当帰四逆加呉茱萸生姜湯で改善する病気と5つの対処法

当帰四逆加呉茱萸生姜湯で改善する病気と5つの対処法

当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)は冷えによる症状の改善に効果があり、体力がない人でも安心して飲める漢方です。

体の冷えは治さずに放置していると病気にかかりやすくなるので、温めておくことがとても大切になり、当帰四逆加呉茱萸生姜湯は体の内側から温めて、冷えによる症状を改善することを可能にします。

そして、漢方の効果を最大限引き出すには服用するタイミングが重要になり、しっかり守ると早めに冷えによる病気を治せるのでぜひ試してみてください。

また、漢方を飲むと同時に冷え対策も実施しておくと、病気の改善と予防ができます。

そこで今回は、当帰四逆加呉茱萸生姜湯で改善する、冷えによる症状と対処法をご紹介します!


当帰四逆加呉茱萸生姜湯で改善する病気と5つの対処法


1 当帰四逆加呉茱萸生姜湯の特徴


当帰四逆加呉茱萸生姜湯という漢方は、冷え性の人に効果がある他、冷えによる症状の緩和にも役立ちます。

当帰四逆加呉茱萸生姜湯を飲むことで得られる4つの主な効果

  • 体を内側から温める
  • 冷えやすい手足を温める
  • 血行促進
  • 冷えることで発生する痛みの改善

この4つのように、当帰四逆加呉茱萸生姜湯には体を温める効果があるので、慢性的に体が冷えている人はぜひ飲んでほしい漢方になります。

そして、多くの漢方は虚弱体質の人には刺激的で服用はあまりおすすめできませんが、当帰四逆加呉茱萸生姜湯は体力がほとんどない人でも飲むことができるので、冷え性に悩んでいる方はぜひ取り入れてみてください。

また、当帰四逆加呉茱萸生姜湯の効果は、配合されている様々な生薬の働きが大きく、どれも冷えの改善が期待できるものを使用しています。

当帰四逆加呉茱萸生姜湯に含まれている4つの生薬の効果

  • 血行促進
  • 体内の水分の流れを改善
  • 体を温める
  • 痛みを和らげる

これらの働きをする生薬が配合されたのが当帰四逆加呉茱萸生姜湯で、それぞれの効果が発揮されることで症状を緩和させます。

冷えの改善に特化した漢方になるため、冷えによる症状に悩まされている人はぜひ飲んでみてください!


2 体が冷えることで現れる症状


体が冷えると様々な症状が現れますが、皮膚に現れたり痛みが発生したりと実に多様です。

当帰四逆加呉茱萸生姜湯には、冷えの症状を改善する働きをするので、思い当たる状態があったらぜひ飲んでみてください。

冷えることで現れる4つの症状

肌荒れやしもやけ

肌荒れやしもやけの症状は、血液の流れが悪くなることで発生し、冷え性の人は特に現れやすい症状になります。
そして、早めに対策をしないとかゆみや痛みを引き起こすので、外に出るときは暖かい恰好をして、家の中は暖房で常に温かくするなどの対策を行いましょう。

頭痛や腹痛などの痛み

体が冷えると頭やお腹、腰など色々な場所で痛みが発生します。
原因は冷えによる血行不良で、流れが悪くなると血が溜まる上に、栄養も行き渡らなくなって痛みが現れます。
そのため、体を温めたりマッサージをしたりして、血の流れを改善する必要があります。

生理関係

女性で気を付けたいのが生理関係で、体が冷えると血行が悪くなってホルモンが運ばれなくなり、生理不順や生理痛が起きやすくなります。
体温を高めることができれば改善する症状ですので、ホルモンバランスを整えるためにもすぐに体を温めることが大切です。

不眠

人は体内の熱が少しずつ下がっていくことで眠りに落ちますが、体が冷えている状態だと全く寝られなくなります。
そのため、スムーズな入眠をするためには体を温める必要があるので、寝不足で悩んでいる人は体が冷えていないか確認をしましょう。

このように、体が冷えていると生活に様々な支障をきたしてしまうので、常に温めておくことが大切になります。

そして、どの症状も放っていると病気に発展するので、早い段階から漢方を飲んで冷えから身を守るように意識してみてくださいね!


3 冷えることで発生する病気


体が冷えると肌荒れや痛みなど、様々な症状に悩まされることになりますが、冷えを治さずに放っていると病気に発展していきます。

体が冷えることで発症する主な3つの病気

自律神経失調症

血行の管理は自律神経で行われていて、生命の維持には欠かせないところになりますので、正常に働かせる必要がありますが、冷えはそんな自律神経の動きを鈍くさせてしまうので、早めに対処しないと自律神経失調症に発展します。
そのため、日頃から体を温めて過ごし、外に出るときはしっかり防寒対策をするようにしましょう。

慢性関節リウマチ

関節に痛みを感じたり倦怠感があったりする場合、慢性関節リウマチという病気の可能性があります。
この病気は冷えによって収縮した血管や、手足が冷えることで感じるストレスが原因で、激しい痛みを伴います。
治療するためには病院へ通うことはもちろん、冷えを防止することが大切になるので、体が冷える食べ物を避けたり体温を下げないようにしたりしましょう。

慢性関節リウマチの初期症状3つ
  • 倦怠感
  • 手足のしびれ
  • 食欲不振

慢性関節リウマチにはこのような初期症状があるので、心当たりがあったらすぐに病院へ行ってくださいね。

心不全

体が冷えることで気を付けたいのが心不全で、これは急激な体温の低下や、冷えによる血管収縮で引き起こされるリスクが高まります。
特に冷えが続くことによる血管収縮は、血液が体内の各器官に運ばれにくくなるので注意が必要です。

気を付けるべき3つの症状
  • むくみ
  • 疲れやすくなった
  • 体重の増加

心不全はこの3つのように軽い症状から始まるので、少しでも異常を感じたらまずは体を温めてお医者さんに診てもらいましょう。

このように、体が冷えた状態が続くと様々な病気が現れてくるので、当帰四逆加呉茱萸生姜湯を飲んで体の体温を上げることが大切になります。

自分の健康を守るためにも体が冷えやすい人は、ぜひ漢方を飲んで早いうちから病気の予防をしてくださいね!



4 効果的な漢方の飲み方


冷えによる症状を改善する当帰四逆加呉茱萸生姜湯の効果を高めるためには、飲むタイミングが重要になります。

タイミングはどの漢方もほとんど同じですが、空腹時に飲むとかなりの効果が期待できます。

そして、飲み物は水や白湯で飲むと一番効果がありますが、冷えを改善するときは白湯を飲むと更に体を温めることができるのでぜひ試してみてください。

また、空腹時に飲んだとき体に何らかの症状が現れた場合、無理をせずに服用を止めて医師に相談することが大切になるので、自分の体調には十分注意しましょう。


5 漢方とともにやっておきたい冷え対策


冷えの対策は当帰四逆加呉茱萸生姜湯を飲むだけでも効果はありますが、日常生活においてもしっかり対策を行うことが大切です。

漢方と同時にやっておきたい冷えの対処法

  • 温かい食べ物を食べる
  • 軽い運動
  • 外出時は服を重ねる
  • 室内を常に温める
  • ぬるめのお風呂にゆっくり浸かる

この5つの対処法を漢方とともに行っておくと、効果的に冷えによる症状を予防、緩和させることができます。

冷えの改善を怠ると体に様々な不調が現れて、普通の生活をするのが困難になるので、冷えには十分気を付けましょう。

そして、冬の寒さはもちろん夏でもエアコンの使用で体が冷えるので、どんなときでも体の健康状態を確認して冷やさないように過ごしてくださいね!


さて、『当帰四逆加呉茱萸生姜湯で改善する病気と5つの対処法』はいかがでしたか?

当帰四逆加呉茱萸生姜湯は、冷えによって引き起こされる症状を改善させる効果があり、冷え性の人にぜひ飲んでほしい漢方になります。

体の冷えを放置していると、関節が痛みだしたり自律神経が乱れたりして体の不調が続いてしまいます。

そのため、漢方の力と体を冷やさないための防寒対策をしっかり行うことが、病気の予防につながります。

漢方は空腹時に飲むと最大限まで効果が発揮されるので、常に冷えに悩まされている人はぜひ飲んで体を温めてくださいね!

今回ご紹介した内容に関連する記事として

も併せてご覧ください。

まとめ

当帰四逆加呉茱萸生姜湯で改善する病気と5つの対処法

1 当帰四逆加呉茱萸生姜湯の特徴
2 体が冷えることで現れる症状
3 冷えることで発生する病気
4 効果的な漢方の飲み方
5 漢方とともにやっておきたい冷え対策


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2018 ライフスタイルNext