食べ過ぎた後で吐きたいときに使える5つの吐き方

食べ過ぎた後で吐きたいときに使える5つの吐き方

食べ過ぎた後は、強い吐き気が襲ってくるので、何分も胃の周辺が気持ち悪い状態が続いてかなり辛いですよね。

食べ過ぎによる胃のムカつきは吐くと解消されますが、どうすれば上手く吐くことができるかご存知でしょうか?

上手く吐くためには、道具や食べ物を使うと楽に吐き出すことができるので「食べ過ぎて気分が悪い」と思ったときは、吐き始める前にしっかり準備を行い、体への負担を少しでも減らして体調を回復させましょう。

そこで今回は、食べ過ぎて吐き気があるときに実践したい、上手に吐く方法をお伝えします!


食べ過ぎた後で吐きたいときに使える5つの吐き方


1 刺激を与えて吐き出す方法


好きな食べ物が目の前にあると、自分の限界を超えて食べ過ぎてしまい、「気持ち悪いから吐きたい」と思いますよね。

ただ、吐きたくても簡単に吐けない場合が多いので、楽に出すためにもトイレへ駆け込む前に準備することが大切です。

そこで、身近にある物を使って吐く方法をお伝えします!

刺激を与えて吐く2つの方法

スプーン

食事に使ったスプーンは、吐くためのサポートをしてくれるので、吐き気があるときは有効に活用しましょう。

やり方は簡単で、スプーンを喉の奥まで突っ込んで刺激を与えるだけになり、傷つけない程度に行うと楽に吐けます。

外出先で、吐くためのサポートをしてくれる物がないときは指を使う必要があります。

やり方は、舌を顎に付いてしまうぐらい思い切り出して、無理のない程度に人差し指と中指を奥の方まで突っ込むだけになります。

ただし、指を口に入れる方法は爪で喉を傷つけてしまう恐れがあるので、本当に何も準備できないときにのみ行ってください。

スプーンや緊急時の指の使用はすぐに吐ける方法になるので、食べ過ぎて気持ち悪いときは実践してみましょう!


2 胃を動かして吐くために必要な飲み物


食べ過ぎで吐きたいときは、水分を摂って胃の中を動かしてあげると楽に吐けるので、適切な飲み物を飲むことが大切です。

吐きたいときに飲みたい2つの飲み物

水やお湯

吐き気があっても吐けないときは、水を大量に飲んで胃の中を十分に満たすことが重要で、たくさん飲むほど滑りが良くなって吐きやすくなります。

そして、人によってはお湯の方が吐きやすいので、自分の体質に合った飲み物を飲んでくださいね。

胃に刺激を与える飲み物

食べ過ぎたときは水やお湯だけでも吐けますが、更に簡単に吐くためには胃を刺激できる食塩水がおすすめです。

水500mlに塩を小さじ3杯分混ぜて飲むと、塩分による強い刺激で吐きやすくなるので試してみましょう。

また、炭酸水も胃を刺激して吐きやすくなるので、食塩水と一緒に用意して自分の体質に合う方を選んでください。

食べ過ぎた後になかなか吐けないときは、水や食塩水の準備が大切になるので、吐き気があると飲むのも大変ですが思い切って試してみましょう!


3 吐くときの体の使い方


食べ過ぎて吐きたいときは、腹筋の使い方も重要になるので、吐きやすくするためにもしっかり意識しましょう。

腹筋で吐くために意識したい3つの体の使い方

・胃を上に持ち上げるイメージで腹筋に力を込める
・口が胃よりも下になるぐらい前かがみにする
・腹筋を細かく動かす

腹筋を使って吐くためには、上記の3つを意識して行うことが重要になるので姿勢には気を付けましょう。

そして、腹筋の使い方に加えて水をたくさん飲んだり、スプーンを喉の奥まで突っ込んだりすると更に吐きやすくなるので、サポート道具として事前に用意しておくことが大切です。

嘔吐が楽になるほど体への負担が減っていくので、食べ過ぎて吐き気を感じているときは、楽に吐ける方法を選んでくださいね!



4 どうしても吐けないときの荒療治


色々な方法を試しても吐けないときは、少し荒療治になりますが吐きたくなるような食べ物を食べる必要があります。

吐き気を催すぐらいの食べ物を食べると、ほぼ強制的に吐き出すことができるので「吐きたいのに吐けない」と悩んでいる方は実践してみましょう。

吐き気を出せる3つの食べ物

嫌いな食べ物

自分が嫌いな食べ物は、吐きたくなるぐらいの力を持っているので、強制的に吐きたいときは用意することをおすすめします。

嫌いな食べ物は食べることはもちろん、見たり臭いを嗅いだりするだけでも効果が見込めるので、食べ過ぎて吐きたいときは使用してみてください。

重い食べ物

特に嫌いな食べ物がないときは、カツ丼やカレー、脂っこい物などを食べようとすると、吐き気が込み上げてくるので、胃の刺激になるような食事を作っておきましょう。

お湯にマスタードを入れる

吐きたくなるような食べ物にはマスタードがあり、1カップのお湯に大さじ1杯分を入れて混ぜた物を飲むと効果があります。

あまり美味しくない物は、吐き気を引き出すためには最適のため、マスタードを入れた飲み物が完成したら一気に飲んでしまいましょう。

強制的に吐かせる方法は体への負担が大きい上に、更に吐き気を悪化させてしまうので、本当に何をしても吐けなかったときの最終手段にしてくださいね!


5 吐きたいときに必要なイメージとは?


食べ過ぎて吐きたいときは、上手く吐き出すための方法を行うことが大切ですが、イメージ力も重要になります。

吐くイメージをしっかり持っていると、吐きたいときにすぐに出せるようになるので、なかなか出ないと悩んでいる方は詳しい想像をしてみてください。

特に、吐く場所としてよく使われるトイレでイメージをすると、吐き気をかなり増長させられるので、吐く方法の実践と同時に実際に吐いている自分を想像しましょう。

おすすめのイメージは、以前に吐いた自分の姿を思い浮かべることになるので、自然な吐き気を催すためにもイメージしてみてくださいね!


食べ過ぎで気持ち悪いときに吐く方法をお伝えしましたが、いかがでしたか?

「食べ過ぎたから吐きたい」と思ったときは、なるべく楽に吐ける方法を実践する必要があり、体への負担が大きいと喉や胃にダメージを負ってしまいます。

そして、吐く方法の中で特にメジャーなのが、スプーンや指を喉の奥に突っ込むやり方になりますが、あまりやり過ぎると喉を傷つけてしまうので、無理に行わないことが重要になります。

吐くための方法は水や食塩水を飲んだり、腹筋に力を込めたりなど色々あるので、自分に合ったやり方を行いましょう。

更に、強制的に吐き出す方法として、吐き気を催すぐらいきつい食べ物を食べるやり方がありますが、何をしても吐けなかったときに限って行うことが大切です。

また、吐きたいときは自分が吐いている姿を想像することも重要になるので、イメージ力も駆使して上手く吐いてくださいね!

まとめ

食べ過ぎた後で吐きたいときに使える5つの吐き方

1 吐きたいときはスプーンや指を無理のない程度に使う
2 水や食塩水などで胃に刺激を与えると吐きやすくなる
3 前かがみになって腹筋に力を入れると吐くのが楽になる
4 どうしても吐けないときは吐き気を催すぐらいきつい食べ物を食べる
5 吐いている姿をイメージすると吐き気が出やすくなる


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2018 ライフスタイルNext