冷え性貧血に効く当帰芍薬散7つの効用効果

冷え性貧血に効く当帰芍薬散7つの効用効果

昔から冷えは万病の元と言われ、体が冷えると免疫力も落ち、風邪をひきやすくなったり、様々な体調不良をきたします。

特に女性にとって冷えは大敵!こうした女性特有の症状によく効くのが当帰芍薬散という漢方薬です。

そこで体に慢性的な冷え、むくみなどの女性特有の症状によく効く、当帰芍薬散の効果効用と服用の際の注意点をご紹介します。


冷え性貧血に効く当帰芍薬散7つの効用効果


1 頑固な冷え症を改善!


女性は特に手足が冷える末端冷え性に悩む人も少なくないはず。

いくら厚着をして温めても、一度冷えてしまうとなかなか体を自力で温めるのは難しいですよね。

当帰芍薬散は、こうした手足が冷える末端冷え性や、筋力が少なく足腰が冷えやすい人に効果を発揮します。

そこで当帰芍薬散で改善できる冷え症状をご紹介します。

当帰芍薬散で改善できる冷え症状

・血色不良
・末端冷え
・血行障害
・肩こり
・貧血症状

体の血行促進をはかり温め、慢性的な冷えや、冷え性からくる様々な体の不調を改善していきます。

慢性的な冷え性を感じている人は、ぜひ試してみましょう!


2 女性特有の症状・病気を予防!


月経周期がバラバラで定まらなかったり、重い生理痛やPMS症状は、毎月起こる辛い症状ですよね。

当帰芍薬散は女性の聖薬とも呼ばれ、女性ホルモンへの作用や、血流改善をはかることで、月経周期を整え、生理痛を緩和し、月経前症候群(PMS)を改善します。

当帰芍薬散で改善できる月経異常

・月経周期の異常
月経周期が24日以内の頻発月経、そして月経周期が39日以上になる稀発月経を改善します。

・経血量の異常
経血量が多い「過多月経」や、量が極端に少ない「過少月経」に効果があります。

・月経に伴うあらゆる不快症状
月経が始まる前に起きる症状である「月経前症候群(PMS)」や、重い生理痛などの「月経困難症」に効果があります。

・無排卵月経
排卵が確認できない月経異常を改善します。

当帰芍薬散は、血液・水分循環が悪いことがPMS症状が起きる原因と考えられる場合や、貧血や虚弱気味で体力の無いタイプの人に向いているお薬です。


3 むくみ体質から抜け出す方法!


体で一番むくみが生じやすいのが脚です。

足は、心臓から遠い位置にあり、血液やリンパの流れが悪いことと、重力によって下へ水分が溜まりやすいためにおこります。

むくみはそのまま放置しておくと、むくみ太りの原因にもなってしまいます。

特に、脚の筋力が少ない人は、心臓へ戻すポンプの働きが弱く、脚から心臓へ余分な水分や血液を戻す機能が弱いため、むくみが生じやすくなります。

むくみの主な原因

・長時間の立ち仕事や座り仕事
・お酒や塩分の摂取過多
・水分の摂取不足
・ヘビースモーカー
・寝不足
・運動不足
・生理中や妊娠中
・腎臓の働き低下
・高血圧
・糖尿病

また、水分は摂っているのに、トイレの回数が少ないって人や、夕方になると足がパンパンになる人は、水分代謝が悪いために、水分が停滞してしまいむくみが起こっている可能性があります。

当帰芍薬散の成分に含まれる茯苓(ぶくりゅう)・蒼朮(そうじゅつ)には、必要な水分を体に巡らせ、余分な水分は尿や汗として排泄する作用があります。

全身の水分代謝を良くし、むくみを改善していきましょう!


4 必見!妊娠しやすい体づくり!


普段から体が疲れやすく、虚弱体質が原因でなかなか妊娠に繋がらないと悩んでいる方は必見です!

体か冷えていると、血行が悪くなり、卵胞刺激ホルモンが分泌されにくく、正常な卵子が育たなかったり、排卵障害を起こし、結果不妊症を招きます。

そこで、不妊症を予防する当帰芍薬散の効果についてご紹介します。

不妊症を予防する当帰芍薬散の効果

・血液循環をよくすることで、子宮や卵巣に必要な栄養素を送り、有害な物質を排除します。
・冷えをとり、ホルモンバランスを整えます。
・排卵を促進

妊娠しやすい体質へ変えていきます!当帰芍薬散で赤ちゃんを授かる準備をしていきましょう。


5 副作用を少なく!更年期障害を治す!


更年期障害とは、年齢とともに女性ホルモンが減少していくことによって起こる、不快な症状のことを言います。

更年期障害の治療は通常長期に渡ることが多いため、副作用の少ない漢方による治療はもっとも適しています。

ホルモン補充療法では、体への副作用も多く、また精神安定剤には、強い眠気が起こり、日常生活に支障をきたすことがあります。

そこで当帰芍薬散で改善できる更年期症状をご紹介します。

当帰芍薬散で改善できる更年期症状

・更年期障害によるイライラ
・疲労感
・貧血
・冷え
・頭痛、頭重
・めまい


6 シミやくすみ知らずの美肌キープ!


今までと同じようにお肌のお手入れをしてきたのに、年齢とともに肌のシミやくすみが気になってきたという経験はありませんか?

肌のシミやくすみはどうしてできるのでしょうか。

そこで、肌のシミやくすみの原因についてご紹介します。

肌のシミやくすみの原因

・紫外線
・加齢
・女性ホルモンの分泌異常
・睡眠不足
・ストレス
・自律神経の乱れ
・ニキビや傷の炎症痕

当帰芍薬散には血流を改善、シミやくすみの改善の他にも、女性ホルモンのバランスや自律神経の乱れを整える効果もあります。

肌活性化のためにも、ぜひ当帰芍薬散を活用してみてくださいね。


7 寒さにもう負けない!しもやけを予防改善!


当帰芍薬散は、体の内側からポカポカと温め、血行が良くなることにより、足先や手先の毛細血管まで血流が行き渡るようになりため、しもやけの改善・予防に効果があります。

ただ、根本的な血行不良の原因を取り除かない限り、当帰芍薬散の服用をやめれば、また冷えにしもやけに悩まされることになってしまいます。

そこで血行不良を起こす原因を知って、この機会に改善するようにしましょう!

血行不良を起こす原因

・温度差
1日の気温差が10℃以上ある場合や、暖かい室内と、外気との温度差が大きいときに血管が収縮すし、血流が悪くなったり滞ってしまいます。

・窮屈な服装
補正下着やストッキング、スキニーデニムなど体にピタッとフィットするものは、血行の妨げになります。

・濡れたままでいること。
雨や雪に足先が濡れてしまい、そのまま濡れた靴下や靴を履き続けていると、体の熱を奪い、体が冷えてしまうことにより血行不良が生じます。

・筋力低下
筋肉は熱を発します。また、血液を心臓へ戻し循環する役割を担っています。
筋肉が少ないと血液循環が悪くなります。


さて、『冷え性貧血に効く当帰芍薬散7つの効用効果』はいかがでしたでしょうか?

当帰芍薬散は、女性特有の多くの症状の改善に期待でき、様々な病の治療に用いられています。

冷え症やむくみなどの症状は、病気ではないとつい我慢してしまいがちですが、体からの重要なサインだと考え、血行不順や、冷えが大病に繋がってしまう前に、当帰芍薬散で体質からしっかり改善していきましょう。

また漢方は、誰にでも効果があるわけではなく、その人の体質や体格などに合わせて服用しなければ効果が期待できません。

調剤薬局や漢方外来などを受診して、自分に合った漢方を選ぶようにしましょう!

今回ご紹介した内容に関連する記事として

も併せてご覧ください。

まとめ

冷え性貧血に効く当帰芍薬散7つの効用効果

1 頑固な冷え症を改善!
2 女性特有の症状・病気を予防!
3 むくみ体質から抜け出す方法!
4 必見!妊娠しやすい体づくり!
5 副作用少なく!更年期障害を治す!
6 シミやくすみ知らずの美肌キープ!
7 寒さにもう負けない!しもやけを予防改善!


今、あなたにオススメ

にほんブログ村 美容ブログ 30代女磨きへ

免責事項

copyright 2016 ライフスタイルNext