アルコールの分解を早めて二日酔いを回避する6つの対策方法

アルコールの分解を早めて二日酔いを回避する6つの対策方法

二日酔いになると、頭痛や吐き気が襲ってきてつらいですよね。

この状態を防ぐためにはアルコールを分解させる必要があり、飲酒前後で対策を行うことが重要になります。

そして、アルコールを分解している途中で発生するアセトアルデヒドという有害物質が、二日酔いの原因なので体内に残さないことが大切です。

そのため、早急に二日酔いを回避するには、アセトアルデヒドを翌日にまで持ち越さないで、全身に回る前に分解させることが対策になります。

そこで今回は、アルコールの分解スピードを早めて、二日酔いを回避させるための方法をご紹介します!


アルコールの分解を早めて二日酔いを回避する6つの対策方法


1 アルコールの分解を助けてくれるお茶の効果


飲酒前後にお茶を飲むと、二日酔い予防になると聞いたことありませんか?

お茶に含まれる栄養素には、二日酔いを予防するための成分がたくさん詰まっていて、アルコールの分解を助けてくれます。

二日酔い予防に効果があるお茶に含まれる3つの栄養素

カテキン

カテキンには栄養の吸収を妨げる働きがあります。
この働きはアルコールにも効果があって、吸収速度を大幅に遅らせることができるので、酔いが回りにくくなって二日酔いの防止になります。
また、カテキンには消臭効果があり、アルコールの臭いを抑えてくれるので口臭予防にも役立ちます。

カフェイン

カフェインはよく眠気覚ましに使われますが、二日酔い対策にも効果があります。
二日酔いのときに現れる症状といえば頭痛で、これは血管が広がることで発生しています。
カフェインには血管の広がりを抑えてくれる効果があるので、頭痛による痛みを軽減させることができます

ビタミンC

アルコールを摂取すると肝臓に運ばれて分解を開始しますが、そのときに発生するアセトアルデヒドが体内に残っていると二日酔いを招きます。
そのため、アセトアルデヒドを残らず分解する必要があり、その働きをサポートしてくれるのがビタミンCです。
ビタミンCには肝臓の機能を向上させる働きがあるので、アルコール分解の助けになります。

これらの栄養素はお湯で入れるとたくさん溶け出してきて、効率良く吸収することができます。

このように、お茶にはアルコールの分解を手助けしてくれる成分がたくさん含まれていて、飲酒前後に飲むと効果が発揮されるので、翌日の二日酔いを避けるためにもぜひ飲んでみてくださいね!


2 空腹の状態でお酒を飲むとアルコールの分解が遅くなる理由


お腹が空腹状態のときにお酒を飲むと、アルコールの分解が遅くなる理由をご存じでしょうか?

お腹に何もないと体に必要な栄養が摂れないので、食べ物が入ってきたら早く吸収してしまおうと待機している状態になっています。

そんなときにアルコールを摂取したら、ようやく入ってきた栄養なので、一刻も早く吸収しようと働き出します。

そして、急に入ってきたアルコールを分解しようと肝臓が働き出しますが、吸収速度が早いため間に合わず全身に回ってしまいます。

そのため二日酔いを回避するためには、あらかじめ食べ物を少しでもいいので食べておくと、アルコールの分解を遅くすることができるのでぜひ試してみてください。


3 アルコールの分解をする肝臓を強化する方法


お酒を飲んだとき、肝臓はアルコールを分解しようと働き出しますが、大量の糖分を消費していきます。

糖分は肝臓のエネルギーなので、不足すると機能が低下してアルコールが分解されにくくなります。

糖分が高い飲食物

  • ジュース類
  • チョコレート
  • ケーキ

これらの食べ物には糖分がたくさん含まれているので、お酒を飲んだあとの〆にデザートとして食べると良いでしょう。

お酒を飲みながら糖分が含まれているものを食べると、アルコールを分解する機能の維持ができます。

分解が遅くなると、二日酔いになるリスクが高まるので、糖分が豊富に含まれているものを積極的に食べましょう。



4 肝臓の負担を軽くする水の効果


アルコールを効率よく分解するためには、肝臓への負担を減らす必要があります。

特に、アルコール度数が高いお酒を飲むと、翌日まで残りやすいので二日酔いになるリスクが高まります。

これを防ぐためには、水を飲んでアルコール濃度を薄めて、肝臓の負担を少なくすることが重要になります。

アルコールの濃度が薄くなればなるほど分解しやすくなるので、お酒と水を交互に飲むことをおすすめします。

また、水をたくさん飲むほど排尿回数が増えるので、摂取したアルコール分体内から排出され、肝臓が分解する量を少なくすることができます。

水を飲むと二日酔いによくある脱水症状も回避できるので、ぜひ飲んでみてくださいね!


5 アルコールの分解に卵が効く理由


卵にはアルコールの分解を促す成分が入っていることをご存じでしょうか?

アルコールを分解するためには酵素が必要で、これが少なかったら二日酔いの原因であるアセトアルデヒドが残ってしまいます。

そして、アルコールを分解させるための酵素はメチオニンという成分から作られます。

このメチオニンは卵にたくさん含まれていて、二日酔いの薬にも使われています。

そのため、メチオニンを摂るほどアルコールの分解をする酵素が作られるので、お酒を飲んだ後は卵を食べて二日酔いを防ぎましょう。

ただ、卵を熱してしまうと効果が半減するので、卵かけご飯のように生で食べることをおすすめします。

また、お酒を飲み過ぎると脂肪が溜まって脂肪肝という病気になりますが、メチオニンを摂ると燃焼を促してくれるので事前に防ぐことができます。

このように、卵にはアルコールの分解を早める栄養が含まれているので、お酒を飲んだ後は二日酔い回避のためにもぜひ食べてみてください。


6 アルコールの分解を遅くする行為とは?


アルコールを分解させるとき、間違った行為をすると二日酔いになってしまうので、お酒を飲んだときにやってはいけない行動を知ることが大切になります。

アルコールの分解を遅くする3つの行為

スポーツやお風呂に入って汗を流す

アルコールの分解には水分が必要になりますが、スポーツやお風呂で汗をかくと水が大量に流されてしまいます。
水分不足だといつまでもアルコールが分解されないばかりか、脱水症状にもつながるので汗を流す行為は避けましょう。

喫煙をする

たばこには二日酔いの原因であるアセトアルデヒドが含まれているので、酔いが回りやすくなります。
そのため、いくらアルコールの分解を促すことをやっていても、喫煙していると全く効果がありません。
特に、お酒を飲みながら喫煙をしていると、アルコールが回るスピードが早まって二日酔いになってしまいます。
また、副流煙によって二日酔いになることもあるので、お酒の席では喫煙をしないようにしましょう。

空腹状態での飲酒

お腹の中に食べ物が入っていない状態でお酒を飲むと、アルコールの分解が追い付かなくなって二日酔いになる確率が高まります。
そのため、お酒を飲む前にアルコールの分解を促すものを食べておくことが重要になります。
アルコールの分解を促すためには、遅くなるような行為を避けることが大切なので、お酒を飲む前に忘れずに確認して絶対にやらないようにしましょう。

アルコールの分解が遅くなる行為を避けることが、二日酔いを回避するための第一歩なので、気をつけながらお酒を飲んでくださいね。


さて、『アルコールの分解を早めて二日酔いを回避する6つの対策方法』はいかがでしたか?

アルコールの分解は、お茶に含まれる栄養素や糖分の働きによって早めることができます。

そして、空腹状態では酔いが回るのが早くなって二日酔いになるリスクが高まるので、事前に何か食べておくことが重要になります。

そのため、その場におつまみがあれば飲酒を始める前に食べるようにしましょう。

また、喫煙したり汗を流したりすると、アルコールの分解に必要な水分を排出させてしまうので、お酒を飲んだ後は体を動かさないようにすることが大切です。

お酒を飲んでいるときはとても楽しい時間ですが、アルコール対策を怠ると翌日は最悪な気分のまま過ごすことになるので、効率よく分解させるためにも酔いが回りやすい状態を作らないようにしてくださいね!

今回ご紹介した内容に関連する記事として

も併せてご覧ください。

まとめ

アルコールの分解を早めて二日酔いを回避する6つの対策方法

1 アルコールの分解を助けてくれるお茶の効果
2 空腹の状態でお酒を飲むとアルコールの分解が遅くなる理由
3 アルコールの分解をする肝臓を強化する方法
4 肝臓の負担を軽くする水の効果
5 アルコールの分解に卵が効く理由
6 アルコールの分解を遅くする行為とは?


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2018 ライフスタイルNext