くせ毛を悪化させない!今日からできる生活習慣改善法7つ

くせ毛を悪化させない!今日からできる生活習慣改善法7つ

「くせ毛は生まれつきのもので仕方がない」と諦めている方、「昔はまっすぐだったのにどうも知らず知らずのうちにくせ毛が増えてしまった。と悩んでいる方、くせ毛って厄介なものですよね?

実はくせ毛は生活習慣次第に良くもなり悪くもあることをご存知でしょうか?

そこで今回は生活習慣を改善することでくせ毛の悪化を防ぐ方法をご紹介します!


くせ毛を悪化させない!今日からできる生活習慣改善法7つ


1 髪の毛は必ずよく乾かしてから寝る


シャンプー後の濡れた髪は、水分を含んでいて柔らかくまとまっているので、ついついそのままの状態がキープできればと、髪乾かさずに寝てしまいがちです。

実はこれがくせ毛の原因になっているのです!!

髪は水分を含んでいる状態では、外からの力に非常に弱い一面があります。

濡れた髪のままで寝てしまうと、毛先が枕などで押し付けられ毛先が折れ、傷ついた毛先同士が絡み合ってしまい人工的にくせ毛ができてしまうのです。

そしてくせ毛を朝無理にブローで伸ばそうとすればさらにくせ毛がひどくなってしまう悪循環に陥ります。

ですので、決して髪は濡れたままにせず、よく乾かしてから寝るようにしましょう。


2 適度な運動を習慣化する


くせ毛を直すことと運動は、一見すると関係ないように見えるかもしれませんが、くせ毛が生える地肌を正常化することでくせ毛を直すことには効果があるのです!

運動不足で汗をかかないことにより、毛穴に老廃物が詰まり、地肌のターンオーバーが進まない、そして発毛の妨げにもつながってしまうのです。

そうならないためにも、1日30分程度の適度な運動を習慣化して、血行促進と新陳代謝の活発化で積極的に発汗を促し、毛穴に詰まった老廃物を排出させて、毛穴を開かせた状態をキープするようにしましょう!


3 髪に良い食事を心がける


くせ毛を直すためには、コシのある太くしっかりした髪を取る戻すことが大切です。

そのためにも髪に必要な栄養をたっぷりと摂れる食生活を習慣化するようにしましょう。

下記でご紹介するのが髪のために積極的に補いたい栄養素を多く含んだ食材です。

髪のために摂取したい5つの栄養素

①アミノ酸
たんぱく質の構成する要素であり、髪のもとになるため、アミノ酸を多く含む食材は積極的に摂ることが重要です。
アミノ酸を多く含んだ食材は、肉・魚・チーズ・卵などです。

②ビタミンA
血管を丈夫にする働きがあります。
ビタミンAを多く含んだ食材は、ホウレン草・しそ・モロヘイヤ・バジルなどです

③ビタミンB2
毛乳頭から栄養素や酸素を受けとり、細胞分裂することで髪の毛をつくりだす毛母細胞の働きを活性化します。
ビタミンB2を多く含んだ食材は、納豆・シイタケ・ウナギ・豚レバーなどです。

④ビタミンC
強い抗酸化作用をもち、地肌のターンオーバーや髪の生成・成長を促進します。
ビタミンCを多く含んだ食材は、レモン・アセロラ・キウイ・グレープフルーツなどです。

⑤ビタミンE
血液をサラサラに、頭皮の血行を良くする働きがあります。
ビタミンEを多く含んだ食材は玄米・黒ゴマ・ナッツ類などです



4 美髪のためにキッパリとタバコを止める


タバコに含まれるニコチンには身体の血管収縮作用で血行を妨げる効果があり、さらに一酸化炭素によって、酸素不足が起こり細胞に栄養が補給されにくい状態が作り出されます。

そうなると、頭皮にまで髪に必要な栄養素が行き渡らないことになり、コシやツヤ、光沢がない髪ばかり生えるようになるばかりか、薄毛・脱毛や、白髪が出やすくなる原因にもなります。

髪の健康を損ない、くせ毛悪化の原因にもなるタバコは避けるようにしましょう。


5 規則正しい生活リズムを保つ


不規則な生活は、頭皮の毛穴を詰まらせる皮脂の分泌を促進し、コシのある太く強い髪の発毛を抑制するだけではなく、頭皮のフケやかゆみの原因にもなります。

そうならないためにも生活リズムや見直し、規則正しい生活を送ることが大切です。まずは、就寝時間を一定に決めることが重要です。

髪の毛が一番成長する22:00~2:00の間は、実は副交感神経が最も活発になり成長ホルモンが大量に分泌されます。

そのため22:00には就寝したいところですが、現代人にとっては難しいですよね。

そこで夜早く就寝するのが難しい場合は、遅くとも午前0時には就寝することを習慣化しましょう。


6 ストレスを貯め過ぎない努力をする


ストレスは心だけではなく、身体にもさまざまな悪影響を与えます。

もちろん髪にとってもストレスは大敵です。ストレスにより自律神経のバランスが崩れてくると、頭皮の血行悪化、毛母細胞の不活性化などの、健康な髪を生やすための環境が悪化し、髪の生え変わりサイクルが狂うようになります。

そうなるとコシのない細く弱い髪ばかり生えるばかりか、抜け毛の増加などにさらに悪い結果につながりかねません。

ストレスをためないためには、適度な運動、規則正しい生活リズムを保つほかに、くせ毛のことであまり悩み過ぎないことも大切です


7 くせ毛直しは朝ではなく敢えて夜行う


朝起きてくせ毛を直すのは、ただでさえ時間のない忙しい中で行うため大変です。

そうであれば、夜に髪の毛を洗って乾かしたあとは、くせ毛をしっかり伸ばしておき、朝はスタイリングを仕上げるというように、と効率よく行うほうが良いです。

そのためにも夜、くせ毛を伸ばす際に気を付けるべきことがあります。

それが高温のストレートアイロンを使うことです。

就寝してから朝、そして次の日の夜までくせ毛が伸びている状態をキープし続ける必要がありますので、高温のストレートアイロンでくせ毛を短時間で回数を押さえて伸ばすのがポイントです。

関連記事
ストレートヘアを長持ちさせる6つの縮毛矯正アフターケア方法


さて、『くせ毛を悪化させない!今日からできる生活習慣改善法7つ』はいかがだったでしょうか?

生活習慣を変えることが、頭皮環境の改善につながり、くせ毛になりにくい髪の成長に寄与することがおわかりいただけたのではないでしょうか。

但し、慣れていた生活習慣を一気に変えることは相当難しいため、まずは7つのうちで、できるものから実践していくようにしましょう!

まとめ

くせ毛を悪化させない!今日からできる生活習慣改善法7つ

1 髪の毛は必ずよく乾かしてから寝る
2 適度な運動を習慣化する
3 髪に良い食事を心がける
4 美髪のためにキッパリとタバコを止める
5 規則正しい生活リズムを保つ
6 ストレスを貯め過ぎない努力をする
7 くせ毛直しは朝ではなく敢えて夜行う


今、あなたにオススメ

にほんブログ村 美容ブログ 30代女磨きへ

免責事項

copyright 2016 ライフスタイルNext