんに含まれる栄養素には、抗酸化作用やデトックス作用があるので、にんじんは美肌に欠かせない食材です。

ただ、毎日にんじんを調理するのは大変ですし、ウサギのように毎日かじるわけにもいきませんよね。

だからこそおススメしたのが、にんじんをしぼったジュースを毎日飲むことなのです!

そこで今回は、にんじんジュースが体に良い理由と、一緒に摂ると良い食材や飲み物も併せてご紹介します。


毎日1杯でOK!にんじんジュースで体内環境を整える6ステップ


1 にんじんジュースはいつ飲むのが良いの?


にんじんに含まれるβカロテン当量は、100g当たり約9100μgで、ほうれん草の約2倍です!

βカロテンは、強力な抗酸化力を持ち、必要に応じて体内でビタミンAに変換され、皮膚や粘膜を強くし、色素沈着を抑える働きがあります。

つまりβカロテンは美肌キープに欠かせないというわけなのです。

そして女性の白い肌の天敵である日焼けを防ぐ効果もあるのです!

日焼け止めを塗るのも良いですが、にんじんジュースで体の内側から日焼けを防げるとなると、かなり良いですね。

紫外線は年中出ているので、毎朝1杯のにんじんジュースを飲めば、体の内側からも紫外線による光老化を予防することができます。


2 にんじんジュースと一緒に摂りたい良質なオイル


にんじんジュースに含まれる美肌の味方、βカロテンについて紹介しましたが、にんじんジュースと一緒に良質なオイルを摂ることで、さらに美肌効果が高くなります。

にんじんジュースに良質なオイルを加えることで、βカロテンが吸収量がアップするのです!

にんじんジュースと一緒に摂りたいオイルが、亜麻仁油、エゴマ油などのオメガ3系のオイルです。

オメガ3系のオイルは、免疫力の向上やダイエット効果の他に美肌効果もあります。

オメガ3系オイルの肌への作用

・抗炎症作用
・肌のターンオーバーを促進する
・冷えからくるくすみの改善

スプーン1杯の良質なオイルをにんじんジュースに入れるだけで、美肌美人への近道となりますよ!


3 りんごを入れてさらに美味しいにんじんジュース


毎日のにんじんジュース飲むのが大切なのはわかるけど、同じものを飲むのは抵抗がありますよね。

そこでにんじんジュースに加えていただきたいのがりんごジュースです。

りんごには、ビタミンCやりんごポリフェノールが含まれており、コラーゲン生成やアンチエイジングなどの美肌効果、そして疲労回復や胃腸の働きを整えてくれる効果があります。

りんごポリフェノールは、果肉よりも皮に多く含まれるので、にんじんと種を取ったりんごを皮ごと一緒にジューサーに入れてしまいましょう!



4 にんじんジュースに必ず入れたいレモン!


残念なことに、にんじんには美肌に欠かせないビタミンCを破壊してしまうアスコルビナーゼという酵素が含まれています。

にんじんジュースを飲んでも、他の食事で摂ったビタミンCが壊されてしまっては、美肌効果が下がってしまいますよね。

そんなアスコルビナーゼの働きを阻止してくれるのがレモンなのです。

レモンを直接絞っても、レモン汁を入れる形のどちらでもOKですので、にんじんジュースを飲む前に忘れず入れるようにしましょう。


5 にんじんジュースを作るなら低速回転式ジューサーが良い理由


にんじんジュースを作るなら、断然低速回転式ジューサーがおススメします!

というのも、高速回転式ジューサーは、回転するときの摩擦熱によって、熱に弱いビタミンや酵素を壊し、遠心力で回す時に空気に触れて酸化してしまうからなのです。

その点低速回転式ジューサーは、野菜や果物を潰して絞るため、栄養や酵素が壊れず、空気に触れないため酸化の心配がありません。

せっかくのにんじんの風味や栄養素を壊さないために、低速回転式のジューサーを使うようにしましょう!


6 絞りカスで作れる?にんじん美肌パック実践法


にんじんジュースを作ると搾りカスが出ますが、まさかゴミ箱にそのまま捨てていませんか?

にんじんの絞りカス、ベジブロスにはミネラルやファイトケミカル豊富で、抗酸化作用や免疫力の向上が期待できるものなのです!

そこで、にんじんジュースのベジブロスで作る、にんじん美肌パックのやり方を紹介します!

にんじん美肌パックの作り方

用意するもの

・ベジブロス:50g程度
・エキストラバージンオリーブオイル:大さじ2

作り方

①ベジブロスとオリーブオイルをよく混ぜてにんじんパックを作る
②にんじんパックを顔に乗せて10分程度放置する
③時間になったらにんじんパックを拭き取り、洗い流す

にんじんジュースは体内環境を、搾りカスのベジブロスで作った美肌パックで皮膚のハリとキメを整えることができる、まさに一石二鳥とはこのことですよね。

にんじん美肌パック作りは特別な材料とも道具も不要なので、ぜひにんじんジュースを作るついでに試してみてくださいね


さて、『毎日1杯でOK!にんじんジュースで体内環境を整える6ステップ』はいかがでしたか?

にんじんジュースを飲むことで、にんじんのビタミンや栄養素をそのまま体に摂り込むことができますが、それ以外にも冷え解消や整腸作用で便秘解消ができるなど、うれしい効果がたくさんあります。

ぜひ1日の始まりをにんじんジュースに切り替えて、体の中からキレイになっていきましょう!

まとめ

毎日1杯でOK!にんじんジュースで体内環境を整える6ステップ

1 にんじんジュースはいつ飲むのが良いの?
2 にんじんジュースと一緒に摂りたい良質なオイル
3 りんごを入れてさらに美味しいにんじんジュース
4 にんじんジュースに必ず入れたいレモン!
5 にんじんジュースを作るなら低速回転式ジューサーが良い理由
6 絞りカスで作れる?にんじん美肌パック実践法


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2017 ライフスタイルNext