リフトアップで顔を10歳若返らせる7つの魔法のテクニック

リフトアップで顔を10歳若返らせる7つの魔法のテクニック

女性ならば、誰しも加齢とともに気になる悩みのひとつに顔のたるみがありますね。

どれだけメイクを綺麗にしても、顔のたるみは隠せないので悩まれている方は多いのではないでしょうか。

顔のたるみがあると、実際の年齢よりも老けて見られてしまい、ショックな思いをした方もいるかもしれないですよね。

女性ならば、少しでも実年齢よりも若く見られたら嬉しいですよね。

でも、エステにいくにはお金や時間がかかってしまいますし、美容整形を受けるにはちょっと抵抗があったり、勇気が必要だったりしますよね。

もし、日常生活の中でできるリフトアップの方法があったとしたら試してみたいですよね。

そこで今回は、リフトアップで顔を10歳若返らせる7つの魔法のテクニックをご紹介します!


リフトアップで顔を10歳若返らせる7つの魔法のテクニック


1 リフトアップには日常生活の過ごし方から!顔のたるみを防ぐポイント


顔のたるみの原因は、日常生活の過ごし方が大きく影響している場合があります。

顔には、表情を司る表情筋という筋肉があります。

実は、仕事中や家事をしているとき、テレビを見ているときなど、日常生活の中で無表情で過ごしていることが多いことに気づいていらっしゃるでしょうか?

また、パソコンやスマホを使っているときには自然と視線が下がり、頭の重みも加わることで顔が俯いてしまうことで顎のたるみの原因になってしまいます。

そんなときは、パソコンやスマホを長時間使用した後に、両手を後ろ手に組み天井や上を見るなどして首の前側の筋を伸ばし、顎のラインを意識してストレッチしてあげましょう。

そのほかにも、顔の表情筋を意識した日常生活の過ごし方がありますのでご紹介します!

表情筋を意識した日常生活の過ごし方のポイント

人と話す機会を増やす

人と話すことは自然と表情筋を動かすことにつながります。
普段、1人で作業をしているようなお仕事をされている方や、家で1人でいることが多い方は話す機会が少ないため、無表情でいる時間が長いことが多いです。
なるべく意識して、人と話すようにする時間をつくるようにしてみましょう。

食事のときはよく噛んで筋肉を鍛える

食事をするときによく噛むようにすると、口回り、顎回りの筋肉を鍛えることにつながります。
ほうれい線の解消にもなりますよ。

会話をするときは表情は大げさに、笑顔を作るようにする

日常生活の中で人と会話するときには、喜怒哀楽を大げさ気味に表現して表情を作ったり、口角や頬を意識して笑顔を作るようにするとリフトアップにつながります。

普段の生活の中で顔の表情筋を意識して過ごしてみてみましょう!


2 理想的なフェイスラインを手に入れよう!簡単フェイスマッサージの方法


女性ならば誰しも美しいフェイスラインに憧れますよね。

すっきりとした綺麗なフェイスラインは、若々しく見えるポイントになります。

顔の中でも、顎のラインは老廃物が溜まりやすい場所です。

フェイスマッサージをすることで、老廃物が流れて、顔のむくみが取れリフトアップ効果につながります。

そこで、自宅で簡単にできるフェイスマッサージの方法をご紹介します!

フェイスマッサージの実践方法

①指が滑りやすいようにクリームやオイルを用意します

②人差し指、中指、薬指の指の腹を使い、額の中心からこめかみに向かって3~5回ほど指に軽く力を入れながら滑らせます

③中指と薬指の腹を使い、顎から口の真横、鼻の真ん中まで3~5回ほど軽く力を入れながら滑らせます

④中指と薬指と薬指の腹を使い、頬を軽く力を入れて押してこめかみに向かって3~5回ほど指を滑らせます

⑤顎の先の下に親指の腹を当て、人差し指を添えて中心から耳に向かって少し力を入れて3~5回ほど滑らしていきます

⑥最後に中指と薬指の腹で耳の後から首筋に向かって指を滑らせ、鎖骨に沿ってリンパを流します

フェイスマッサージは、過剰に指の力を入れてしまうとお肌を痛めしわの原因になりますので、力加減に注意しながら行いましょう。

洗顔後や入浴後にフェイスマッサージを行い、理想的な美しいフェイスラインをぜひ手に入れてください!


3 フェイスヨガで若返り!顔の血行促進効果


顔の血色が悪いと、いくらお化粧をしても、老けて見えてしまう場合がありますよね。

顔の血行が良くなると、肌の色艶や化粧のノリが良くなり若々しく見えます。

フェイスヨガは顔の血行を良くし、表情を豊かにしてくれます。

そこで、フェイスヨガの実践方法をご紹介します!

<顔全体の血行不良を解消!「くちゃくちゃ、ぱっ」のポーズ>

フェイスヨガの「くちゃくちゃ、ぱっ」のポーズは、テレビでも観たことがある方も多いかもしれないですね。

フェイスヨガのウォーミングアップとしてよいポーズです。

このポーズは顔全体の血行、リンパの流れを促進、むくみを改善し、肌ツヤを取り戻す効果もあります。

「くちゃくちゃ、ぱっ」のポーズの方法

①目、鼻、口を顔の真ん中に集めて、「シューッ」と音を出しながら鼻と口から一気に10秒くらいを目安に吐き切りましょう

②最後まで息を吐ききったら、顔全体をぱっと大きく広げてリラックスして目と口を開きます

③①と②を2~3回ほど繰り返します

側頭筋を鍛える「こめかみストレッチ」の方法

①身体をまっすぐにして座ります
左手を斜めに45度に伸ばし、親指、人差し指、小指だけ伸ばします。右手は中指をこめかみに、指を瞼の上に添えて斜め上に引き上げましょう。

②こめかみを引き上げたまま、息を吐きながら頭を右に倒します。左手が上がらないように姿勢をキープしましょう
指先まで筋肉が伸びるのを意識し、伸びているのを感じましょう。

③顔を倒している方向の斜め下に向かって舌を出し、お腹の中から思い切り、5回ほど息を吐き出します
舌をしまい姿勢を元に戻します。
※このセットを反対側も同様に行います。

フェイスヨガを実践して、リフトアップ効果をぜひ体感してみてくださいね。



4 顔の筋力を鍛える!表情筋トレーニングのリフトアップ効果


リフトアップに興味はあっても、美顔器や専用の高価な化粧品などにお金をかける余裕がない場合はありますよね。

そこで、簡単にリフトアップできるのが表情筋トレーニングです。

表情筋を鍛えると表情が豊かになり、顔のむくみやリフトアップの効果があります。

そこで、鏡を見ながら簡単にできる表情筋トレーニングの実践方法をご紹介します!

表情筋トレーニングの方法

頬筋を鍛えるトレーニング

頬にある筋肉で、ひらがなの「い」と口を左右に開くときに使われます。
衰えると顔の下全体のたるみの原因になります。

口輪筋を鍛えるトレーニング

口の周囲にある筋肉で、唇を尖らせるときに使われます。
口輪筋が衰えてしまうと口元のたるみやほうれい線の原因になります。
口元をリフトアップするためには特に重要な筋肉です。

口角挙筋を鍛えるトレーニング

口の周りにあり、口角を引き上げるために使う筋肉です。
衰えてしまうと、への字口になってしまい表情が不機嫌そうになってしまい老けて見えてしまう原因になります。

お金をかけなくても、手軽な道具として使えるペットボトルでできる表情筋のトレーニングがあります。

ペットボトルを口にくわえて筋肉を鍛えることで、顔の口輪筋を鍛えることができます。

そこで、ペットボトルを利用した表情筋トレーニングの実践方法を具体的にご紹介します!

ペットボトルで顔のたるみやほうれい線をリフトアップする方法

①500mlの空のペットボトルを用意します

②容器の5分の1程度の水を入れ、フタをします

③ペットボトルの蓋の部分を唇だけでくわえて、そのまま持ち上げます

④ちょっと辛いと感じるまで持ち上げ続け、限界が来たら離します
※3回を1セットとして、毎日起床時と就寝前に1セットずつ行ってみましょう

5分程度でできますので、ペットボトルを用意しておいて時間の空いている時に簡単にできそうですね。


5 顔のたるみをスッキリ!舌回しトレーニングでリフトアップ効果


舌回し体操も、いつでも道具を使わずにできるリフトアップ方法の中のひとつです。

そこで、簡単にできる舌回し体操の実践方法をご紹介します!

舌回しトレーニングの実践方法

①口を閉じ、上下の歯茎と両頬を舌でぐるりと1週回します

②5~10周繰り返します

③①②を逆回転でも行います。
※上記を1セットに、1日に3セットほど行いましょう。

ほうれい線が気になる方は、口の内側からグッと舌に力を入れて押し出すようにぐるっと回してあげると効果が期待できます。


6 手軽に使える美顔器!フェイスローラーのリフトアップ効果


リフトアップをするのに、エステに行かなくて日常的に手軽に簡単に使える器具でフェイスマッサージができたら便利ですよね。

そこで便利なのが、フェイスローラーです!フェイスローラーは通販などで購入でき、比較的お手軽な価格なものからあります。

ネットなど検索して、使いやすそうなフェイスローラーを探してみましょう。

コロコロと表情筋を中心に、フェイスマッサージを行ってみてくださいね。


7 リフトアップに効果のあるスキンケアのポイント


乾燥はお肌にとって大敵、皮膚脂肪内の水分が枯渇することによって肌のバリア機能も低下してしまいます。

お肌が乾燥することで、たるみやしわが目立つようになります。

では、乾燥を予防するために日常のスキンケアを見直してみましょう。

お風呂上りは体温が上昇しているため、お肌が乾燥しやすくなりますので早めに化粧水やフェイスクリームなどを塗りましょう。

紫外線も、お肌に負担がかかりたるみやしわの原因になります。

通勤やお買い物など外出時には、帽子や日傘、サングラスなどをして紫外線対策をしっかりとするようにしましょう。


さて、『リフトアップで顔を10歳若返らせる7つの魔法のテクニック』はいかがでしたか?

たるみやほうれい線の原因を知ることで、日常の生活の中で気をつけることや、エステや美容器具などを使わなくてもできるリフトアップのテクニックがたくさんありましたね。

どれも日常の中で簡単にできるテクニックですので、ひとつでも実践して活用してみてくださいね!

今回ご紹介した内容に関連する記事として

も併せてご覧ください。

まとめ

リフトアップで顔を10歳若返らせる7つの魔法のテクニック

1 リフトアップはまずは日常生活の過ごし方から!顔のたるみを防ぐポイント
2 理想的なフェイスラインを手に入れよう!簡単フェイスマッサージの方法
3 フェイスヨガで若返り!顔の血行促進効果
4 顔の筋力を鍛えて!表情筋トレーニングのリフトアップ効果
5 顔のたるみをスッキリ!舌回しトレーニングでリフトアップ効果
6 手軽に使える美顔器!フェイスローラーのリフトアップ効果
7 リフトアップに効果のあるスキンケアのポイント


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2017 ライフスタイルNext