手術しないとダメ?ヘルニアの原因と対処法

Atlas Genetics Secures £2m To Develop Sub 30 Minute Test For Infectious Diseases
Montage Communications

「顔を洗う姿勢がつらい、、、」なんてことはありませんか?

椎間板ヘルニアになると、前屈みになるだけで腰が痛み、症状が悪化すると歩くことさえ困難になってしまう場合もあります。

ヘルニアの痛みがひどくなると、手術しなければ治らないと思ってしまいますよね。

実は、ヘルニアは症状が軽い内に適切な治療を受け、首や腰に負担をかけない生活を心がけるだけで、手術をしなくても痛みを和らげることができるのです。

そこで、今回はヘルニアの原因や治療法、さらに手術なしで痛みを取る効果のある簡単な対処法をお伝えします。


手術しないとダメ?ヘルニアの原因と対処法


1 ヘルニアとはどんな病気?


ヘルニアは、ラテン語で脱出を意味する言葉を語源とし、椎間板ヘルニア以外にも、体の組織や臓器が突き出した状態になる、様々な疾患名に使われている言葉です。

その中でも、ヘルニアと聞いて多くの方が思い浮かべるのは、首から腰にかけての痛みなどの症状を引き起こす椎間板ヘルニアです。

椎間板とは、首からお尻まで続く脊椎にある椎体の間にある、脊椎への衝撃を和らげるクッションの役割をしている組織です。

椎間板ヘルニアは加齢、姿勢や動作の癖などによって、繰り返し大きな圧力が加わることで、椎間板が変性することによって発症します。

本来の位置から飛び出した椎間板が、脊椎や神経を刺激し、痛みやしびれなどを症状が現れるのです。

椎間板は脊椎のどの部分にもある組織ですが、日常生活で特に負担のかかりやすい、頸椎や腰椎は椎間板ヘルニアになりやすい傾向があります。

椎間板ヘルニアの症状

頸椎椎間板ヘルニア

首や肩周辺に痛みが出ます。
腕や手のしびれの症状もあります。

腰椎椎間板ヘルニア

腰かお尻、足先にかけての痛みがしびれの症状があります。

頸椎と腰椎で症状の現れる範囲が異なりますが、椎間板ヘルニアになると痛みやしびれ、だるさや違和感を感じるといった症状が現れます。

また、頸椎は7つの骨から、腰椎は5つの骨から構成されているため、どの骨の間で椎間板ヘルニアが起きるかによっても症状の出る範囲が異なってきます。

そのため、医療機関を受診する際には、どの部分のどのような症状があるのかを、しっかり説明できるようにしておきましょう。


2 椎間板ヘルニアの治療法とは


整形外科を受診して椎間板ヘルニアと診断された場合は、すぐに手術ではなく、これからご紹介するような保存療法での治療が行われます。

椎間板ヘルニアの保存療法

薬物療法

内服薬を服用し、痛みやしびれの症状を緩和、炎症を抑えます。
内服薬で効果がない場合は、さらに強力な座薬を用いることもあります。

神経ブロック

急性の強い痛みがある時は、局所麻酔薬を注射する、神経ブロックという治療を行います。
麻酔薬によって神経の炎症が緩和され、ひどい痛みも軽減されます。

理学療法

痛みが強い時は安静が大切ですが、痛みが少し治まったら、再発予防や回復をサポートする目的で、理学療法が行われます。
牽引や温熱療法、マッサージ、筋力強化など様々な方法があります。
症状の再発や悪化の可能性もありますから、医師や体調と相談しながら、無理のない範囲で行いましょう。

どの治療を受ける際にも、事前に医師とよく話し合って、不明な点をなくしてから治療を開始することが大切です。

整形外科での治療で改善が見られない場合には、民間療法を実践してみるのもひとつの方法です。

しかしながら、効果がはっきりしない、根拠のない療法も少なくありませんので、冷静に様々な療法を比較して、ご自身に合ったものを選びましょう。


3 正しい姿勢で負担軽減


悪い姿勢が習慣になっていると、椎間板に負担が蓄積して、椎間板ヘルニアを発症してしまう可能性があります。

そこで、椎間板ヘルニアになってしまった方はもちろん、椎間板ヘルニアを予防したいという方にもぜひ実践していただきたい、正しい姿勢のポイントをご紹介します。

椎間板ヘルニアの痛み軽減・予防に効果あり!正しい姿勢

立ち姿勢

背筋と膝を伸ばして立ち、軽く顎を引きます。
壁に背中をつけて立った時、後頭部と背中、お尻、かかとが壁についた状態が理想の姿勢です。
壁がなくても、この姿勢を常に意識しましょう。

座り姿勢

深く椅子に座り、腰が反らないようにお腹に力を入れます。
脚は組まないで、床にしっかり足裏を付けましょう。
床に座る時は、腰への負担の少ない正座が最適です。

寝る姿勢

仰向けで寝る時は、膝の下に枕を置いて腰への負担を軽減します。
横向きならやや前屈みなり、背中から越が伸びずぎず、縮みすぎないようにします。
うつぶせ寝は止めましょう。

立っている時でも座っている時でも、頭のてっぺんを糸で吊られているようなイメージで、姿勢を整えていきます。

たとえ良い姿勢でも、長時間同じ姿勢をとることは負担になりますから、30分から1時間に1回程度は休憩を取り、姿勢を変えてリラックスしましょう。



4 痛み別!5分でできるヘルニア改善体操


「痛みが強くて、運動ができない、、、」というようなお悩みを抱えることってありますよね。

肥満や運動不足によって筋力が低下すると、ヘルニアの発症や症状の悪化のリスクが高まります。

そのため、軽い運動を習慣にして、筋力の低下や疲労の蓄積を防ぐことが大切です。

そこで、痛みの強さ別にヘルニアを改善する体操をご紹介します。

痛みの強さ別!ヘルニア改善体操

痛みが強いとき

腹式呼吸

おなかの筋肉を、意識して動かすことで、腹筋を鍛えます。

方法

①背筋を伸ばして、姿勢を整えます。
②おへその下を意識しながら、鼻から大きく息を吸います。
③口からゆっくりと、息を吐き出します。
④1日5回程度行います。

注意点

息を吸ったときに、おなかを膨らませるように意識して行いましょう。

痛みが中程度のとき

壁押し

骨盤の歪みを治して、姿勢を整えます。

方法

①壁を正面にして、まっすぐ立ちます。
②肩幅程度広げて、壁に両手をつきます。
③片方の足を、大きく前に踏み出します。
④両手で壁を押しながら、少しずつ腰を反らせます。
⑤片足5回ずつ行います。

注意点

腰を反らせるときは、ゆっくりと行いましょう。

痛みが弱いとき

膝倒し

腰回りの筋肉の緊張をほぐして、体全体をリラックスさせます。

方法

①仰向けに寝ます。
②脚を軽く曲げ、膝をくっつけます。
③左右にゆっくりと、膝を揺らします。
④だんだんと、振れ幅を大きくしていきます。
⑤1分程度、膝を揺らし続けましょう。

注意点

起き上がるときは、腰の負担にならないように、横向きから手をついて起き上がります。

体操は、自分が気持ち良いと感じる力で、ゆっくりと行いましょう。

毎日継続することで、手術を行わなくても、ヘルニアの痛みが徐々に和らいできますよ。

痛みが強い時には無理をしないように注意して、運動習慣のない方は、まずは簡単にできる腹式呼吸から始めてみましょう。


5 ヘルニアの痛みを和らげる日常生活のコツ


「ヘルニアの痛みでお風呂掃除ができない、、、」ということはありませんか?

椎間板ヘルニアになると、前屈みの姿勢や体をひねる動作、手を前に出す姿勢で痛みを感じやすくなるため、どうしても仕事や家事に支障が出てしまいますよね。

しかしながら、ヘルニアの痛みは、手術をしなくても、ほんの少し動作を変えるだけで和らぐことがあります。

そこで、ヘルニアの痛みを和らげる動作のポイントをご紹介します。

ヘルニアの痛みを和らげる動作のポイント

ベッドから起き上がる

仰向けのままではなく、一度横向きになってから上半身を起こします。
体の下側の腕でベッドを押し、膝を軽く曲げて、腰をできるだけひねらないようにします。

物を持ち上げる

物に手を伸ばす時は、腰を曲げるのではなく、膝を曲げて上体を低くします。
腕の力ではなく、膝や股関節の曲げ伸ばしを意識して持ち上げます。

デスクワーク

モニターの高さが低いと、自然に首から腰が丸まった姿勢になってしまいがちです。
視線の高さに合わせて、モニターの高さを調節、ノートパソコンの場合には下に本を入れるなど工夫しましょう。

自動車の運転

ハンドルと座席を距離を調節し、膝が足の付け根よりも少し高くなるようにします。
座席に座る時は、まずお尻入れてから足を入れ、降りる時は逆に、足から出すと負担が少ないです。

家事

料理や洗い物をする時は、調理台から離れすぎないようにします。
長時間立っていると足腰に負担がかかりますが、足下に高さ15センチから20センチくらいの台を置いて、足を交互にのせながら作業をすると負担が軽減されます。

前屈みの姿勢を避け、膝や下半身の力を上手く使うのがポイントです。

痛みが強い時には、安静を心がけることが一番です。

何でも自分でやろうと頑張りすぎるのではなく、家族や身の周りの方の力を借りながら、ヘルニアの痛みと上手に付き合っていきましょう。


6 こんな症状は即病院へ!手術を考えるべきヘルニアの症状3つ


「できれば手術はしたくない、、、」とヘルニアの痛みを、我慢して過ごしていませんか?

ヘルニアで手術をする割合は全体の半分以下といわれていますが、中には緊急に手術を必要とするヘルニアもあるのです。

そこで、手術を考えるべきヘルニアの症状を3つご紹介します。

手術を考えるべきヘルニアの症状3つ

脚の感覚がない

神経の圧迫により、感覚が麻痺します。
放っておくと転倒や筋力低下を招くため、手術が必要です。

尿漏れや失禁がある

早めに手術をしないと、膀胱や腸に障害が残る場合があります。

1ヶ月以上激しい痛みが続く

痛みにより日常生活が困難になると、他の病気にもかかりやすくなります。
複数の病気を抱えていると、さらに治療が困難になります。

手術を避けたいからと、ヘルニアの症状を我慢しすぎると、手術が成功した後も後遺症が残ってしまうことがあります。

脚の麻痺や尿の異常があれば、すぐに病院で相談してくださいね。

椎間ヘルニアによる痛みやしびれが悪化すると、生活の質を保つことが困難になりますから、手術のデメリットだけではなくメリットにも意識を向けて、前向きに検討してみましょう。


最近では、スマートフォンの使用により、20~40代の若い年代にも頸椎椎間板ヘルニアが増えています。

ヘルニアは、手術なしでも自然に治ることがある病気ですので、痛みがひどくなければ、まずは安静にして、できれば医療機関を受診し、適切な治療を受けながら様子を見てくださいね。

今回ご紹介した、正しい姿勢や日常生活での動作で注意すべきことも参考にして、ヘルニアの症状を改善・予防しましょう。

まとめ

手術しないとダメ?ヘルニアの原因と対処法

1 椎間板ヘルニアの保存療法は薬、神経ブロック駐車、理学療法がある
2 痛みの強さ別のヘルニア改善体操がある
3 ヘルニアの痛みを和らげる動作のポイント
・ベッドから起き上がる
・物を持ち上げる
・デスクワーク
・家事
4 手術を考えるべきヘルニアの症状3つ
・脚の感覚がない
・尿漏れや失禁がある
・1ヶ月以上激しい痛みが続く


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2017 ライフスタイルNext