トマトダイエットで健康的に体重を落とす6つの実践法

トマトダイエットで健康的に体重を落とす6つの実践法

健康的に痩せる方法の一つにトマトダイエットという、トマトを普段の食事に取り入れるだけで体重を落とせる方法をご存知でしょうか?

ダイエットを行うと様々な栄養が不足して不健康になる確率が高いのですが、トマトダイエットは栄養豊富なトマトが使われているので、健康的に痩せることができる方法になります。

そして、トマトダイエットを成功させるためには食べるタイミングが最重要になりますが、他にも気を付けることがいくつかあるので、健康的に痩せるためにも気を抜かずにしっかり実践しましょう。

そこで今回は、トマトダイエットで健康的に痩せるための方法をご紹介します!


トマトダイエットで健康的に体重を落とす6つの実践法


1 トマトでダイエットできる理由


トマトダイエットは名前の通り、普段の食事にトマトを取り入れるダイエット方法で、代謝を上昇させて脂肪を燃焼させる効果があります。

トマトには代謝に必要なビタミンやミネラルが豊富に含まれている以外にも、リコピンというデトックス効果がある成分も入っています。

デトックス効果によって体内の環境が改善されると、健康だけでなく美容やダイエットにもつながるので、綺麗な体を作りたいという方はトマトを食べることをおすすめします。

そして、トマトダイエットは控えめであれば他の食材も食べることができるので、飽きがこないだけでなく栄養も偏らせないようにできます。

普通のダイエットをしているときに起こりやすい体調不良を防ぐことができるので、健康的に痩せたいという方はぜひトマトダイエットを実践してみてくださいね!


2 トマトを食べ始める時間帯とは?


トマトダイエットを成功させるためには食べる時間帯が非常に重要で、闇雲に食べていては効果がないので気を付けることが大切です。

トマトの効果で痩せるためには夕食時に食べるのが一番になり、主に2つの利点があるので確認しましょう。

夕食にトマトを食べることで得られる2つのメリット

満腹感

トマトには満腹感を得られやすい水分や食物繊維が豊富に含まれているので、夕食時に取り入れると余計に食べずに済みます。

成長ホルモンの分泌

ダイエットを成功させるためには、脂肪を燃焼させるために代謝を上げる必要があり、特に睡眠中にたくさん分泌される成長ホルモンは欠かせません。トマトに含まれるビタミンやミネラル、リコピンは成長ホルモンの分泌を促すので、確実に痩せるためにもすぐに取り入れましょう。

トマトを夕食で摂ると、食べ過ぎ防止、そして寝ている間に様々な成分が働いて成長ホルモンの分泌を促すので、健康的に痩せたいと考えている方はぜひトマトダイエットを取り入れてみてくださいね!


3 トマトダイエットを続ける期間


どんなダイエットにもいえますが、痩せるためには継続して行うことが重要になるので、少しだけ行って効果がないと思わないようにしましょう。

トマトダイエットの効果を実感するためには最低でも3ヶ月、理想は6ヶ月以上の継続が必須になるので、長い期間トマトを食べ続ける覚悟が必要です。

そして、継続して食べるためには様々な調理法を実践して、飽きさせないようにすることが大切になり、トマトは加熱しても効果を得られるので料理のレパートリーを増やすようにしましょう。

トマトが使われていればどんな調理しても大丈夫ですが、1品だけだと足りない場合が多いので、ダイエットを成功させるためにも2品以上作るようにしてくださいね!



4 ダイエットを始めたときに心がけること


夕食にトマト料理を取り入れたとき、並行して規則正しい生活に変えていくことが重要になるので、トマトダイエットで痩せるためにもすぐに見直しましょう。

トマトダイエットを成功させるために変えるべき生活習慣

食事の時間

食事の時間がバラバラだという方は、トマトダイエットを期に固定させるようにしましょう。そして、食事を摂る間隔を4、5時間ぐらいにすることが重要で、空き過ぎたり短過ぎたりすると太る原因である糖を過剰に摂取する上に、カロリーもオーバーしてしまいがちになります。

夜更かし

脂肪を燃焼することができる成長ホルモンをたくさん分泌させるためには、ゴールデンタイムと呼ばれている午後10時から午前2時までの間に寝ている必要があります。また、成長ホルモンがたくさん分泌されるようになると、肌の調子を整えたり疲労を回復させたりする効果もあるので、健康を維持させながら痩せることができます。

トマトダイエットを始めたとき、食事と睡眠の時間を意識して改善すると、太りにくい体質になるので不規則な生活をしていたらすぐに直してくださいね!


5 体を冷やさないようにする方法


トマトダイエットを始めたときは体の冷えに注意する必要があり、対策をしないとどんどん冷えていくので体調が悪くなることがあります。

特に、冷え性の方は更に冷たくなってしまうので、体を温める食材と一緒に食べたり、加熱調理をしたりすることが重要になります。

トマトには水分が非常に多く含まれていて、対策をせずに食べ続けると体が冷えて代謝が下がってしまうので、脂肪の燃焼が上手くいかなくなってしまいます。

そして、トマト以外の夏野菜にも水分が大量に含まれているので、普段の食事に取り入れている方は一層冷え対策が必要です。

トマト以外の体が冷える5つの野菜

・きゅうり
・ナス
・ピーマン
・パプリカ
・ゴーヤ

体を冷やしてしまう食材はたくさんあり、全てを料理に使わないようにすることは難しいのですが、加熱調理やスパイスなどと組み合わせると防げるので実践してみましょう。

体の冷えが改善されると脂肪の燃焼効率が良くなるので、トマトダイエットを成功させるためにも使い方を工夫して太りにくい体質にしてくださいね!


6 トマトダイエット実践中の1日あたりの摂取量目安


トマトダイエットに欠かせない成分であるリコピンは、1日で15mgほど必要になるので確実に痩せるためにはトマトの量をしっかり把握することが大切です。

1日あたりトマトを食べる量の目安としては、大きいもので2個以上、ミニトマトであれば17個以上食べるようにしましょう。

ただし、生のままだと食べ切るのは難しいので調理方法を工夫するといった対策をして、できるだけ多くのリコピンを摂取する必要があります。

そして、対策の一つにトマトジュースを使うという手もありますが、薄められている物を飲んでしまうと効果が発揮されない上に、たくさん飲まないといけなくなります。

更に、非常に飽きやすく長続きしない場合がほとんどのため、余程のことがない限りトマトジュースは避けるようにしてください。


トマトダイエットを成功させるためには、夕食のメニューにトマト料理を2品以上加えることが大切で、最低でも3ヶ月は続ける必要があります。

そして、ダイエットを始めたときは規則正しい生活にすることも重要で、食事や睡眠の時間が不規則な状態だと、脂肪を燃焼させるための成長ホルモンの分泌が少なくなりなかなか痩せられなくなります。

また、トマトは体が冷えやすい夏野菜のため、代謝が下がって体重が落ちにくくなるので、加熱調理をしたり温める効果がある食材を使ったりしましょう。

トマトダイエットは毎日根気よく続けることで効果を実感できる方法のため、途中で諦めることなく継続してくださいね!

今回ご紹介した内容に関連する記事として

も併せてご覧ください。

まとめ

トマトダイエットで健康的に体重を落とす6つの実践法

1 トマトでダイエットできる理由
2 トマトを食べ始める時間帯とは?
3 トマトダイエットを続ける期間
4 ダイエットを始めたときに心がけること
5 体を冷やさないようにする方法
6 トマトダイエット実践中の1日あたりの摂取量目安


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2017 ライフスタイルNext